るりるり

ホムホゥの街でプリン男の着ぐるみで動き回るリヒトー。

人助けに走る軍人リィンに追いかけまわされる中、新たな強敵がリヒトーに迫る。

「プランダラ」アニメ第4話のあらすじと感想をお届けします。

ホムホゥはとても平和な街。

大きな事件は滅多に起こらない。

この街で軍人として人々の安全を守っているリィンは街の人々に慕われていた。

そんな中この街に身を潜めているリヒトー扮するプリン男を追いかけてジェイル中尉が向かっていた。

 

 

この記事では「プランダラ|アニメ4話の感想とネタバレ!衝撃!ジェイルのカウント」と題して「プランダラ」のアニメ第4話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

プランダラ|アニメ4話のあらすじネタバレ

第3話ではホムホゥの街に流れついたリヒトーと軍人リィンのデート?場面が。

人助けが仕事でありカウントの対象になるリィンはリヒトーに振り回され、結局逃げられてしまった。

第4話「違法所持者」のあらすじ

軍人にリヒトーの居場所を聞かれたナナと陽菜は地面から突き出てきた鉄の槍。

バロットの力なのだという。

リィンの人気

ホムホゥの街では今日もリィンが街のために動いていた。

リィンはミニスカートが基本となる制服を変えるために昇進したいと部下のペレに話していた。

 

リィンの仕事にしゃしゃりでてきたプリン男を追いかける。

プリン男を追いかけるリィンを彼氏なのかと街の男たちが色めき立ってその後を追いかける。

 

ナナにリヒトーを追いかけたいと勢いこむ陽菜にこの移動酒場を修理して一緒にリヒトーを追いかけようと笑顔でナナが言う。

アルバイトは卒業で従業員として雇ってくれるという。

 

その頃リヒトーは疑問だらけだった。

犯罪者である自分が逃げまわっているのになぜこんなに平和なのかと思う。

 

街のみんなとリィンのやり取りを見ていてリィンの人柄がわかったリヒトーは笑顔になる。

リィンが誤って壊した女の子の人形を一生懸命に直そうとする。

ペレはプリンのお兄さんを早く捕まえにいかないとと催促するが、この女の子にとって大事な人形を直すことが最優先だという。

大事なことを後回しになんてできないというリィンにリヒトーは納得し、人形の修理をしてあげる。

 

女の子がお礼を言って「プリン?」と問いかけるとリヒトーは仮面をとってみせる。

ドキッとするリィン。

ナナと陽菜

移動酒場で働きながら暖かい雰囲気が好きだという陽菜。

それがうちの売りだよ!とナナ。

リヒトーへの襲撃

リヒトーを追いかけていたリィン。

突如鋭い声でリヒトーが来るな!と叫ぶ。

 

その瞬間地面から鉄の槍が突き出てきた。

動かなくなったリヒトー。

 

現れたのはジェイル中尉。

すぐにジェイルに駆け寄るペレだが、リィンはやりすぎだと意見する。

鉄の槍にもたれているリヒトーを囲む軍人たち。

 

死んだふりをしていたリヒトーはバレたかと立ち上がる。

リィンを守る。

 

ジェイルは自分たちの任務について述べるようにうながす。

  • バロットホルダーをとらえること。
  • バロットホルダーとはバロットと呼ばれる違法なカウントを所持している者たちの総称で、所持している者は重罪に処せられる。
  • しかし軍の将校はバロットホルダーに対抗するため特例としてバロットの所持を認められている。
  • バロットには特殊な性質があり、バロットホルダーはそのカウントの種類に応じて様々な特殊能力を得ることができます。
  • ジェイル中尉の鉄を作り出す能力もそのせいです。

説明を聞きながらリヒトーはジェイルに語りかける。

君のカウントは900、僕のカウントは7500.さすがにやめておいたほうがいいという。

ジェイルのカウント

しかしジェイルは少しもひるむ様子がない。

攻撃をしかけてきた。

 

リヒトーは戦いたくないと逃げるが、高速で動き回るさまを見せつける。

しかしそれを上回るジェイル。

首をかしげるリヒトー。

そして気づく、ジェイルのカウントは900じゃないのだな?と。

 

鉄の囲いを作った中でリヒトーに見せたジェイルのカウントは12500というものだった。

これはちょっとまずい・・・・・と表情が変わるリヒトーだった。

Sponsored Links

プランダラ|アニメ4話の感想


リィンは軍人としては優秀ではないけど、人のために一生懸命なところが凄いと思うし、街の人に慕われているのもうなずける。

 

それにしてもリヒトーを襲い始めたジェイルのカウントが12500だなんて途方もなく大きな数字だったことが驚き。

 

カウントの数字が高いと軍の上層部から無理やり昇進させられるのがイヤでカウントを偽っていたことにも驚き。

このままじゃ、力の差は歴然。圧倒的にジェイルが強いに決まってるじゃん。

まとめ

今回は「プランダラ|アニメ4話の感想とネタバレ!衝撃!ジェイルのカウント」と題して「プランダラ」のアニメ第4話の感想とネタバレについてお届けしました。

バロットホルダーであり追撃の王リヒトー・バッハはホムホゥの街で軍の新たな強敵と戦うことになりました。

カウントに支配された国のカウントの謎や追撃の王の過去に関してもまだまだわからないことが多いですが、これから少しずつわかっていくでしょう。

そしてナナと陽菜が合流するのももうすぐかもしれませんね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links