るりるり

岩永琴子(いわながことこ)は1眼1足の少女で怪異たちの知恵の神としてもののけの悩みを聞いている。

毎回怪異の不思議や謎を推理しているのだが・・・・・。

「虚構推理」アニメ第4話のあらすじと感想をお届けします。

琴子が19になって九郎と同じ大学に入ったのだがひょんなことからある事件の解決途中で大好きな桜川九郎の元カノと遭遇してしまった。

元の彼女弓原紗季(ゆみはらさき)は警察官として事件を追っていた。

 

この記事では「虚構推理|アニメ4話の感想とネタバレ!紗季と琴子の鋼人七瀬談義」と題して「虚構推理」のアニメ第4話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

虚構推理|アニメ4話のあらすじネタバレ


紗季に九郎先輩の今の彼女と説明した琴子は先に一発なぐられた?

その後紗季のアパートに連れていかれる。

第4話「アイドルは鉄骨に死す」のあらすじ

琴子のケガの手当てをしながら紗季は琴子のことを色々と聞きだす。

九郎くんの彼女という言葉を信じない紗季。

琴子は九郎とのツーショット写真を見せるが九郎の仏頂面を見て彼女というのはウソねとからかう。

議論する琴子と紗季

事件のことについての見解を聞く琴子。

紗季は鋼人七瀬(こうじんななせ)についての疑問を琴子に話す。

ふたりは鋼人七瀬について議論を交わし続ける。

 

それはそうと・・・・・と紗季は九郎の話をする。

どうして一緒じゃないのか?と。

言葉に詰まった琴子だが、九郎からの最後のメールを紗季に見せた。

 

「事情ができた。探すな」

 

そのメールを見た紗季は、やっぱりあなたから逃げたのよと嬉しそうに話す。

そして自分が付き合っていたころの話をするのだった。

張り合おうとする琴子。

 

結局・・・九郎なら生きて帰ってくるだろうし、それよりもまた鋼人七瀬に出会ってしまったら今度こそ迷わずに逃げてくださいと琴子は紗季に言う。

琴子の目に気づいた紗季だった。

紗季が鋼人七瀬について調べる

紗季は鋼人七瀬のことを調べ始める。

 

芸能プロダクション社長からスカウトされてアイドルになりとんとん拍子に人気があがっていったのだが、やはり妬みはつきもの。

順風満帆とばかりはいかなかったのだろう。

七瀬かりんが活躍してお金が入るようになったため、仕事をしなくなった父親の突然の事故死も保険金をねらった殺人だとうわさされた。

顔がない鋼人七瀬の姿そのままの画像が載ったサイトまであった。

 

父親が書いたという日記のようなものにも娘から殺されるかもしれないという内容が書かれていて、死後5か月も経ってから見つかるなど、次々に七瀬かりんのことを面白おかしくとりあげる週刊誌やネットが出てきたのだ。

 

噂の鎮静化をはかるため、活動を休止して地方のホテルを転々とした。

そして七瀬かりんが亡くなったとされる日のこと。

寺田先輩との推理

警察署内にて先輩刑事寺田を前に紗季は鋼人七瀬についての意見を話し始める。

寺田は幽霊を信じないわけじゃないが、この事件は作り物っぽいという。

黒と赤のミニスカート、顔がない、鉄骨、それらは世間が作り出して面白おかしく広めている偶像で、本当に世間を恨んでいるのならそういう格好をして出てくるのはおかしいだろう?

だからその背景には七瀬かりんと別の意思が働いているに決まっている

寺田はそう話す。

 

七瀬かりんの事故死が殺人事件の場合も考えられるから、その線でも考えていく必要があると付け加える。

 

寺田は捜査資料の要点をまとめて自分の代わりに話してほしいと先に頼んだ。

琴子の考え

鋼人七瀬について考える琴子。

七瀬かりんとそっくりのイラストを見てあまりにも実際の鋼人七瀬と似すぎていることに違和感を持つ。

そして仮説を立てて愕然とする。

自分の仮説が正しい場合はやっかいだとつぶやく。

 

そして信頼できる筋からの七瀬かりんの情報が欲しいと考え、それが警察であることもわかっていた。

紗季への訪問

紗季は自宅で七瀬かりんについての捜査資料を読んでいた。

 

七瀬かりんは現場に積まれた鉄骨が崩れ落ちる音を聞いた住人に死体として発見されたのだ。

顔と頭がつぶれており、歯型の鑑定もできないほどだったが、持ち物と外見の特徴から七瀬かりんだろうということになった。

 

結局事故死として片づけられたという事件。

一つだけ気になるのが七瀬かりんの姉七瀬初美の・・・と考えていたとき、ベランダに続くサッシを外からコツコツとたたく音がした。

一度は空耳化と思い無視しようとしたが、ふたたびコツコツと音がした。

 

ビクっとしておそるおそるカーテンを開ける紗季。

小さい物の怪が2匹窓の外にいて、窓ガラスをすり抜けて部屋に入ってきた。

 

物の怪は挨拶ビクビクしながらも大声で紗季に挨拶をする。

琴子の使いできたという。

鋼人七瀬を退治するために七瀬かりんの死に様について詳しいことを知りたいという。

鋼人七瀬との再対決

ファミリーレストランで食事をしていた琴子のもとに怪異が現れ、鋼人七瀬が近くにいると報告してきた。

琴子は怪異に紗季がきたときのために伝言を頼み、教えられた場所に自転車で向かう。

 

鋼人七瀬に襲われている人物がいた。

その人はなんと桜川九郎だったのだ。

Sponsored Links

虚構推理|アニメ4話の感想


紗季と琴子の事件への推理よりも女としてのバトルのほうが面白い!!!

琴子につっかかる紗季を見ているとまだ九郎のことを好きなんだなあって思う。

しかし、この場にまだ九郎がいないからこの先どうなるかが楽しみだなあ。

まとめ

今回は「虚構推理|アニメ4話の感想とネタバレ!紗季と琴子の鋼人七瀬談義」と題して「虚構推理」のアニメ第4話の感想とネタバレについてお届けしました。

鋼人七瀬の事件を追いかけていた琴子と警察官として関わっていた紗季が事件や九郎について意見を戦わせる話となりました。

 

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links