るりるり

3丁目の仲間たちと日々の楽しいことや悩みなどを共有しながらハチャメチャな毎日を送るネコのタマ。

今日も事件が起こる予感・・・・・。

「うちタマ?!」アニメの第7話のあらすじと感想をお届けします。

タマは好奇心旺盛なネコで、岡本家で飼われています。

飼い主のたけしくんが大好き。

そして好奇心旺盛が過ぎてしょっちゅう迷子になってしまうことも・・・・・。

 

 

この記事では「うちタマ?!|アニメ7話の感想とネタバレ!モモと飼い猫の幸せ!」と題して「うちタマ?!」のアニメ第7話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ7話のあらすじネタバレ

ねずみのおもちゃを追いかけていていきなり網ですくいあげられたタマ。

第7話「タマ誘拐される」のあらすじ

公園にポチが知らせに行くと、仲間たちみんながいっせいに動き出す。

ネコを連れて行く人がいるとみんな心配顔になる。

 

台の上に置かれたタマは、迫り来る男の人に怯えていた。

 

・・・・・と、チクンと注射をされて「はい、おしまい」

と声をかけられる。

そのそばでいつもワクチン注射に連れてくるのが大変だとボヤくたけしくん。

 

窓からのぞいていたみんな。

そういえばこのくだり、前にもやったな・・・・・とクロがつぶやいてみんな解散。

第7話「おったま毛」のあらすじ

公園で遊んでいた3丁目の仲間たち。

コマと遊んでいたモモの洋服のボタンがはじけとんだ。

 

???顔のみんなにモモは「冬毛のせいだからねっ」と慌てて走り去っていった。

冬毛とは?

冬毛について知らない仲間のためにゴンが説明する。

冬の寒さに備えて毛が伸びてきて春になり暖かくなると抜けるというのだ。

 

抜けた毛についてブラッシングが気持ちいいというポチ。

魔法の手袋でなでてもらうと毛が丸まってとれるというタマ。

抜けた毛を頭に乗せてもらったらリーゼントになるとトラ。

抜けた毛を丸めて帽子にしてもらうというべー。

 

ブルはどうなのかな?

という疑問にゴンは答える。

毛が硬くて短いから丸めるのは無理だけど飼い主が洋服を用意しているから大丈夫と。

 

コマは銭湯で洗ってもらうから冬毛に気付かなくてつまんないという。

ノラは?と尋ねると自分でなめると答えるノラ。

みんな口をそろえて「大人~」と感心する。

 

そこでモモの話に戻る。

きっと冬毛をブラッシングしてもらえばモモちゃんも明日はほっそりだね。

モモの事情

喫茶店チューリップではモモにエサやお菓子を次々与えてくれる。

嬉しそうに食べながら、ハッとするモモ。

 

またやってしまったとため息をつきながらはじけとんだボタンをつかみ。

「これは冬毛のせいだからね」

と自分に言い聞かせるように叫ぶのだった。

第7話「猫カフェ・ヴァイオレット」のあらすじ

平和な公園での仲間たち。

そこへゆううつそうにため息をつきながらモモがやってくる。

 

また食べ過ぎだろうとからかうトラに違うと反論するモモ。

モモの悩み

喫茶チューリップが暇すぎて困っているという。

それはもしかしたら隣町にできた猫カフェのせいかもとゴンが話す。

 

たくさんのネコと触れ合える喫茶店なのだそうだ。

3丁目の仲間たちは興味津々。

モモも自分よりすごいネコがいるのかどうか気になって見にいくことに。

隣町の猫カフェ

隣町なんてノラしかわからないと道案内をお願いしたみんなにブツブツいいながら先頭を歩くノラ。

そこへ目の前で怪しげな行動をしているブルが出現。

 

みんなに見つかって慌てたブルの口からは猫カフェという言葉が。

モモに怖い顔で問いつめられてうれしいような怖いようなブル。

 

そのときに入った店が猫カフェだった。

猫カフェバイオレット

そこにいたのはカイというネコ。

ブルはカイの言葉にメロメロ状態。

 

3丁目の仲間もカイの出現にワクワクしていた。

モモだけが対抗心むき出し状態。

 

カイはせっかくだから僕たちのショーを見て行ってと店の中に招き入れる。

 

ネコたちがサーカスやダンスなど色々なショーを見せてくれ3丁目のみんなは大喜び。

しかしモモはだまされないとくってかかる。

モモの決意

私は戦うわと意気込むモモ。

3丁目の仲間は応援しつつも、猫カフェのマネをしてそれぞれに楽しんでいる。

 

仲間たちのうれしそうな様子にモモが反論すると

「モモちゃんはカイのことがきらいなの?」

と聞いてきた。

 

みんなはカイをすごくいい子だったよねとほめる。

カイの信念

チューリップに戻ってきて一人落ち込むモモはカイのところに乗り込んでいく。

カイのいる店にいくとカイはひとりだった。

ちょうど店の休憩中だという。

 

ショーの練習をしたり、毎晩できなかったところをできるようにみんなと取り組んでいるというカイ。

それは自分のエゴのためでしょというモモにカイはスター猫としての責任があるという。

 

お客さんの喜ぶ顔を見れば疲れもふきとぶし、それが何よりの喜びだという。

そしてモモにも君はどう?と尋ねてきた。

 

自分だってお客さんに喜んでもらえればうれしいというモモに。

僕と君は似ているとうれしそうなカイ。

君と踊りたいと手をとってモモにつきとばされる。

 

モモは真っ赤になりながら「あなたなんて大キライ!」とその場から逃げ出した。

カイの卒業

3丁目の仲間がカイを取り囲んで「卒業ってどういうこと?」とカイに尋ねる。

せっかく仲良くなれたのにと残念そうな仲間たち。

 

猫カフェは飼い主のいない猫ばかりで、お客さんに気に入られると引き取られていくという。

カイも飼い主が決まったのだという。

 

みんなから卒業おめでとうの言葉をもらってうれしそうなカイ。

ブルが泣きながらカイにだきつくのだった。

 

モモはその言葉を見せの外で聞きながら

「屋根のあるところで暮らせるのが幸せ」

というカイの言葉に落ち込んでいた。

 

そこへ通りかかったノラとゴンとクロ。

おれたち平和すぎてたいくつだなんてぼけていたなと反省する。

モモの涙

そのとき車で連れていかれるカイ。

モモは後を追いながらまださよならを言っていないと涙を流す。

 

日にち変わって公園で仲間たちを特訓しているモモ。

 

空に浮かんだカイに似ている雲を見上げて

「いじわるしてごめんね。幸せになってね」

とつぶやくモモだった。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ7話の感想

モモの気の強さと、あまりに性格のいいカイ。

猫には猫の色々な事情や環境があるということがわかって深かった。

 

毎日を平和に過ごす飼い猫と、飼い主のいない毎日がいきることで必死の猫たち。

とても考えさせられる内容だったなとおもう。

まとめ

今回は「うちタマ?!|アニメ7話の感想とネタバレ!モモと飼い猫の幸せ!」と題して「うちタマ?!」のアニメ第7話の感想とネタバレについてお届けしました。

 

第7話ではタマのワクチン注射とモモちゃんについてのお話しがメインでした。

猫や犬の冬毛のしくみがわかったり、それぞれの冬毛の楽しみ方が笑えた。

 

それとモモちゃんがアイドル猫としてプライドが高かったこと、今の生活が幸せなんだと感じたことはとても深く心に染みるお話しだった。

個人的にはカイは3丁目に引っ越ししてみんなの仲間になれればいいのにな・・・・・と思った。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links