るりるり

連続殺人犯の思念の中で推理し、事件を解決するミヅハノメのシステム。

その中にパイロットとして投入されるのが主人公鳴瓢秋人(なりひさごあきひと)イドの中での名前は名探偵酒井戸。

「イドインヴェイデッド」アニメの第7話のあらすじと感想をお届けします。

人の思念の中での捜査を可能にしたミヅハノメのシステムとそこで働く井戸端スタッフ。

そのパイロットである鳴瓢は過去に連続殺人犯タイマンに娘を惨殺されていた。

 

この記事では「イド:インヴェイデッド|アニメ7話の感想とネタバレ!聖井戸登場!」と題して「イド:インヴェイデッド」のアニメ第7話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

イド:インヴェイデッド|アニメ7話のあらすじネタバレ

第6話にて連続殺人犯墓ほりをつきとめ、その際に躊躇なく犯人を殺せた本堂町小春。

上司である松岡は彼女をミヅハノメのパイロットとして推薦した。

第7話「THUNDERBOLTED(雷の世界)」のあらすじ

連続殺人犯タイマンの家を捜査する松岡外務分析官。

鳴瓢の娘が一方的に惨殺された事件を部下に話していた。

タイマンの思念粒子採取

タイマンの自宅に到着。

鳴瓢はタイマンに躊躇なく銃を向けた様子がわかる。

タイマン殺害現場から鳴瓢の思念粒子を採取。

場所を変えて地下へ行く。

その場所ではタイマンの思念粒子を採取。

百貴の事件の説明

タイマンの思念粒子には本堂町を潜らせるという百貴。

彼女をよろしく頼むという松岡。

 

百貴がジョンウォーカーと穴あき富久田とカズタやイナミとの関係を説明する。

富久田を監視しながらカズタやイナミにも目をつけていたと推察する。

 

同様にタイマン(勝山 伝心)を監視しながら次に連続殺人犯に仕立てる相手を物色していた可能性があるという。

その中に鳴瓢秋人の名前があがった。

 

タイマンの被害者に鳴瓢の娘である鳴瓢椋(なりひさごむく)の名前があったことから、すでに鳴瓢には目をつけていた可能性があるとみられる。

 

しかし真実はまだわからない。

イドを見てみるしかないという。

本堂町イド投入

目を覚ますとそこでは人々の叫び声。

辺りには何人もの死人。

床には数字がうってあるマス目。

 

とっさに逃げようとして手錠で女の子につながれていることを認識。

かえるちゃんだとわかる。

自分の名前を「名探偵 聖井戸御代(ひじりいどみよ)」だと名乗る。

 

百貴は部下に指示を与えながら途中で口ごもる。

鳴瓢の妻と娘の姿を見たからだ。

監房にて

イナミナホシが監房内にて穴あきに問いかける。

その穴はどうしたのかと?

自分で開けたと答える穴あき。

 

後2人くらい穴をあけて生き延びたやつがいると話すとその二人を知っていると答えるイナミ。

一人は大切な人だった。

もう一人はその大切な人の命を奪ったと話す。

 

あのお嬢ちゃんすげえ、頑張ってるなと穴あきは笑う。

 

鳴瓢は新しいイドのパイロットについて考えをめぐらせていた。

そしてたった今もイドに潜っているということは自分のイドに違いないと思う。

そしてその中であいつが見つかるかもしれないってことを考えて愕然とした。

 

カベに頭をぶつけては血を流していた。

「ジョンウォーカー」とつぶやきながら

イドでの謎を推理

イドにいる人数358人落雷に打たれて死んだ人数175人。

中にいる人は鳴瓢の知り合い・家族・友人など。

 

井戸端スタッフが分析を行う中で聖井戸は手錠のカギを必死で探していた。

 

そしてふと思う。

自分はここに死にに来たわけではないが生き延びるためでもないことを思い出す。

最大の目的はかえるちゃんの死の謎を解きにきたということ。

 

聖井戸はそれまでの慌てた様子から一転して落ち着き考えをめぐらす。

 

かえるちゃんと自分の手錠を誰かがはめたことに気付く。

そのすぐそばの遺体をひっくり返すと酒井戸だった。

 

雷がニセモノであること。

同じ場所には落ちないこと。

雷の落ちる感覚が一定していること。

 

この事実を周囲の人々に知らせようとした。

恐怖でざわめく中酒井戸のポケットから銃を取り出し空に向けて発砲した。

辺りが静まりその中で聖井戸は雷のことでわかったことを伝える。

酒井戸の内ポケットから手錠のカギを取り出し動けるようになった。

 

聖井戸は雷の落ちる合間をカウントしながら移動し、進む。

鳴瓢の妻と娘のいるマスで頑張ってくださいと声をかけると鳴瓢の妻は遠くにいる人はどうするのか?と尋ねてきた。

 

聖井戸は自分は探偵であって人を助けるためにはいなから、気になるのであれば自分で行って助けてくださいと答えた。

その言葉を聞いていた鳴瓢の娘椋(むく)がその通りだと答える。

私たちがみんなで頑張らないとダメだよと力強く言う。

 

聖井戸は笑顔でそうだねと笑って先に進む。

その先にあったのはイドに入るためのコックピットだった。

嫌疑をかけられる百貴

蔵発足が1年前なのに3年前の思考の中にあるコックピットの謎。

現在の鳴瓢の思考とリンクしていると推測。

 

聖井戸の捜査により、現在も稼働中という文字の確認。

機械に表示されていた名前「アスカイキキ」はタイマン最後の被害者だ。

百貴は鳴瓢がタイマンを射殺した後に俺が救出した人物だという。

 

聖井戸を排出したほうがいいと判断した百貴。

今まさに排出しようとしたときにミヅハノメを管理する部屋に外部から人が。

早瀬浦局長はこの人たちの指示に従ってくれと言う。

 

捜査員のような人物は逮捕状を百貴につきつける。

その容疑は「殺人教唆」。

百貴をジョンウォーカーだと言う。

 

富久田の自宅から発見されたマイクとカメラからは百貴のパソコンからアクセスした痕跡があり、百貴の自宅からはミヅハノメの開発者(白駒二四男)の遺体が発見されたという。

 

イドの中では聖井戸がコックピットに座ってしまっていた。

排出を試みたが装置が作動しないと東郷が叫ぶ

 

百貴は床に取り押さえられ、連行されていった。

早瀬浦局長は百貴を解任しすぐに東郷を室長に任命し、イドの中の名探偵を助けてあげるように指示する。

鳴瓢との面会

東郷は鳴瓢のイドの話をしに面会室に。

鳴瓢は自分のイドの中にジョンウォーカーがいたのかどうかを尋ねる。

 

いなかったと答える東郷。

それと百貴室長に何かあったこともわかっていた。

 

百貴の自宅で死体が見つかったことと、ジョンウォーカーの服装が発見された映像を見せると鳴瓢は目の前の机を放り投げた。

 

そのときに井戸端スタッフ若鹿がイドの中の数字が円周率の中の数列だとつきとめた。

そこから導き出された答えは、この雷が一番最初に落ちたのが3年前の鳴瓢の娘が殺害された日に当たるという。

 

もしも百貴のイドに潜ることがあれば自分に潜らふうせてほしいという。

Sponsored Links

イド:インヴェイデッド|アニメ7話の感想

まさかの百貴さんが捕まるとかありえない。

これはどう見ても罠にかけられたと考えるのが妥当。

 

だって、彼が犯人ならば鳴瓢の娘を殺させるようなことをするわけがないと思うから。

それは表面だっていい人が実は裏では真犯人なんてよくある話かもしれないが、百貴室長の場合はどちらかというと、誰かにはめられたという方向性が強いように思う。

 

さて、今回初投入となった本堂町のパイロットとしての活躍は初めてとは思えないくらいズバ抜けた才能だと思う。

 

最初は雷から逃げようとしていたが、途中で自分の目的を思い出し名探偵として推理を始めるところはさすがだ。

ただ、酒井戸と違ってドライなところがあるとは私も感じた。

 

でもタイプの違う探偵がいるのも面白い。

今後二人で同じイドに入れるようになることはあるのか?

または協力して事件を解決できるようになることはあるのか???

 

コックピットが一つしか見当たらないことを考えれば現実的には無理っぽいが。

視聴者としてはふたりの推理力を競うところも見てみたい。

まとめ

今回は「イド:インヴェイデッド|アニメ7話の感想とネタバレ!聖井戸登場!」と題して「イド:インヴェイデッド」のアニメ第7話の感想とネタバレについてお届けしました。

いよいよ、鳴瓢やタイマンのイド内での様子から事件の核心に近づいてきた気がする。

謎が解けることはハッピーエンドになるのか、それとも・・・・・。

 

今後の流れが気になりますね。

↓次回の予告はこちらから↓


るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links