るりるり

父親の無実を証明するために過去へとタイムトリップして事件を調べる主人公田村心。

犯人がわかったというのに、共犯者がいたことが判明。

まだまだ危機の真っただ中。

「テセウスの船」ドラマの第9話のあらすじと感想をお届けします。

二度の過去へのタイムトリップで事件の詳細が少しずつ明かされていく。

しかし今だ、父親が罪に問われる現状を改善できていない。

 

心は犯人と共犯者の陰謀を食い止めることはできるのか???

 

この記事では「テセウスの船|ドラマ9話の感想とネタバレ!佐野文吾を陥れる陰謀」と題して「テセウスの船」のドラマ第9話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

テセウスの船|ドラマ9話のあらすじネタバレ

第8話では犯人のひとりである少年加藤みきおの真のターゲットが判明した。

第9話のあらすじ

心が現場にかけつけたときには車の後部座席で加藤みきおが気絶していた。

佐野を追って警察がかけつけたのだ。

 

佐野文吾と連絡が取れなくなったと知って、佐野を犯人として扱いだす警察。

佐野文吾は加藤みきおを襲った犯人として疑われてしまった。

 

心はいなくなった文吾を探し続けたが見つからない。

家に帰ってみても佐野は帰宅していなかった。

そのとき県警から警察が殺人容疑で佐野文吾を捕まえに訪れていた。

 

和子は令状がないことを指摘するが無視して家宅捜索を始めた。

 

佐野が加藤みきおを犯人扱いしていたことを言って完全に犯人扱いする警察だった。

 

家じゅうを荒らした後に、警察は出ていった。

鈴と慎吾がお父さんは何かしたのかと尋ねるが心も和子も違うと否定する。

 

まだ何かを聞こうとする鈴に遅いからもう寝なさいと強く言ってしまう和子。

絡まれる和子

翌日家の前でからまれている和子。

たくさんの報道陣が和子を囲んでいた。

心がその中に入って和子を助け出す。

 

その頃佐野文吾は目かくしをされていてどこかで監禁されていた。

その時ニュースの報道が始まり、自分が加藤みきおをどうにかした犯人として追われている事実を知る。

 

鈴が父親を疑い始めていた。

人殺しのお父さんなんて帰ってこないほうがいいと言い捨てる鈴。

 

心は感情が爆発して外に出た。

心は佐野文吾をかばった発言を続ける。

その声を佐野も聞いていた。

 

心は家族の心を傷つけてもいいのか?と訴えかけるが、家族でもないあなたが何も言う権利はないだろうと逆に責められる。

 

この度は主人がお騒がせして申し訳ありませんと頭を下げる和子。

 

攻め立てる報道陣。

でも主人は正しいと思わないことは絶対にしません。

と佐野をかばって真剣に訴えるのだった。

 

私たち家族は主人のことを信じています。

と顔をあげてはっきりと言い切った。

 

心は和子の態度をじっと見守る。

 

家族が信用しないで誰が信用するんですか?と和子は反論する。

それを聞いている鈴も慎吾もだまっていた。

 

それでも黙らない報道陣にとうとう切れてしまう和子。

うっさーい!!!

証拠のひとつでも見つけてから顔洗って出直してこいと叫んだ。

 

報道の様子を目かくしされたままで聞いて、いいぞと喜ぶ佐野だったが、またスタンガンで気絶させられた。

 

家の中に入った和子にポツリと言う鈴。

お父さんに謝らなくちゃという鈴と父親の身体のことを心配する新吾だった。

加藤みきおに面会

心は加藤みきおに聞こうと病院を訪れる。

 

みきおはベッドで寝ていた。

そこにいたのはさつき先生だった。

 

佐野文吾のせいでと憤るサツキ先生。

みきおくんのことは私が守るという。

あなたも騙されないようにすることねとサツキ先生が心に言う。

返ってきたノート

心が帰ると駐在所には心が昔亡くしたノートが。

誰が運んだのか外へ飛び出したがもう誰もいなかった。

 

ノートを見直していて心は奇妙な部分に気付く。

そこには音臼村のお祭りのことが書いてあった。

 

そこには校長先生の名前が・・・。

 

犯人のわなだとしても手掛かりもなく止まっているわけにはいかないと思う心だった。

校長先生の話

校長先生に会いに行った心。

校長先生は12年前の村祭りの事件が佐野さんの事件と関係あると考えているのですか?と心に尋ねてきた。

 

佐野さんは大変なことをしたという校長に文吾をかばう心にあなたは一体何者なんですか?と校長は変な顔をした。

しかし心さんは決してうそつきではないし、人をだましたりはしないと認めてくれた。

 

最後に必ず佐野さんを救ってあげてくださいと言う。

 

12年前の村祭りで起こった事件は食中毒だったという。

その時に亡くなった婦人がひとりいて、トクモトさんの母親だったという。

 

やはりここにも来ましたなと話しかけたのはサツキ先生だった。

トクモトの家

そこは留守だった。

家のわきには薬の瓶が転がっていた。

 

心が山で見つけたのは佐野だった。

佐野は心の顔を見てホッとした表情になった。

おれ、助かったんだ・・・。

佐野の帰宅

家に帰った佐野。

子どもたちがとびついてきた。

鈴も慎吾もただ謝り続ける。

笑顔で泣きながら和子が文吾の頭をくしゃくしゃにする。

 

家族全員が抱き合っているときに、トクモトとイザワが軽トラで話しかけてきた。

おいしい鍋を用意してくれていた。

 

佐野は飯塚に礼を言う。

文ちゃんは村の平和を守ってくれる正義の味方だよとほめたたえてくれた。

 

ほっとした和子はおなかすいたと言って笑った。

 

佐野はなぜ解放されたのかわからないという。

心はノートのことを佐野に話し、村祭りの事件からトクモトさんは事件に絡んでないですよねと聞く。

 

マブチという刑事は佐野を犯人扱いしようとしていたと心は説明する。

 

早く犯人を止めないとという心にわかった、なるべく早く戻るという佐野。

警察署での拘束

佐野は警察署に出向いた。

マブチはバカにしたように佐野を迎えた。

取り調べしてマブチは一晩署でゆっくりしていってもらおうという。

 

電話を受け取った和子は明日迎えに行きますと答えていた。

 

病院で加藤みきおが目を開けた。

 

お父さんを迎えに行ってくるわと明るく家を出た和子。

心はノートを見ながら犯人のことを調べ始めた。

心の心配

もしかしたら、すでに家の中に青酸カリがあるかもしれないと思い調べ始める心。

 

フロッピーディスクが二つに折られて捨てられているのが報告された。

田中の息子が証言していた。

それを遠くから見ていたのは校長だった。

 

和子が親分お勤めご苦労様ですとふざけて見せると

シャバの空気はうめえなとふざけて答える佐野だった。

 

ふたりで帰宅途中結婚相手を間違えたかな?という和子。

しょうがない、この先何があっても一緒にいてやるからとふざけて言う。

 

心が探したけど何も見つからなかった。

マブチの捜索

そのときにマブチが家に来た。

いきなりワープロを立ち上げて中を調べ始める。

 

何も知らず帰宅している佐野だった。

 

ワープロの中には事件の計画内容がすべて入っていた。

そして青酸カリを裏庭に埋めたと記録されていた。

 

マブチと刑事がふたりで裏庭を掘り出すとそこには青酸カリのびんが・・・。

心はその事実に驚愕していた。

 

帰宅した佐野はパトカーが集まっていることに驚く。

マブチが青酸カリの瓶を手に、佐野を連続殺人容疑で逮捕してしまった。

 

心は全部わなだと言い続けるが、警察に連れていかれる文吾だった。

泣き叫ぶ鈴と慎吾、叫ぶ和子。

 

これまでのすべての事件の罪を佐野にかぶせることが犯人の真の目的だったと悟る心。

Sponsored Links

テセウスの船|ドラマ9話の感想


佐野文吾がつかまったり、解放されたり、警察につかまったり、釈放されたり、また逮捕されたり・・・。

なんてひどい扱いなんだ・・・

 

ここまで佐野文吾を憎んでいる人物って、いったい誰?

心には何もできないの???

 

和子の明るい頑張りも鈴や慎吾のがまんも、むくわれない。

 

村人みんなが共犯に思えてくるけど、きっと考えられないような人がみきおの共犯なんだろうなと思う。

 

最後まで謎だらけ。

マブチという刑事も腹立つなあ・・・。

こんなのが刑事だなんて絶対イヤだ。

 

逮捕された瞬間、明るく「すぐ帰ってくる」といった、佐野の笑顔が切なく痛々しかった。

まとめ

今回は「テセウスの船|ドラマ9話の感想とネタバレ!佐野文吾を陥れる陰謀」と題して「テセウスの船」のドラマ第9話の感想とネタバレについてお届けしました。

どこまでも佐野文吾を犯人にしたてようとする真犯人。

用意周到で、佐野や心が気を付けているにもかかわらず、すべてを思い通りに動かすなんて、絶対心と同じように未来のことを知っている人物に違いない。

 

正しい人が罪に問われるなんて絶対あってはいけないと思う。

ハッピーエンドになってほしいよね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓テセウスの船のこれまでのあらすじはこちらから↓

Sponsored Links