るりるり

曲がったことが嫌いでいつも思ったことを口にする中田正義とクールで冷静な宝石の鑑定士リチャードの物語。

「宝石商リチャード氏の謎鑑定」アニメの第6話のあらすじと感想をお届けします。

正義はリチャードの事務所でバイトをしながら宝石にまつわる問題を解決していきます。

その中で人のつながりや温かさ、悲しさを味わうことも多い正義だった。

 

この記事では「宝石商リチャード氏の謎鑑定|アニメ6話の感想とネタバレ!リチャードの黒歴史」と題して「宝石商リチャード氏の謎鑑定」のアニメ第〇話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

宝石商リチャード氏の謎鑑定|アニメ6話のあらすじネタバレ

第5話では昔の先輩との再会で喜ぶ正義だったが、先輩の嘘がバレてショックを受けてしまうお話しでした。

第6話「危ういトルコ石」のあらすじ

リチャードにプリンを作ってあげた正義。

エクセレントと声をあげ、この才能をガールフレンドに示したほうがいいのでは?とアドバイスするリチャード。

牛乳寒天も作ってきたが持って帰ろうかな?と意地悪く話す正義になぜもっと早く言わない?と返すリチャード。

結局牛乳寒天も食べるというリチャードだった。

 

大学構内で友人の下村に声をかけられる。

同じサークルの女性沖田が人探しをしているから力になってあげてほしいという。

 

宝石店においていなくなった彼(古田)からもらったという宝石をリチャードに見せて同じものを売っているお店を探してほしいという。

しかし他に手掛かりもなく箱もないという。

 

そんなの誠実な男のすることじゃないと正義は横から口出しをする。

リチャードは古田様から宝石のデザインについて聞かれたことはないかと沖田に尋ねる。

沖田はあると言ってなぜわかったのかと驚く。

 

そのトルコ石についてリチャードが説明する。

トルコ石は送られた人が送った人の幸せを願う石だという。

 

だから本当に沖田様の幸せを願うのであれば身を引いたのかもしれないとリチャードが説明すると沖田はボロボロと泣き始めた。

 

エトランジェを出て別れ際に沖田は正義にお礼を言ってリチャードさんの好きな物は何かと尋ねる。

おれはバイトだからそういうことは知らないと答える。

それならと去っていった。

リチャードの話

リチャードは戻ってきた正義にいいにくそうに話し始める。

リチャードがおもむろに出したのは先ほど沖田が見せたトルコ石そっくりの宝石だった。

 

リチャードから言われたとおりに石を磨いてみるとトルコ石の青い色が落ちた。

サインペンなどで塗ったものらしかった。

トルコ石について

トルコ石はトルコの石というわけではなく、アメリカで採れたものがほとんどだという。

トルコ経由でヨーロッパに流入したためフランス語でターコイズと言うようになったと。

 

ハウライトはトルコ石によく似た石で色をつけて売ることがある。

 

デート商法の詐欺グループについて話しだした。

そのようなグループがいるという。

リチャードの怒り?

詐欺グループについて調べたというリチャード。

話の流れでま、どうでもいいかこんな詐欺の話はよくあるしという正義に微笑んで同意したリチャード。

喫茶店で谷本晶子と会っている正義。

 

リチャードの様子がおかしいことを打ち明ける。

正義がリチャードのことを本当に好きだとからかう谷本。

リチャードの企み

詐欺グループをつきとめたというリチャード。

詐欺グループのチラシを正義に見せる。

 

先日の沖田が話した古田の写真を見せ偽名だったことを教えるリチャード。

リチャードは正義に面白いことがあると言って日曜日なのに来客の予定がないことを話す。

 

どうやら日曜日を使って詐欺グループの店に乗り込もうとしているらしいのだ。

正義もついていくことにした。

詐欺グループの店

正攻法で攻めても効き目がないので、ばかばかしい方法を使ってみようかと面白がっているリチャード。

 

リチャードの車で乗りこんだ店に通訳として付き添う正義だった。

 

石のオーラを感じたとかなんとかと言って正義が説明する。

店の女性店員はリチャードの容姿にどきりとしてすぐに石を持ってくる。

トルコ石だという青い意志を眺めて、呪いを呼ぶ石だと大きな声でまくしたてる。

そして他の石も見せてほしいという。

 

その時店の社員が出てきた。

なんくせつけるならただじゃ置かないという。

 

しかしリチャードはトルコ石の真の意味を説明し、送った人が災厄を受けるという。

 

リチャードは店員に話しながら、少し離れたところにいる男を指さし、あそこにいる佐々木様・・・・・と彼が何人もの女性に贈り物をしたのでは?と話していた。

 

リチャードの話術によって店内にいた客としての女性たちは店から次々と出ていった。

 

なぜ色をつけるのか?と石の一つを手にとってリチャードは言う。

使い方を間違った石は不幸を招きます。

そういうリチャードをにらみつけ、警察を呼ぶという店員に、どうぞと促す。

言いたいことを言って出ていくリチャードは車に戻ると正義に対して危ない目にあわせたと詫びる。

 

リチャードは宝石を扱う仕事はきれいなことばかりではないんですよと説明する。

正義の心配

正義が今回リチャードについてきたのは心配だったからだという。

リチャードが珍しく暴走しているからだという。

 

何か嫌なことや詐欺に関することがあったのか?と尋ねる正義。

宝石を我欲のためだけに使う者も詐欺まがいの者も憎悪するとリチャードは言う。

本当にそれだけか?と正義が聞くと

見た目を利用してまがいものを売りつけている男にはヘドが出るときつい表情で言う。

リチャードの秘密

翌日大学にいる正義にリチャードからラインが。

同業者から連絡があり詐欺グループは夜逃げしたという。

 

リチャードは回想していた。

エドワード・バクスチャーさんと呼ばれているシーン。

観光客相手に詐欺まがいの宝石商をやっている白人ということで聞き込みに来た。

あなた自身をおとしめる行為ですと話す。

その男はシャウルララシンハと言った。

 

リチャードが顔のことを言われて激怒したことで顔のことを言ったのはお詫びしますと謝った。

そしてリチャードに提案をしてきたのだ。

そのときの宝石をケースにしまったリチャード。

Sponsored Links

宝石商リチャード氏の謎鑑定|アニメ6話の感想

いつも冷静なリチャードにしては珍しい行動だったなあ。

何かに対していら立ちを抱えていて、正義が心配するほどだったから。

 

過去にはきっと色々な経験をしていたのだろうし、人に対してだますようなこともしてきたのかも・・・・・と思わせる話だった。

 

うっ、リチャードの黒い部分なんて見たくない気がするけど、知りたい気もするし・・・・・

まとめ

今回は「宝石商リチャード氏の謎鑑定|アニメ6話の感想とネタバレ!リチャードの黒歴史」と題して「宝石商リチャード氏の謎鑑定」のアニメ第6話の感想とネタバレについてお届けしました。

いつも品行方正、暴走しやすい正義の抑え役としてクールなリチャードが暴走するという珍しいお話しでした。

そしてリチャードの裏のある笑顔の原因が少しだけ明らかになった気もします。

 

リチャードにも触れられたくない過去があるのだとわかった。

この後、少しずつリチャードの全貌も分かってくるのかな?と思うと気になるところです。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links