3丁目の仲間たちには犬やネコがたくさんいるけど、その中でノラだけは飼い猫ではない。

そんなノラにも以前、ノラを可愛がってくれた女性の存在があった。

その女性との想い出は楽しいものばかりではなく、悲しく切ないもの。

 

この記事では「うちタマ?!|アニメ8話の感想とネタバレ!ノラの切ない想い出」と題して「うちタマ?!」のアニメ第8話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ8話のあらすじネタバレ

第8話「まつりばやし」のあらすじ

ノラは一人でたたずんでいた。

祭りばやしが嫌いだというノラ。

祭りと3丁目の仲間

お祭りで浮かれている仲間たち。

ノラを探したけど見当たらない。

先に行っていようと話してみんなは祭りに向かう。

ノラの想い出

ノラにはほんのしばらくの間一緒に暮らしていた人がいた。

食べ物も手に入らずその日ぐらしだったノラ。

やっと手に入れた食べ物を別の野良猫に奪われてしまった。

 

空腹で倒れそうになって公園にたどりついたノラ。

そのまま意識を失っていたら、水をのませてくれた女性がいた。

 

かき氷を食べさせてくれた女性がノラに向かってうちの子だからもうノラじゃないね。と話しかける。

 

かんけりをして缶を拾いに行ったコマがノラをみかける。

 

ノラを拾った女性はノラに向かって「タビ、タビ」と声をかける。

しかし寄ってこないノラに今度は「ノラ、ノラ」と声をかける。

そこでやっと姿を現すノラだった。

 

ノラは女性との暮らしを楽しんでいた。

 

ところが女性は病気がちで寝たきりになってしまった。

 

そこへコマがやってきてノラに声をかけた。

3丁目の仲間のもとへ合流したノラは病気がちな女性との最後のひとときを思い出していた。

最後に冷たくなってしまった女性のことを思い出していた。

捨て猫

公園のすみに段ボールの中で震えている子ネコがいた。

仲間たちが子猫を救おうと動き出した。

ノラは自分が身をもって子猫を温め始めた。

「死んじゃだめだ!生きろ!」

と子猫に声をかけるノラ。

 

タケシ君を探したタマは捨て猫のところにタケシ君たちを連れていった。

 

自分の無力さを感じるノラにコマがついていく。

一人でどこかに行こうとするノラをコマが引き留める。

その手は暖かった。

ノラの笑顔

子ネコは助かったとタマが教えてくれた。

タマは耳をすませてほしいという。

 

そこに風鈴の音。

 

夏が終わってしまうとどうなるの?と尋ねるタマ。

新しい季節が来るんだよ!とクロが言う。

 

楽しみだねと嬉しそうに話すコマにノラは笑顔で「そうだな」と答えるのだった。

 

みんなと別れてノラは自分のことをノラと名付けてくれた女性に想いを馳せて一人泣くのだった。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ8話の感想


いつも3丁目の仲間から一歩離れたところにいたクールなノラの悲しくも切ない過去が明らかになった。

ノラは悲しい思い出を思い出したくなくて夏のお祭りの様々な音を避けていた。

 

でも仲間のおかげで思い出が悲しいだけでなく新しい季節を迎える楽しみを見つけることができた。

過去は悲しいこともあったけど、今は3丁目の明るい仲間たちと一緒で良かったと思う。

まとめ

今回は「うちタマ?!|アニメ8話の感想とネタバレ!ノラの切ない想い出」と題して「うちタマ?!」のアニメ第8話の感想とネタバレについてお届けしました。

いつも3丁目の仲間となんとなく距離をおいているノラの悲しくも切ない過去について触れたお話しでした。

 

でも悲し気なノラの顔が最後には笑顔になったのでとてもよかった

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links