るりるり

殺人犯の思念の中イドの世界で推理を行う名探偵酒井戸として鳴瓢秋人が現実の世界とイドの世界を行き来していた。

しかし、イドの世界は思いもよらない事実を生み出してしまう・・・。

「イド:インヴェイデッド」アニメの第11話のあらすじと感想をお届けします。

先にイドに入り込んで出られなくなった本堂町小春の救出のために投入された穴井戸こと富久田保津と酒井戸こと鳴瓢秋人はイドの世界で新しい展開を迎えていた。

今いるイドは鳴瓢自身のものだったのだ。

 

この記事では「イド:インヴェイデッド|アニメ11話の感想とネタバレ!ジョンウォーカーの正体」と題して「イド:インヴェイデッド」のアニメ第11話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

イド:インヴェイデッド|アニメ11話のあらすじネタバレ

 

第10話では鳴瓢にとって暖かで幸せだった世界から現実に戻され、一緒にいた富久田保津はイドに入る前の記憶を失わずにいられたという事実が判明。

第11話「STORMED」のあらすじ

イドの世界の砂漠に立ち尽くす酒井戸こと鳴瓢。

自分のイドに入っていたことに気付くのだった。

ジョンウォーカーに仕組まれていたと知った。

井戸端スタッフ

井戸端スタッフたちはイドの中の非常事態にバタバタしていた。

イド内が暴走し、鳴瓢の追跡も不可能になってしまった。

 

東郷はミヅハノメの電源を切るよう指示。

しかし反応せず、電源を切ることができないと国府司郎(こくふしろう)は答える。

 

若鹿一雄(わかしかかずお)はこのイドは蔵で管理されたものではないことがわかっている。

つまり百貴さんの自宅で鳴瓢の思念粒子が採取されたということ。

 

松岡外務分析官がしかけたのか、しかけれらた罠に松岡がひっかかってしまったかのどちらかだという。

すでに白岳仙之介(しらたけせんのすけ)が調べ始めていた。

 

松岡は連絡を受けて現場に向かうと返答。

イドの中

鳴瓢は富久田につかみかかる。

富久田保津はこうなることを望んだ、鳴瓢に殺されるように仕向けたと嬉しそうに話す。

好きにすればいいという富久田の言葉に、少し間をおいて、その手には乗らないと鳴瓢は言う。

そして必死に考える。

 

鳴瓢は言う。

俺が怒りに任せてお前をぶっ殺すところまでがジョンウォーカーの計画だと。

 

鳴瓢は富久田がチラチラと地面に書かれている数字を見ているのに気づく。

そして「3」が好きだと気づく。

富久田も認める。

 

鳴瓢は推理する。

ジョンウォーカーはお前を殺したかった。

お前は数字にしばられた男。

数をかぞえずにはいられない。

 

「お前数唱障害だな」

 

その苦痛から逃れるためにドリルで自分の頭に穴をあけたんだなと結論付ける。

 

しかしイドの世界で名探偵として動くときには頭にあけた穴がふさがれているから、数唱障害も復活してしまう。

名探偵の頭で数唱障害はつらいものだ。

だからお前は死にたがるんだなと鳴瓢は言う。

 

富久田は「ご名答」と嬉しそうに言う。

 

しかし鳴瓢はお前を殺してなどやらないという。

お前にはジョンウォーカーが望まないお前にだけできる仕事があるんだと言う。

 

その言葉に興味を示す富久田だった。

コックピットの消えた謎

鳴瓢はコックピットが忽然と消えていることを指摘。

富久田が以前入った鳴瓢のイドの中の話を確認し始める。

 

鳴瓢は雷の世界で踏んだ石板の数字を覚えているかと尋ねる。

もちろんだと答える。

自分が踏んだ石板の数字だけではなく、周辺の数字もすべて覚えているという。

 

嵐がひどくなっていた。

 

その頃ミヅハノメでも異変が・・・。

本堂町の入ったイドの中のコックピットも消えていた。

 

時間だけを超えて本堂町のいたイドから今鳴瓢がいるこのイドにコックピットが本堂町ごと移動してきているという鳴瓢。

鳴瓢はイドの世界の時間の流れの違いを富久田に説明していた。

 

富久田も理解する。

イドの世界は外部から見ている人物がいれば時間が外部の時間と同期するが、外部で見ている人物がいない場合は時間が伸び縮みするということ。

本堂町小春の推理

本堂町は鳴瓢がイドの中で行った連続殺人犯に対する捜査状況を見て驚いていた。

ホワイトボードには今までの連続殺人犯の犠牲になった人物の名前が調べられていた。

 

それぞれの犯人は自分の特徴にあった死に方を選んでいることからジョンウォーカーにもジョンウォーカーなりの特別なやり方があるはずだと考える。

 

連続殺人犯はすべてすぐに死ぬわけではないこと。

殺人犯の被害者となった人物がすべて死ぬというわけではないこと。

それを確認し、認識する。

 

連続殺人犯に殺された被害者が最大で7人までというのにも意味があるのではないかと考える。

そしてそれぞれの連続殺人犯の犯行が曜日ごとに行われていることに気付く。

ジョンウォーカーが曜日ごとに殺人鬼たちを操作して殺人を犯させていたと結論。

 

その世界の松岡外務分析官から電話が入った。

その電話に応答しつつ、急がなきゃとつぶやく本堂町だった。

 

そのとき、富久田はコックピットとそこに乗っている本堂町を発見した。

 

本堂町は富久田が捕まる前の場所に遭遇。

富久田は理解できないだろうけど、自分はすべてを知っていると説明して本堂町は銃をおろす。

 

状況は呑み込めないものの、本堂町がウソをついているようには思えないからあんたが言うのは本当なんだろう???とつぶやく富久田。

穴をあけてどうだった?と尋ねる。

 

ジョンウォーカーの絵を見せて夢でみたことがあるか尋ねる本堂町。

富久田はうなずいて、その日付を話す。

時間帯も聞いてみたが、その時間帯にイドメンバーで非番だった人間はいないと知る。

 

昼間に寝ているやつだっているだろう?

富久田の言葉に本堂町は海外出張の場合を考え着く。

 

富久田は本堂町に警察の人間か?とたずね、また会える?と聞く。

本堂町は「わからないけど、あなたは警察に捕まった後にも道が開けるよ」と添えた。

百貴の自宅

百貴の寝室にたどりついた松岡。

東郷は画像データを要求する。

 

東郷は棚の上の写真立てを試すようお願いする。

ワクムスビが反応。

寝室に戻ると反応はなかった。

 

言い当てた東郷に凄いなと松岡が言うと「以前おじゃましたときにはなかった写真ですから」と普通に答えて井戸端スタッフがみんな固まる。

ジョンウォーカー

富久田が夢を見た日に海外出張に行っていたお偉いさん・・・

つぶやきながら本堂町は電話をかけた。

 

もしもし、ジョンウォーカーさん?

 

電話がつながった先は早瀬浦局長だった。

 

そのとき富久田がコックピットの排出ボタンを押した。

そして鳴瓢のイドに戻った本堂町だった。

本堂町はジョンウォーカーの正体を鳴瓢と富久田に告げる。

 

3人はかえるちゃんのところに向かう。

 

かえるちゃんのところにたどりついたときに井戸端スタッフが3人を発見。排出された。

 

イドから出た本堂町は早瀬浦局長が犯人だと告げる。

 

東郷は逮捕状を請求と声をあげる。

そのときミヅハノメの電源が落とされた。

 

暗闇の中何かを操作する早瀬浦。

そこに現れたのはカエルちゃんの姿だった。

そしてつぶやく。

「出番ですよ!飛鳥井木記くん」

Sponsored Links

イド:インヴェイデッド|アニメ11話の感想

ジョンウォーカーの正体が判明した!!!

まさかまさかの警察内部の人間。

 

だけど、百貴室長を拘束したあたりから何だか疑わしかったけど・・・。

 

本堂町と鳴瓢、そして富久田の推理がすべて重なって出た答え。

 

凄い、3人とも名探偵だ!!!

まとめ

今回は「イド:インヴェイデッド|アニメ11話の感想とネタバレ!ジョンウォーカーの正体」と題して「イド:インヴェイデッド」のアニメ第11話の感想とネタバレについてお届けしました。

イドの中に閉じ込められ、悲惨な展開を予想していたら、あれよあれよという間に真犯人を推理。

いよいよ飛鳥井木記の正体と、早瀬浦局長の目的が明らかになるときが・・・

 

早く次回を見たい!

 

↓次回の予告はこちらから↓

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links