るりるり

今回は「啄木鳥探偵處」アニメ第6話のあらすじと感想をお届けします。

ぴよぴよ

第5話ではおえんの見受けの話だったね

この記事では「啄木鳥探偵處|アニメ6話の感想とネタバレ!お季久の頼みと殺人事件」と題してご紹介してます。

Sponsored Links

啄木鳥探偵處|アニメ6話のあらすじネタバレ

啄木鳥探偵處 アニメ 6話 感想 ネタバレ
引用)https://kimikoe.com/

第6話「忍冬(すいかずら)」のあらすじ

人気役者の橘乙次郎が殺された事件では側に「金銀花」という人形が横たわっていて、その口元には血がついていたことから人形が乙次郎をかみ殺したのではないかといわれている。

 

そのニュースを新聞で読んでいたのは吉井。

そこへその事件を解決してほしいと現れたのが吉井が片想い中だった食堂の店員お季久だった。

 

お季久は自分の愛する泉若が犯人扱いされて疑われていることから、その無実を晴らしてほしいと吉井に頼み込む。

犯人は人形の「金銀花」しかありえないとお季久は主張する。

横やり

吉井が力になろうとしたそのときに横から自分が力になると話しを持ち掛けてきたのは石川だった。

お金に困っているので力になる代わりにお金を要求する。

 

結局吉井が少し手出しする形で石川に引き受けてもらうことにしたお季久。

 

もしも泉若が犯人になってしまったら、傷心のお季久をなぐさめて心をつかめるとそそのかす石川に成功したら倍のお金を払うとのせられる吉井だった。

犯人捜し

石川と吉井は事件現場まで出向いて、血が流れた畳の後や、ふすまにとびちった後を見て回る。

凶器はまだ見つかっていないらしい。

 

乙次郎の家にはたくさんの人形が集められていた。

 

問題になっている人形が人形小屋で血がついたままで飾られていた。

金銀花を話題にして商売にしていたのだ。

吉井の推理

吉井は傀儡館の館主が一番儲かっているのだから、犯人は館主だと主張する。

石川は見事な推理だとほめる。

その反面その場にいた平井太郎にお使いを頼む。

 

平井はお季久の家を訪ねる。

そして手紙を渡す。

 

午前3時に傀儡館に来るように書いていあった。

真犯人を明かすと書いてあった。

お季久は手紙を燃やして懐の刀を握りしめる。

傀儡館にて

傀儡館の中で捜査を続ける吉井と石川。

その中で石川は乙次郎の性癖について説明する。

 

石川の推理によれば、人形に対して興味を持ちすぎていた乙次郎が後輩の泉若に毎夜金銀花を持ち運ばせていたのだという。

その推理は自分も以前人形が運ばれるのを見たことがあるから確かだろうと言う。

 

泉若が自首までしてかばう人はひとりしかいないという石川に吉井はまさか・・・と言いよどむ。

石川は泉若がかばっているのは季久さんだという。

季久の殺人理由

季久の左目が義眼だということを石川が指摘する。

作り物の人体に異常なまでの執着を示す乙次郎にとって季久さんはおあつらえむきだと話す。

 

傀儡館の外で小刀をかまえるお季久。

石川がすべての推理を明らかにしたとき、季久が刀で襲ってきた。

しかし季久が刺したのはただの人形だった。

 

その場にくずれる季久。

罪を立証できるものは何もなかったと石川は言う。

 

吉井は季久に罪をつぐなってやり直せると声をかけるが、最後の最後まで季久に襲われ殺されそうになる。

解決

ふたりとも危ないというときに窓ガラスが外から割られ、警察だと名乗る声が。

季久は捕まえられて連れていかれた。

 

吉井は季久だけが女ではないと強がる。

事件が片付いたその現場に潜んでいたのは金田一だった。

その金田一に声をかけたのは平井だった。

 

吉井は自分の入り込む余地はなかったと思いながら歌を詠むのだった。

下宿では金田一が窓の外を眺めていた。

 

石川もまた一つ歌を詠むのだった。

Sponsored Links

啄木鳥探偵處|アニメ6話の感想

ぴよぴよ

みんなのあこがれの的だった食堂の季久さんが犯人だったなんて、衝撃だったね。

るりるり

吉井さんが何とか力になろうとしたのに、最後まで殺されそうになったりして可哀そう。

ぴよぴよ

それにしても石川の推理は凄いけど、お金への執着と狡さはなかなか変わらないよね。

るりるり

そうだね。許せないと思っていながら、何とか力になろうとしている金田一さんにも笑えるね。

まとめ

今回は「啄木鳥探偵處|アニメ6話の感想とネタバレ!お季久の頼みと殺人事件」と題して「啄木鳥探偵處」のアニメ第6話の感想とネタバレについてお届けしました。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links