ぴよぴよ

加賀谷修一が着ぐるみになったんだよね。

るりるり

そうそう、そして青木紅愛(くれあ)ちゃんが出てきて何者かに襲われるという・・・?

展開が早すぎるよね。

 

この記事では「グレイプニル|アニメ2話の感想とネタバレ!修一と紅愛との共同戦線」と題して「グレイプニル」のアニメ第2話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

グレイプニル|アニメ2話のあらすじネタバレ

引用)http://gleipnir-anime.com/

第2話「空っぽの意味」のあらすじ

河原で女生徒がコインを見つけるシーン。

 

陸上部の更衣室で謎の自販機の話をする一年生ふたり。

「うるせえ、一年」と怒鳴りつけたのは氷川という女子生徒で、河原でコインを拾った女の子だった。

 

氷川が更衣室から出ていくと、一年生ふたり氷川がスポーツ推薦なのにインターハイに出られないと話し始めた。

自販機

氷川は謎の自販機に拾った星のマークのコインを入れてみたが、何も出てこない。

くだらねえとぼやきながら自販機を蹴ってその場を立ち去ろうとした。

 

数歩歩いたときに自販機で音がして振り向くと男の人が立っていた。

彼はありがとうございます。と氷川にお礼を言う。

 

その後、陸上の練習中に凄いスピードを出せるようになった氷川だったが、なんと足から獣の爪のようなものが生えてきた。

身体が変身しかけた状態にあわてる。

 

もう一度河原でコインを探していると橋の上で話し声がする。

それが青木紅愛と加賀谷修一だった。

自分が探しているコインのことのようだった。

修一の行動

ふたりの跡をついていった氷川。

紅愛の部屋に乱入してコインを奪おうとする。

 

着ぐるみに変身した修一をボコボコにしていたが、ふいをつかれて紅愛から顔に何かのスプレーをふきかけられてたじろぐ。

そのすきに修一は紅愛を連れてベランダから逃走した。

 

夜の誰もいない工場のようなところで修一は紅愛に疑問を問いただしていた。

侵入者が来ることをあらかじめ知っていたのではないかと。

紅愛ははぐらかしながら、あの女は私たちを殺しに来ると言い出す。

背中のチャック

話をしている最中に紅愛が修一の着ぐるみの背中に気付きチャックがあることを知る。

紅愛はコインに意味があるように、背中のチャックにも意味があると話す。

 

修一の本当の力を知ることができるかもと紅愛が言って、チャックを開けた。

 

中身は空っぽだった。

 

修一の身体すらなかった。

紅愛が一緒になる?

紅愛はここに入れば修一と一緒になれる気がすると言って中に入ることにする。

ためらいながらも修一もうなずく。

 

紅愛は修一の着ぐるみの中に入る。

フィット感と暖かさを感じる紅愛と、一緒になった間隔を味わう修一。

紅愛の感情や今までの哀しみや苦しみなど、すべてを感じていると話す。

 

どうすればいい?と尋ねる修一に紅愛は何もしなくていいのよと静かに話す。

そして修一をリラックスさせる。

 

紅愛も修一の力を感じると言う。

でも修一はまだその力に気付いていないとも。

 

修一はわかったと言い、二人で一緒にあいつを倒そうと答える。

戦い

そのとき建物の屋根に氷川の姿。

襲い掛かってきた。

 

修一がパワーを紅愛に送り、紅愛が戦う。

まだ力をコントロールできないままそれでも氷川の攻撃に対応する。

 

氷川はありったけの暴言を吐きながら攻めてくる。

形勢逆転

少しずつコントロールできるようになった紅愛は強かった。

氷川が抵抗できないくらい打ちのめす。

 

修一は紅愛の暴走を止められなかった。

 

紅愛は氷川を抑えつけコインの使い方を問いただす。

意地でも答えない氷川。

紅愛は氷川の足を折り、遠くへ飛ばした。

 

修一は自分がやっていなくても感じるその感触に耐えられず涙を流す。

最後に氷川をつかみ上げた紅愛は背中から拳銃で氷川を撃った。

 

修一の中から出てきた紅愛。

事件の後

修一と紅愛は学校の廊下ですれ違っても顔も合わせないし言葉も交わさない。

修一は何もなかったかのように過ごしていたら修一の携帯に電話がかかってきた。

 

紅愛だった。

 

あれから1週間何もなかったから誰にも知られてないわねと明るく話す紅愛。

着ぐるみの中に入った時の感想ややった行動を楽し気に話す紅愛に、暗い顔と厳しい声で修一は言葉を吐き出す。

「なんとも思わないのか・・・」

人を一人殺しておいてと。

 

紅愛は正当防衛だと答える。

修一はもう関わりたくないという。

紅愛の言葉

ばらしてもいいからと立ち去ろうとした修一に紅愛は言葉を投げかける。

一人で戦えるのか?と。

これからも敵が出てくるはずだと。

そして優しい修一には無理だと。

 

修一自身も紅愛がいなかったら無理だったことはわかっていた。

紅愛は言う、修一と自分がいたら大丈夫だと。

修一の不安

変身するたびにたくさんの不安を抱えている修一を紅愛は強いといった。

不安を抱えていたのに、変身して自分を火事から助けてくれた。

 

紅愛は変貌した姉の姿を思い起こしていた。

コインのことも何もわからないし、修一の不安を消してあげることはできないけど、一つだけ約束してあげるという。

修一の身に何かあったときは自分も一緒に死んであげるという。

 

修一は紅愛に「じゃあ、今死にたいって言ったら・・・?」というと、紅愛はわかったといって、高いところに登って躊躇なく飛び降りた。

先に逝って待ってるわねと。

修一は着ぐるみに変身して落ちてくる紅愛を抱きとめた。

紅愛の目的

紅愛は死ねなかったことを残念がっていた。

楽になれたはずなのにと。

 

修一はそんな紅愛がわからないと言う。

 

紅愛は着ぐるみに抱かれたまま姉を探していると打ち明けた。

姉もバケモノなのだというのだ。

 

今持っている星のマークのコインは姉から託されたものだった。

紅愛の姉は父と母を殺して失踪したのだという。

 

私たちが出会ったのは運命よと静かに話す。

半年前

コインのお礼に出てくる謎の男がひとりの少女の願いをきこうとしていた。

するとその少女は願いは自分以外の人にもかけることができるかと聞き返す。

 

とまどいながらもできると思うがと答える男。

 

少女は一緒になりたい人がいるのと目を輝かせる。

その頭に浮かんだ人物は加賀谷修一だった。

Sponsored Links

グレイプニル|アニメ2話の感想

ぴよぴよ

バケモノの本当の力がわかったようなわからないような・・・

るりるり

背中のチャックがあくなんてびっくりだよね。

ぴよぴよ

そうだよ!それに入っていけるというのもびっくり。

るりるり

紅愛ちゃんは最初残酷だと思ってたけど、修一に対する想いは優しいものだし、お姉さんの話を聞いてからはひどいやつとは思えなくなってしまった。

ぴよぴよ

うん、そうだね。

るりるり

それにしても、今度現れた少女の願いの相手に修一が出てきそうなのは気になるね。

ぴよぴよ

そうだね、二人の女の子の取り合いになっちゃうのかな???

るりるり

早く続きがみたいね。

まとめ

今回は「グレイプニル|アニメ2話の感想とネタバレ!修一と紅愛との共同戦線」と題して「グレイプニル」のアニメ第2話の感想とネタバレについてお届けしました。

修一と紅愛との新しい関係が築かれたお話しだった。

次々とバケモノが出てくるお話しのようでドキドキしますね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links