るりるり

地質学、天文学、それぞれに好きなことを勉強して充実している5人の部員たち。

今回は夏合宿に参加します。

合宿の中で何かが変わり成長へとつながるのか楽しみです。

「恋する小惑星」アニメの第4話のあらすじと感想をお届けします。

主人公みらとあおが小惑星を探すという夢に向かう話だけでなく、周囲の友達や先輩が自分の生き方をつらぬきながら主人公たちと関わっていくのがとてもステキなお話しです。

ほんわかとしたそれでいて和気あいあいとした関係はとてもうらやましくなります。

 

この記事では「恋する小惑星|アニメ4話の感想とネタバレ!合宿で固まったそれぞれの夢」と題して「恋する小惑星」のアニメ第4話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

恋する小惑星|アニメ4話のあらすじネタバレ


天文部合同の地質部の夏合宿が始まった。

みらとあおは先輩たちと一緒に先生の地元へと出発した。

第4話「わくわく夏合宿」のあらすじ

地質標本館とJAXAに出かけた地学部。

地質標本館

はしゃいで息が荒いサクラ先輩。

きれいな石をサクラ先輩みたいだと喜ぶイノ先輩。

それぞれに楽しんで見学していた。

 

休憩途中でサクラ先輩がみらに声をかける。

河原で拾った石が化石かもしれないからと持ってきたのだ。

化石のでき方を絵本で勉強していたみら。

 

館内の職員さんに石を鑑定してもらった。

夢中になって話すみら。

職員の人はそれは偽化石(デンドロイド)かもしれないねと話してくれた。

 

がっかりするみらにとても小さいけどこれも化石の一つだと慰めてくれた職員さん。

大喜びするみらだった。

 

一日目を終了し、遠藤先生のおじいさんとおばあさんに出迎えられて挨拶する5人。

JAXA見学

昨日とはうって変わってはしゃぎまくる天文班。

部長のモンロー先輩は特に嬉しそうだった。

 

ここで初めて先生がみらとあおの小惑星を探したいという夢を知る。

 

宇宙センターの紹介ビデオを見て感動のあまり泣き出すみらとあお。

先生までもが泣けてくるというのでサクラ先輩とイノ先輩は泣けない自分たちって少数派なの?と驚いてしまう。

 

ガイドさんの説明の途中で宇宙飛行士に大切なものについて質問するサクラ先輩。

ガイドさんの話では

  • 健康な身体であること
  • 英語が堪能であること
  • 協調性があること

という答えが返ってきた。

サクラ先輩にお礼を言うモンロー先輩だった。

 

同じように小惑星について質問したみらとあおだったが、専門ではないとガイドさんに謝られてしまった。

他の職員さんにも尋ねたが、ここには残念ながらいないと申し訳なさそうに答えられた。

 

小惑星についての話が聞けなかったと残念がるあおだったが、全国の拠点を一つずつあたっていけばいつかは専門家に会えるというポジティブすぎるみらだった。

夜の天体観測と部員同士の会話

2日目の見学も終えて帰るとバーベキューの用意がしてあった。

遠藤先生のおじいちゃんが望遠鏡を出してくれた。

 

先生が小惑星を見つけるチャレンジのポスターを渡してくれた。

でも申し込み締め切りがすぎていたため応募は無理。

それでも夢に1歩か2歩は近づいたかもと喜ぶみらとあお。

 

お布団の上で5人は夢に向かって話を始めた。

小惑星を探したいみらとあお。

宇宙飛行士になりたいモンロー先輩。

大きすぎる夢だと恥ずかしがるモンロー先輩に「自分の夢を遠慮なんてしないでよね」と話すサクラ先輩。

 

その話を聞きながらイノ先輩が自分の夢が決まったかもと目を輝かせた。

 

翌日イノ先輩の希望で地図と測量の科学館に出向く部員たち。

先生は予定が変わったけどこれでいいのか?と他の部員に尋ねる。

「かまわないです。それにあの表情を見たら誰も文句言わないと思います。」とサクラ先輩が言った視線の先にはイノ先輩の輝く表情があった。

 

昔と違った風景に寂しさを感じた先生だったが、生徒たちはそれを元気に変えてくれる行動をとっていた。

 

みんなの世界が広がった夏合宿になったようだ。

Sponsored Links

恋する小惑星|アニメ4話の感想


地質部の一人一人が自分の夢に向かって着実に進んでいることや、自分のこだわりや大好きなことに夢中になれているのがとてもうらやましいなあと感動。

一生懸命な姿は誰にも恥じることのない堂々としていてもいいものなんだと改めて考えさせられた。

 

顧問の遠藤先生も昔を思い出した合宿になったし、地質や天文についての知識も増えた、ためになるアニメです。

まとめ

今回は「恋する小惑星|アニメ4話の感想とネタバレ!合宿で固まったそれぞれの夢」と題して「恋する小惑星」のアニメ第4話の感想とネタバレについてお届けしました。

 

部活の一環で行われた夏合宿。

5人の部員がただ、はしゃいで楽しむだけでなく、自分の未来の夢に向かって気持ちを固めていったお話しとなりました。

 

確実に前に進んでいるそれぞれの部員たち。

みらとあおの夢もちょっとだけ近づいたのかもしれませんね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links