るりるり

ねこのタマと3丁目の仲間たちのくりひろげるアットホームな物語。

「うちタマ?!」アニメの第4話のあらすじと感想をお届けします。

元気で好奇心旺盛なタマには何の悩みもなさそうだけど、それでも一人前に悩むこともあるんです。

そんなタマがメインのお話しもあります。

 

この記事では「うちタマ?!|アニメ4話の感想とネタバレ!タマはかわいいのが仕事」と題して「うちタマ?!」のアニメ第4話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ4話のあらすじネタバレ


タマと仲間たちは今日も元気です。

第4話「タマのお仕事」のあらすじ

岡本家ではたけしくんが朝の登校時にバタバタしていた。

たけしくんは学校に行く前にタマに声をかける

「タマはいいなあ。一日中なんにもしないで寝てられて」

 

何にもしないって言われてちょっとムッとくるタマ。

タマの外出とリサーチ

タマは家から出てみる。

隣の家に行くとポチはお留守番だから今日は遊べないという。

 

モモちゃんは看板猫だから喫茶店には必要。

喫茶チューリップのアイドル猫という役割がある。

 

べーは飼い主の川原さんと新聞配り(新聞をくわえてちょこんと横にいるだけ)

トラは大工の木曽さんの横で木材を運んでいた(実際には遊んでいるだけ)

コマは銭湯の飼い猫なのでお客さんに飲み物のあるところを教えていた。(コーヒー牛乳を取り出したお客さんになでられていただけ)

 

しかしタマにはみんなが働いているようにしか見えない。

道の途中ですれ違ったクロも働いていた。

ゴンのお仕事

インテリアショップのゴンのところにくると

ゴンからどうしたのか?と聞かれる。

しばらくゴンのそばで様子を見続けるタマ。

 

ゴンと一緒にタマにも関心を持つ通りすがりの人々。

ゴンやタマの頭をなでては通りすぎていく。

 

ゴンは現代人は忙しいものだとつぶやく

ゴンは仕事しないの?とたずねるタマ。

 

ゴンはめっちゃ仕事してるやんと答える。

みんなから頭をなでられていること。

かわいいのがお仕事なんだと自信満々に口にする。

 

これは生半可な気持ちではできないことだと続ける

自分もなでてもらったよというタマにゴンはタマの頭をなでて

「せやな、ようけ働いたな、ご苦労さん」

と声をかけた。

たけしくんとタマ

家に戻ったタマ。

学校から帰ったたけしくんはタマに今日は何をしたのかと声をかけてきた。

 

タマの傍に座って頭をなでなでしてくれた。

「タマは今日もかわいいなあ」

たけしくんの言葉に喜ぶタマだった。

第4話「吾輩はゴンである」のあらすじ

ゴンが劇場の舞台にいるような設定で幕があがる。

ゴンの自己紹介からスタートする。

 

生まれは大阪の下町、新世界の串カツ屋の前でワンワン鳴いていたらしい。

なんやかんやあってやってきたのが3丁目のここ、インテリア野田。

ここにゴンの名前の由来があるという。

家具屋といえばタンスタンスといえばゴン

 

次にゴンは3丁目の仲間の紹介を始める。

 

最初は倉持さんのブル。

かわいいキャラのついた服を着ていてそれを見ると大阪のおばちゃんを思い出して懐かしくなるという。

ゴンを見て色々言い訳を並べ一人でパニックになってブルは立ち去っていった。

それを見ていたゴンはブルのようなガラスのハートではこの先3丁目でやっていけるのかと心配する。

 

次に現れたのがポチとべー。

のんびりした口調でふたりで話している。

ポチには利き酒ならぬ利き豆腐という特技があって、木綿と絹ごしを見分けられるというのだ。

豆腐と対話して声を聴くのだという。

無駄にスピリチュアルなポチと、質問しているのに目の前のちょうちょに気をとられて上の空のべーに、

ダブルボケコンビ、おそるべし!

とゴンは思ったのだった。

 

次はクールなノラと江戸っ子ガキ大将のトラがやってきた。

今日こそ決着をつけてやると意気込むトラに断ると静かに答えるノラ。

ふたりは勝負を始めた。

あっちむいてホイを2度やって2度負けたトラ。

どうしておれは突起物のにおいをかいでしまうんだあと叫ぶトラだが、それは猫の習性だから仕方ないだろうとゴンが心でつっこむ。

毎度相手をしてあげるノラは面倒見がいいと思う。

 

3丁目はキャラの濃いやつがぎょうさんいるから、座っているだけなのに退屈している暇がない。

平和に見える3丁目も自分にとっては毎日が新喜劇だというゴン。

幕が降りる。

第4話「犬のおまわりさん」のあらすじ~part1

3丁目の派出所に勤めている設定。

そこのおまわりさんがクロ。

鑑識係のゴンがこれはねこのしわざだという。

 

コマに聞き取り。

モモちゃんの家に行く途中だったけど到着したときに「タマ~」って声が聞こえたと証言。

クロはコマに心配するなと言い聞かせた。

 

タマの家の前をウロウロしているクロにポチが声をかけてきてタマは今迷子だよと教えてくれた。

まさかタマがお腹をすかせて犯行に及んだのでは?と妄想するクロ。

 

犯人は現場に戻るからもしタマだったら自首させようと走るクロ。

そのとき「こらっタマ!」と叱る声。

叱られていたのは3丁目のイソノさん家のタマだった。

 

そこへ岡本タマ現れる。

犬のおまわりさんのクロに迷子になったと話す。

自分の家をたずねるタマにクロはごめん、疑ってと抱きついて泣き出した。

第4話「犬のおまわりさん」のあらすじ~part2

地面で寝そべっているべーの平和そうな顔を見てパトロール中のクロは今日も3丁目に異常なしと笑顔になる。

 

公園にいたノラに最近調子はどうか?と尋ねる。

色々な質問をしてお前のことが心配なんだというクロに対してノラはおれよりトラを心配してやれという。

あいつ様子がへんだぞと。

 

トラは道端で毛玉を吐いた。

トラは心配するクロにほうっておいてと逃げ出した。

鑑識をしているゴンが毛玉をひろって、何かあったら連絡すると去っていった。

 

そのときブルがあらわれて3丁目にそうとうなネコずきが越してきたらしいとクロに教える。

何だかヤバイにおいがするぜ。

その後淡々と語るブルだったが、クロはすでにその場にいなかった。

 

クロはブルに教えてもらった家に出向く。

そのときトラの姿をみかけた。

後を追おうとしたクロにゴンから連絡が。

トラの吐き出した毛玉からまたたびの成分が検出されたという。

 

一人の老人。

近寄ってきたトラにまたたびをあげる。

そこを出てきたトラにクロが声をかける。

 

ちょっとまたたびをもらってただけだというトラ。

別に違法じゃないからいいだろというトラをなぐったクロ。

そしてまたたびの常用の危険性を教えた。

 

何も考えずに毎日またたびをやろうとする人間は本当にネコが好きなんじゃない。

目先の快楽にとびついて、本当にお前のことを好きな人を悲しませるんじゃない!目を覚ませ!!!と声を張り上げた。

 

泣き出したトラ。

ごめん・・・・・と。

帰ろうトラ、とめさんが待ってるぞとクロがいう。

Sponsored Links

うちタマ?!|アニメ4話の感想


タマは何にも仕事をしてないって気にしてたんですね。

ねこちゃんはそこにいてかわいいだけで癒されるし、ほっこりした気持ちを与えてくれるだけで十分なお仕事をしてると思うよ!

 

ゴンの関西弁の理由がよくわかったし、ゴンは毎日を楽しんでいるんだなあと思った。

 

クロは本当に熱い性格で犬のおまわりさんがぴったり。

タマを疑った自分を責めたり、トラのことを想って叱りつけたり、本当に仲間思いなんだね。

 

それとノラはいつも関係ないって顔してるのに、3丁目の仲間のことをちょこちょこ気にしてあげていて優しいし、面倒見がいいんだと思う。

 

あと、いつも何となくすべってばかりのブルもかわいいと思う。

今回も楽しいタマと3丁目の仲間たちだった。

まとめ

今回は「うちタマ?!|アニメ4話の感想とネタバレ!タマはかわいいのが仕事」と題して「うちタマ?!」のアニメ第4話の感想とネタバレについてお届けしました。

 

3丁目の仲間たちは、それぞれにキャラがしっかりしていて、個性が強い。

だからこそ、みんながお互いをフォローしたり、認めたりできるのだということでしょうね。

 

擬人化した姿だと感情がよくわかって面白いけど、そのまんまねこや犬の姿もとってもかわいいからもっと見たいと思う管理人でした。

 

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ