るりるり

他の新ドラマから遅いスタートを切った「テセウスの船」

役者だけでなく作品の世界が魅力的で1話からハラハラドキドキの展開でした。

さっそく1話の感想とネタバレをご紹介します。

殺人犯として服役中の父の真実に迫る物語。

ふとしたことから過去にタイムスリップした主人公田村心が過去を縦横無尽に飛び回り、過去に影響を及ぼす。

 

父親の真実を暴くだけでなく、過去自体を変えようとする真の行動が何を呼び起こすのか、新しい未来を作り出すのか・・・・・。

 

1話1話、目が離せない展開になっています。

 

 

この記事では「テセウスの船|ドラマ1話の感想とネタバレ!父親の無実に迫る時間旅行」と題して「テセウスの船」のドラマ第1話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

テセウスの船|ドラマ1話のあらすじネタバレ

第1話のあらすじ

現代の東京。

31年前の大量殺人事件についてのニュースが街で流れていた。

その死刑判決をうけたのは心(しん)の父の佐野文吾だった。

ほほにあざのある姉。

「あなたに父親はいない」と思いなさいという母の言葉を受けて生きてきた。

 

宮城拘置所。

そこに心の父親がいる。

心と由紀とおなかの子ども

心の妻由紀は妊娠中。

どんなパパになるつもりかと心にたずねる。

だが理想の父親像を話そうとしない心。

 

心はおなかの子どもにハーモニカをふいてあげる。

それは子供の頃から聞いていた曲。

 

心は「幸せだな」とぽつりという。

微笑んで心を見つめる由紀は心自身にもやりたいことをやってほしい願う。

しかし、殺人犯の父親のせいで教員免許についてはあきらめたという心。

由紀の想い

無罪を主張している心の父親。

由紀は当時の事件を調べていた。

 

同じ時期にいくつもの事件が重なることが不自然だという。

父親が犯人にされた決め手は自宅から青酸カリが見つかったことだった。

 

父の話を嫌がる心に「私は真実を知りたい」と強くいう由紀。

心は今とても幸せだからもっと幸せになるために3人の生活を守っていきたいという。

そして俺に父親はいないときっぱりと断言する。

由紀の遺言

突然腹痛をうったえる由紀。

病院に向かった。

 

手術室から赤ん坊の声。

だが、由紀は妊娠中毒症で危ない状態だった。

意識がもうろうとする中で由紀はお父さんに会いにいこうという。

 

心のお父さんだから信じてみたいという。

真実から逃げないで!未来に向かって生きて!

由紀はそう言って息をひきとった。

泣き叫ぶ心。

残された心

葬式を済ませ、心は由紀の父親からお前のせいで由紀は不幸になったと罵倒される。

赤ん坊は由紀の父親が引き取るという。

 

自宅で赤ん坊と2りきりになった心は泣き叫ぶ赤ん坊をあやしながらどうしていいかわからなかった。

由紀の言葉を思い出しているときに赤ん坊は泣きやんだ。

この子の父親はおれしかいないんだという。

笑わない母親

心と母の会話。

自分の夫が逮捕されたときにどう思ったか母に尋ねる心。

 

今まで自分は事件について何も知ろうとしなかったのは怖かったから。

マスコミに追われ学校でいじめられて・・・・・

でももし冤罪だったら。

 

話をするのを嫌がる母親に、心は父親に会いにいくことを告げる。

子どもの名前は未来(みく)と名付けた。

心のタイムスリップ

心は事件のあった村をたずねた。

そこは廃村になっていた。

 

31年前の事件の真相を葬ったままの慰霊碑の前できりに包まれた心。

突然視界が真っ白になった。

 

意識が戻って起き上がると廃校になっているはずの校舎がしっかり建っていた。

昔にタイムスリップしたのだ。

姉を助ける

心は街の様子を把握するために、辺りを駆け回り高台を探す。

雪に埋もれている少女を助け起こす。ほほが凍傷になりかけていた。

助けた少女を病院につれていくと、病院でみたカレンダーは1989年。

テレビで新しい年号は「平成」だと放送していた。

 

心は先ほど助けた少女が自分の姉だと知る。

そして鈴を見舞いに来た父親と遭遇。

父親は鈴を助けてくれた心に握手を求めてきたが、心は手を取れなかった。

逃げるように父親の元を離れた心。

女の子の運命はは

病院の外には今日除草剤を飲んで死ぬ運命の女の子がたたずんでいた。

その子が飲むはずの除草剤を倉庫で発見したシンは除草剤を盗んで逃げだした。

森の中ですべて捨てて安心していた。

そのとき、佐野が先程の女の子をどこかに引っ張っていくのが見えた。

 

佐野と女の子の行方を追おうとしていたら今度は過去の母親に呼び止められた。

側にいたのは幼い頃の兄だった。

母親と兄と過ごしていたその時に外で佐野の声がした。

千夏ちゃんというさきほどの少女が倒れていた。

 

怪しい父、佐野。

千夏は事件のとおり死んでしまった。

怪しげな佐野

自分の持ち物を広げて事件を振り返っていた心は妻に誓う「二度と真実から目をそむけない」と。

パラコートは時間がかかった。今度は違う薬で試してみよう

というパソコンの画面が映る。

 

佐野と話そうとする心。

交番にとびこんできた青年が心を見たと証言する。

佐野と話す心

千夏ちゃんの死因を「毒ですか?」と聞く心。

それには答えずこの村には何をしにきたのかと佐野が問いかける。

 

その雰囲気を心の母親がこわした。

まるで取り調べみたいだと。

心は娘鈴の恩人なのだと。

 

母親は明るく笑い楽しそうにしていた。

心は笑った母親を見て衝撃だったしうれしかった。

母親と会話する心

警察では心を調べていた。

 

家に戻り、母親からこの村に来た理由を聞かれ父親を捜しに来たという心。

母親がしばらくうちに泊まればとすすめてくれた。

心の留守番

心に留守番を頼んで、千夏のお通夜に出かけた母親と兄と姉。

村の人々も集まっていた。

 

一人になった心は派出所の中を調べまわる。

引き出しからパラコート。

やっぱり父親が怪しいと思う心。

 

事件をまとめたスクラップブックを見ながら心は決意する。

家族を守ると。

 

佐野は心が風呂に入っているあいだに持ち物をみて不思議な顔をする。

お財布に入っていた見たことない紙幣。

免許証に印刷された未来の年号。

雪崩を予言

未来の事件のまとめによると雪崩で巻き込まれる人がいるはずだった。

心は懸命に止めた。

そして見事に雪崩の犠牲になるはずだった人を守った。

 

佐野のパトカーに無理やり乗り込んで村人を止めて、結果的にその人は助かった。

警察から取り調べられる心

心をたずねて警察がきて、心を連れて行った。

心は取調室で千夏ちゃんを殺したんだと言われ続けた。

 

いったん釈放された心は指紋がついている除草剤の容器を探しに山へ。

すると姉の鈴があかねちゃんがいなくなったと教えてくれた。

今度は女の子が失踪。

しかしその事件は予定よりも早い日にちで起こった。

心と佐野

心は失踪した女の子をおぶって歩いている佐野を見つける。

あとをついていくとがけから落ちたという佐野と失踪中のあかねちゃん。

 

あかねちゃんだけ助けてくれと佐野から言われふもとに背負っていった心はふたたび佐野のもとへ。

佐野は凍えて意識をなくしかけていた。

 

血のあとがつづいているのはクマを打ったからだという。

佐野は足をけがしているし、凍えていてもう無理だというが、心は奥さんと子供のために帰ろうと励ます。

「おれはあなたに生きててほしいんだ」と叫ぶ心。

 

心が佐野を引っ張り上げて助かった。

 

助かった二人は温泉につかりながら初めて笑顔で話をする。

佐野は心に疑問を尋ねる。

未来から来たという心の言葉を信じてくれた佐野。

 

パラコートの容器は自分が回収しておいたという佐野。

佐野が温泉につかりながら口笛を吹いた。

心がいつもハーモニカで吹いていた曲だった。

心がおなかの中にいるときから佐野が聞かせていたのだ。

 

心は佐野を見て、自分の理想の父親は家族と向き合える男だと確信した。

テセウスの船|ドラマ1話の感想

早々と過去にタイムスリップした心はひっそりでもなく、慎重にでもなく、堂々とあちこちに顔を出しては過去の出来事を変えようと必死だった。

 

それが竹内涼真の役柄に何だかぴったりはまっていい感じ。

父親の佐野は最初心のことを胡散臭そうにみていたし、心も佐野を疑っていたのに、佐野が崖に落ちてもなお、少女を助けようとした心に触れて父親を信じることができたので良かったと思う。

 

ドラマの見せ方が佐野があやしいような映し方をしているが、心とうちとけた佐野はすでにいいお父さん。

心の凍り付いていた心が溶け始めている瞬間に嬉しい気持ちになった。

 

正直、時間の流れがややこしくて、やったことがどこで変わった未来として起こるのかわからないところも目が離せない理由。

 

過去の事件も日にちどおりに起こらなくなってきているので、未来も変わる野田と思う。

怖いけれどワクワクする。

まとめ

今回は「テセウスの船|ドラマ1話の感想とネタバレ!父親の無実に迫る時間旅行」と題して「テセウスの船」のドラマ第1話の感想とネタバレについてお届けしました。

 

父の無実をはらそうと決めたときから過去へ飛ばされた主人公心。

その行動は父を助けるというよりも、過去をめちゃくちゃにして現代のできごとすら変えてしまっている。

 

それっていいの?みたいな気になるが、心も佐野も無事ならま、いいか。という感じです。

 

2話めも目が離せません。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメも見てみる↓

2020 冬アニメ おすすめ