ぴよぴよ

前回のテストで夜がなぜかパスしたけど、きっと不思議な力があるんだろうね。

るりるり

そうだね。また次のテストでどうなるかが気になる・・・。

今回は「神之塔」アニメの第3話のあらすじと感想をお届けします。

この記事では「神之塔|アニメ3話の感想とネタバレ!信じることが試験の合格条件?」と題して「神之塔」のアニメ第3話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

神之塔|アニメ3話のあらすじネタバレ

引用)https://tog-anime.com/

第3話「正解の扉」のあらすじ

門の外で雨に濡れてうつぶせになっているクン・アゲロ・アグネスの姿。

姫に選ばれなかった者としてほうり出されたのか?

 

マリア様という娘と恋仲だったのか、最後に裏切られたような状態。

クンは母親から利用されたのだと言われる。

信じられるのは自分だけ、耳を閉ざし心にふたをし、最善の道を見極めるのです。

夜が見た空

ふと我に戻ったのは夜の言葉のせいだった。

青く見えている空を初めてみた夜は、星も見られるのですか?とクンに尋ねる。

 

この空は作り物だと教えるクン。

話の流れでラヘルという人物はなぜ夜を置いてひとりで塔に登ったのかと尋ねる。

ラヘルをおかしいと言われて必死でかばう夜。

次の試験

1チームずつ呼ばれて試験が行われていた。

試験会場では叫び声が聞こえてくる。

 

中の様子が気になっていたときに、突如風船の様な身体をした者がヒントを教えてやると近寄ってきた。

クンは思い切り怪しげにして聞く耳をもとうとしないが、夜は喜んで教えてほしいと言う。

風船おばけ?

風船おばけは「時間」がヒントだという。

 

今まで悲鳴をあげなかったチームは5分以内にテストをパスしていると話す。

クンは相手にしない、風船おばけは自分たちの仮説を確実にするために俺たちで試そうとしていると反論する。

 

用心さも行き過ぎると毒だと言う風船おばけ。

その後に「クン一族の捨てられた息子さん」と続ける。

無理もないですね、あんなひどい裏切りを受けたのでは・・・

 

その言葉にクンの表情が変わり風船お化けに剣を向けた。

しかしそこで思いとどまり、試験の順番が回ってきた。

試験への挑戦

試験会場に入ると時計が配置されていた。

試験官はユハンと言った。

試験の合格条件は10分以内に正解の扉を開けることだという。

 

失敗した場合は・・・と見せられた光景に3人とも息を呑んだ。

驚愕するほどひどい状況のようだ。

 

もっとヒントをくれというクンに、手掛かりはすべて伝えたと答えるユハン。

試験は開始した。

 

必死で考えるクン。

12枚の扉と制限時間10分。

 

ワニのラークは考えることが苦手だとむしゃくしゃして辺りを走り回り、夜はそれをなだめようとしている。

クンは時間が関係しているのか?と考えつくが、そこで母の誰も信じるなという言葉が思い浮んできて自分の考えを打ち消す。

動揺するクン

そのときにマリアの姿が思い浮んできて集中できなくなってきた。

夜がラヘルを語るときの瞳が自分がマリアを信じているときの瞳と同じだと気づく。

 

クンは必死で誰も信じるなと自分に言い聞かせる。

そのときラークが一つの扉を蹴って開けた。

 

ラークが扉を開けたのはカンだという。

これで俺たちも終わったと思ったクン。

 

しかしユハンはおめでとうございます。と声をかける。

試験にパスしたのだった。

合格条件は5分以内にどれでもいいから扉を開けること。

感情を乱すクン

こんな試験に何の意味があるのか?と尋ねるクン。

ユハンは「姫に与えられた傷は深いか・・・」とぽつりとつぶやく。

クンは唇をかむ。

 

ユハンは何も信じられなくなったクンに対して、君には躊躇なく扉を開けてくれる仲間が必要だと言う。

それと疑う心を知らぬその瞳を守りたくないか?と問いかける。

クンは夜の顔を一瞬見る。

 

風船おばけがユハンのもとに来てご命令通りヒントを与えてきましたと報告する。

ユハンは彼らがヒントを毒にするのか薬にするのか見て見たかったと話す。

 

クンは夜に対して「星をラヘルとみれるといいな」と優しく声をかける。

第一試験成功者

次の挑戦者たちが第一試験において400人から30分でたった3人になってしまったという報告を受けるユハン。

試験官はクォント。

手を抜いて二つのテストを変則的にまとめて行った結果だという。

 

これが知れたらリアルに首を切られるというユハン。

ユハンはレロローに連絡をとる。

ボーナステスト

次の試験を待つまでの会場でジュースを買おうとしてとまどう夜。

それを手助けして声をかけたのはシビスだった。

 

普通っぽい夜と自分が重なってシンパシーを感じると嬉しそうに話す。

シビスは夜をラッキーボーイだと言う。

最後まで一緒に残ろうなと言われ笑顔になる夜だった。

 

そのとき現れたのがレロロー。

特別ルールを説明しにきたのだった。

 

参加・不参加は自由だが、ここでの試験に合格すれば残りすべての試験をクリアしたとみなし、塔に登る資格を与えると言うのだ。

不参加でもなんのデメリットも生じないというおいしい条件にすべてのチームが参加を申し出る。

クラウンゲーム合格条件

王冠の奪い合いで、最後まで王冠を持っていたチームの勝ち。

というシンプルな内容で、細かいルールを説明するレロロー。

 

早くから参加しておくと後からのチームと戦い続けなければならないし、あとから参加する場合はもしかしたらゲーム自体が終わってしまい時間切れで参加ができなくなることもあるというもの。

 

今回のゲームから別の試験場からの参加者が加わるという。

ゲームスタート

1回戦には2つのチーム。

アナク・ハツ・シビスの3人のチームも参加した。

しかしアナク一人の戦いで3人とも倒してしまい圧倒的な強さを見せる。

 

アナクは持っているムチを使いこなし相手チームを倒し王冠を手に入れる。

 

レロローが次のゲームスタートを言い渡そうとしたとき夜は会場の向こう側にフードで顔を隠した人物を目にし、ラヘルとつぶやいた。

Sponsored Links

神之塔|アニメ3話の感想

ぴよぴよ

クンが悲しい過去を抱えているみたいだね。

るりるり

そう、人を信じられなくなっているみたいだね。

ぴよぴよ

そんなクンにとっての今回の試験はラークと夜がいなかったら絶対にパスできなかったと思うよ。

るりるり

試験の合格基準がまちまちで頭がいいだけでもダメ、剣さばきが凄いだけでもダメ、色々な要素を併せ持っていることが勝ち残る条件なのかな?

ぴよぴよ

まだわかんないけど、ここでボーナステストがでてきて、まさかのラヘルの姿を見るなんて・・・

るりるり

もしかして次回対面しちゃう???

まとめ

今回は「神之塔|アニメ3話の感想とネタバレ!信じることが試験の合格条件?」と題して「神之塔」のアニメ第3話の感想とネタバレについてお届けしました。

試験内容が毎回変わっておもしろいけど、別の会場があったとは・・・。

そしてまさかのラヘルとの再会がいよいよ見られるのか???

次回が気になるところですね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links