るりるり

魔術の実験の失敗により異形のものに形を変えてしまったアザリーを探し、追いかけ続けたオーフェンはトトカンタの町でアザリーに遭遇する。

「魔術師オーフェンはぐれ旅」アニメの第2話のあらすじと感想をお届けします。

同じ孤児同士で仲良しだったアザリーが異形の姿に変わってしまったことで、アザリーを探して助けたいと思うキリランシェロはオーフェン(孤児)と名前を変えてトトカンタの町にいた。

そこへ現れたアザリー。

彼女を討ち取るという牙の塔からの部隊。

そのメンバーは昔一緒に学んでいた仲間や先生だった。

 

この記事では「魔術士オーフェンはぐれ旅|アニメ2話の感想とネタバレ!牙の塔の想い出」と題して「魔術士オーフェンはぐれ旅」のアニメ第2話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

魔術士オーフェンはぐれ旅|アニメ2話のあらすじネタバレ


1話ではオーフェン(キリランシェロ)の仲間アザリーが異形の姿になって飛び去って行ったあと、オーフェンは牙の塔を出た。

それから5年、トトカンタの町でまたアザリーに遭遇する。そしてそれを追いかけてきた牙の塔の顔なじみもオーフェンの前に姿を現した。

第2話「牙の塔」のあらすじ

魔術士を養成する機関である牙の塔でオーフェンはキリランシェロとして修業をつんでいた。

チャイルドマン教室

チャイルドマンの訓練を受ける者たち。

「天魔の魔女」と呼ばれるアザリーはよく魔術を暴走させている。

 

オーフェンは捕らえられている地下牢の中でボルカンとドーチンに身の上を話していた。

異形の者がもとは人間で、親しかったアザリーということ。

アザリーを助けようとしていることを。

オーフェンへの提案

牢に迎えが来た。

牙の塔時代に同じ生徒として学んでいたハーティアだった。

チャイルドマンから呼ばれたのだ。

 

チャイルドマンが5年ぶりだなと切り出す。

過去を回想するオーフェン。

 

アザリーが姿を消してから塔ではアザリーの葬式を行おうとしていた。

実際には入ってもいない棺を埋めようとしていたのだ。

塔の者はアザリーのことを塔の唯一の汚点だという。

 

キリランシェロはアザリーを優れた魔術師だとかばう。

キリランシェロはアザリーを探すこと、それまではオーフェンと名乗ることを宣言した。

 

オーフェンはチャイルドマンに質問した。

アザリーが姿を変えたときに行った実験が何だったのかと。

チャイルドマンの答えは

「バルトアンデルスの剣の発動」

 

剣をエバーラスティン家に預けたのは利用されないため。

アザリーはその剣を手に入れれば自分が元の姿に戻るかもしれないと思って剣を奪いにきたのだろうということだった。

それはチャイルドマンもオーフェンも同じ考え。

 

アザリーを捕獲するのであればチャイルドマンのほうが魔術が上だというオーフェン。

しかしチャイルドマンはアザリーが黒魔術だけでなく白魔術も使うことから捕獲する側には黒魔術を使う腕のたつ者が一人でも多く必要だという。

それでオーフェンにその部隊に加わるよう話す。

 

アザリーを倒す側につくのなら断るというオーフェン。

オーフェンはアザリーを探す方法をチャイルドマンに尋ねると、チャイルドマンは剣に信号のようなものを施しておいたと答えた。

 

もしもアザリーに会いたいのなら、討伐隊に加わるしか方法はないとうながす。

出発は夕刻。

それまでに用意を済ませておくようにいう。

討伐隊へ

宿屋で荷造りしていたオーフェンに宿屋の息子マジク・リンは声をかける。

仕事で出かけるというオーフェン。

 

次にエバーラスティン家に出向き魔術を使って壊れた建物の修理を行った。

エバーラスティン家の次女クリーオウは修理代はないけど・・・と言いながら指輪を渡した。

 

オーフェンはその指輪に見覚えがあった。

アザリーが異形の姿になった日にアザリーが見せてくれたものだった。

オーフェンの出発

夕方になりエバーラスティン家を後にするオーフェン。

アザリーを探したら討伐隊を出し抜き、彼女と一緒に逃げる覚悟をするのだった。

 

チャイルドマンの部隊に合流したオーフェン。

隊は出発した。

かつての同期であるコミクロンもいた。

自分のやるべきことを叶えるためには感傷を捨てるしかないとつぶやくオーフェンだった。

Sponsored Links

魔術士オーフェンはぐれ旅|アニメ2話の感想

 

オーフェンはかつての師であったチャイルドマンに再開したけど、とても親しそうな間柄には思えなかった。

オーフェンはアザリーを大切に想っていることがわかったし、とても優秀な魔術師だったことも判明した。

 

これから先、アザリーの唯一の味方になってアザリーを助けていくんだろうなと思う。

牙の塔がどれだけすごいのか知らないけど、大きい組織にはやはり面目を保つとか不祥事を徹底的にいんぺいするとか、まったく現代の会社組織と変わんないなあとがっかり。

 

それに、牙の塔では預けられても生き残るのがわずかだとオーフェン自信が言ってたけど、生き残れない者はどうして死んでしまうのだろう。

う~ん謎だ。

まとめ

今回は「魔術士オーフェンはぐれ旅|アニメ2話の感想とネタバレ!牙の塔の想い出」と題して「魔術士オーフェンはぐれ旅」のアニメ第2話の感想とネタバレについてお届けしました。

トトカンタで何となく過ごしていたオーフェンがいよいよアザリー救出に向かうため本来の魔術師としての力を発揮していくことになる。

アザリーが実験に失敗したことや異形の姿になったことにはまだまだ秘密があるように思えます。

それにはきっとチャイルドマンが関わっているに違いないと思うのは私だけでしょうか?

昔一度放送されたことのあるアニメだと知りました。

詳しい内容は知りませんが、今回のシリーズはどう展開していくのか楽しみです。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links