2020冬アニメとしても放映されているハイキューの4期「ハイキュー!! TO THE TOP」のオープニングテーマ曲である「PHOENIX」ですが、2020冬アニメ好きな主題歌ランキングで見事1位に輝きました。

アニメの配信につきものの主題歌もアニメファンにとっては楽しみの一つです。

 

この記事では「ハイキュー4期の主題歌「PHOENIX」が最高!感想や評判を紹介」と題してアニメ「ハイキュー」4期の主題歌である「PHOENIX」の感想や評判についてご紹介していきます。

Sponsored Links

ハイキュー4期の主題歌「PHOENIX」について

PHOENIX(フェニックス)はとても元気になれる。心に染みる曲として話題になっています。

歌詞について

爪痕が残るくらい
拳を固く握り締め
今 オレンジの光の中へ

Wow oh

いつになく汗が身を引き裂く
未知なるハイ・ステージへ
“超アウェー”“勝ち目はねぇ”
吐かしていれば良い

傷を怖れ 羽撃かぬ人生なんて
剥製と変わらない
人は一生 夢と感動 喰らい生きてく
痛いくらい撥ねろ 心臓

鳥肌が止まらない
いのちが熱く燃えている
限界の先 その先で戦う喜び

ありったけを 解き放て
勝ち敗けすらも何処か遠く
時を止めた この一瞬が
スローモーションで煌めく

さあ さあ さあ
暴れな

静まり返る烏合
強豪の蠢くステージへ
『好き』以上『得意』未満
どんな夢もそこがスタート

勝利の味は楽勝より
悪戦苦闘の末が美味
ダイヤモンドみたく硬度上げた絆で
敵の鉄壁 砕いて

鳥肌が止まらない
いのちが熱く燃えている
熱狂の果て 五感は枯れ 世界に熔けてく

神風を巻き起こせ
信じる者を風は推す
黄金(きん)に輝くあの星まで
身を粉にしながら飛べ

熱中できる夢があるなら
燃え尽きることを恐れないで
上げろ 温度 胸の炎
オレンジの向こう
青く揺らめく青春へ

何度でも立ち上がれ
誇り高き不死鳥のように
このオレンジの光の中で

鳥肌が止まらない
いのちが熱く燃えている
限界の先 その先で戦う喜び

ありったけを 解き放て
勝ち敗けすらも何処か遠く
時を止めた この一瞬が
スローモーションで煌めく

さあ さあ さあ
暴れな

参考動画

歌手

「PHOENIX」を歌う歌手は

BURNOUT SYNDROMES(バーンアウトシンドローム)

といいます。

 

熊谷和海(ヴォーカル、ギター)

石川大裕(ベース、コーラス)

廣瀬拓哉(ドラム、コーラス)

による関西在住の3人組のロックバンドです。

2005年に結成されています。

多くの作品を残していますが、ハイキューのアニメだけでも

セカンドシーズンのオープニングテーマ「FLY HIGH!!」やハイキュー!!烏野高校VS白鳥沢学園高校のオープニングテーマ「ヒカリアレ」なども歌っています。

ハイキュー4期の主題歌の感想や評判

まとめ

今回は「ハイキュー4期の主題歌「PHOENIX」が最高!感想や評判を紹介」と題してお送りしてきました。

スポーツアニメらしく、さわやかで元気がでる一曲だと思います。

 

アニメを見るときだけでなく、日常でもいつも聞いて生活の中で自分のテンションをあげていく手助けをしてくれる曲ですね。

 

アニメだけでなく主題歌でもワクワクできるなんて楽しみが増えてステキですね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます