るりるり

学園の七不思議のひとつ「トイレの花子さん」は男の子だった。

学園の生徒である寧々は呪いのせいで花子さんの言うことを聞くことに・・・・・

「地縛少年花子くん」のアニメ第2弾のあらすじと感想をお届けします。

怪異のひとつトイレの花子さんは寧々が受けた呪いから寧々を救ってくれた。

ただ怖いだけでなく優しい一面を持つ幽霊の男の子。

 

物語りの中でどんな怖い話が出てくるかも楽しみですが、花子さんと寧々との関係性がどう進展するかもドキドキワクワクしますね。

 

この記事では「地縛少年花子くん|アニメ2話の感想とネタバレ!花子さんの敵現る」と題して「地縛少年花子くん」のアニメ第2話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

地縛少年花子くん|アニメ2話のあらすじネタバレ

第2話「ようせいさん」のあらすじ

人間の助手が欲しかった花子さん。

寧々は言いつけでトイレ掃除をしていた。

寧々はいい加減トイレ掃除をやめさせてほしいと花子さんに話してみるが却下される。

 

クラスで一番かっこいいフジくんにデートに誘われて忙しいからと寧々。

デートって何するの?と聞く花子さんにどんよりした表情で寧々は答える。

「デートって空き教室で生徒会の資料をまとめるのよ」と。

 

フジくんは誘うくせにすぐいなくなっちゃうの。

照れ屋よねえ。

そんな寧々をからかう花子さんに今は都合のいい女でいいと答える。

 

そんなやつより俺にしろという花子さん。

花子さんとトイレ掃除するくらいなら一人で書類整理のほうがいいと言われてショックを受ける花子さんだった。

教室での怪異

授業中「今日のトイレ掃除に行きたくないなあ」とつぶやく寧々。

先生にあてられ教科書を読むように言われたが寧々の机の上の教科書はすべて消えていた。

 

クラスメイトのあおいは、それをようせいのせいだという。

いつも使っているものがなくなったり、必要としているときだけ物がなくなったりするのはようせいのせいで、その姿を見ようとしてはいけない。

姿を見てしまうと命までとられてしまうといううわさが流れているらしかった。

 

クラスの中でもあちこちで物が紛失する現象が・・・・・。

そのとき、突然あおいの持っていたじょうろが宙を舞って寧々が水で濡れてしまった。

見ずに濡れたほほの一部がウロコに変わり始めて、寧々はあわててその場を立ち去った。

新たな妖怪

いきおいあまって旧校舎まできた寧々。

そして色々なものが落ちているのに気づく。

それは今までクラスで紛失していたものばかり。

 

紛失物の先にいたものは妖怪だった。

妖怪には目玉がたくさんあり、寧々を襲ってきた。

それを助けてくれたのは花子さん。

 

花子さんの攻撃の後、ようせいさんは小さいかわいい姿になった。

ようせいさんは攻撃するときだけ集まって巨大化するのだ。

花子さんのお願い

怪異というのは普通、人のうわさ通りの行動をしなくてはならないものだそうで、恐ろし気にうわさされた怪異は自分たちの意思に関係なく人を怖がらせる妖怪になってしまうのだという。

花子さんはこのようせいさんのうわさの伝え方を変えてほしいと寧々に頼んだ。

 

花子さんは学園に伝わる七不思議の一つ。

だからこそ学園に存在する怪異をすべて監督し人と怪異の関係を正しく保つ義務があるとのこと。

そのため、殺しをするような怪異はここに置いておけないから排除するしかない。

 

そこで人間の寧々がうわさを変えてくれればこいつらを助けてあげられる。

 

小さいかわいいようせいさん(もっけ)たちはみんな寧々にお願いしてくる。

ただ、寧々は怖い思いをしたのだから無理にとは言わないという花子さんに「うわさを変える」と寧々は答える。

 

寧々は花子さんにこの前も今回も助けてくれてありがとうとお礼を言う。

花子さんは友達と話すような時間が楽しいという。

そこで寧々は花子さんを「花子くん」と呼ぶ。

その方が友達みたいだから。

 

学園内では物を失くしてしまう友達が。

今までと同じように、ようせいさんを見てしまうと殺されるといううわさを流す友達のそばに近づいた寧々は、うわさの内容を付け加える。

 

飴をもっていると殺されなくて済むし、失くし物も止まると。

それから飴玉をもってくるようになったもっけ。

花子くん狙われる

もっけを捕まえて花子を知らないかと問いただす少年が登場。

寧々と花子くんが会話中にその少年源光(みなもとこう)は現れた。

 

昔はもっと妖怪の力が強くてそれをお祓いしていたのが源家だった。

光はその子孫であるというのだ。

光は花子さんを祓うつもりだった。

花子をかばう寧々に花子の過去を暴露する光。

 

花子は人を殺したことがあり、その罪を帳消しにするために神様と約束したという。

花子くんをかばう寧々に花子は自虐的に「人殺しでも仲良くできるんだ」と笑う。

 

だまりこくる寧々だった。

そして自分は花子くんのことを何も知らないんだと気づかされたのだ。

Sponsored Links

地縛少年花子くん|アニメ2話の感想

呪いをかけようとした妖怪には容赦なかった花子くんが今回はもっけという妖怪を助けるために寧々にお願いをしました。

寧々の力を借りながら妖怪を助ける一面を見せる花子くん。

 

今回のポイントは花子くんをお祓いしようとする敵が現れたこと。

そしてそれに伴い、花子くんの知られざる過去が少しずつ明るみに出始めたということ。

 

寧々の揺れ動く感情で花子くんに近づきつつあるけど、まだまだなぞだらけの花子くん。

今後どんな関係性を築いていくのかが楽しみです。

まとめ

今回は「地縛少年花子くん|アニメ2話の感想とネタバレ!花子さんの敵現る」と題して「地縛少年花子くん」のアニメ第2話の感想とネタバレについてお届けしました。

 

ちょっとだけ寧々と花子くんの間が縮まった気がしたのに、まだまだ謎だらけで、本心から心を許していないようすの花子くん。

 

寧々を助けてくれたり、寧々にちょっかいを出したりするのに、寧々が花子くんに近づくと花子くんはつきはなそうとする。

 

そんなあまのじゃくな花子くんの今後の態度も、新しく登場した源光も、怪異も楽しみですね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links