るりるり

今回は「フルーツバスケット2nd」アニメの第7話のあらすじと感想をお届けします。

ぴよぴよ

第6話では燈路の言葉で珍しく落ち込んだ透のこと、描かれてたね。

この記事では「フルーツバスケット2|アニメ7話の感想とネタバレ!こぼれ落ちた由希の想い」と題してご紹介してます。

Sponsored Links

フルーツバスケット2|アニメ7話のあらすじネタバレ

引用)https://fruba.jp/

第7話「スイカ割り大会を始めるのよーっ」のあらすじ

冒頭)由希が慊人と向き合っていたときの由希の想いを表現したシーン。

燈路に弟妹

草摩家の別荘にて。

海岸で遊んでいた杞紗と透。

その傍で電話を受けていた燈路は母親が妊娠したことを明かす。

 

大喜びする透と杞紗。

その声にまぎれておめでとうとつぶやくのは紫呉だった。

 

別荘についたばかりの紫呉は透に他のみんなは?と尋ねる。

買い物に行っていると答える透。

このすきにデートでもしますか?とふざける紫呉の後ろでにらみつける由希と夾。

もののけ憑きの子ども

燈路の母親の妊娠で話が盛り上がる。

純粋にはしゃぐ紅葉。

今度はもののけ憑きの子どもは生まれないから安心だねと話す。

 

もののけ憑きは十二支全員そろっていて、生きている限りは生まれてこないようだ。

燈路の母親は羊になった燈路を見て「羊大好き~」と喜んだ母親だったと話す。

 

それを聞きながら由希や夾、他のみんなの母親のことを考えて心配になるのだった。

スイカ割り大会

燈路の家に子供が生まれるお祝いだと紅葉がスイカ割り大会をしようと提案する。

棒も目かくしもないのにどうやって?と疑問の由希に、潑春は素手でスイカを叩き割った。

 

その次に透が名乗りをあげて他のスイカを素手でわろうとするがあえなく撃沈。

痛いのか、割れなかったからなのか涙を流す。

 

スイカ割りの話をしながら透は自分が母親の話をしすぎていたことに気付き、急に言葉を呑み込んだ。

由希の視線

スイカ割りのかたづけをしながら春が由希にガキどもは?と尋ねるとさっき本田さんと居間に・・・と家の中に目を移す。

紅葉をはさんで杞紗も燈路もお昼寝していた。

 

その3人に風邪ひかないようにお布団をかけてあげる透の姿にくぎ付けになる。

そして自分の過去を思い起こすのだった。

 

毎日のように慊人から暗い部屋で真っ暗な話を聞く毎日。

暗い部屋で思い描いていたもの、欲しかったもの。

 

しかし透の側に夾が寄って行ったのを見て由希は視線をはずし、散歩にでかけてくると春に言う

夾の気遣い

眠っている3人を前にお子様は気楽だなと夾がつぶやく。

 

夾は透に向かって、燈路に何か言われただろう?と問いつめる。

透はためらいながらも夾からはっきり言えと言われて夾の両親の話を聞きたいと口にする。

 

今日は父親とは絶縁状態だし、母親は事故で死んだと告白する。

そして透が何を気にしていたのか察して、お前の親と俺らの親の事情は関係ないと断言する。

そして透が話しやすいように母親とのスイカ割りの話をふってくれた。

 

透は楽しそうに母親とのスイカ割りの想い出を話す。

そして最後に「楽しかった」と言う言葉を言いかけてそっと夾の方を見るととてもやさしそうな眼差しを向けてくれていた。

夾は透に最後の言葉を引き出すように「楽しかった?」と尋ねてくれ、嬉しそうに透が楽しかったという言葉を口にした。

 

夾の透への眼差しは暖かいものだった。

慊人の来訪

別荘の外にある休憩所のようなところで一人読書をしていた紫呉に話しかけてきたのははとりだった。

しぐれが挑発したせいで慊人が別荘にやってきたというのだ。

 

医療用のメスで紫呉を脅してみせる。

 

海岸沿いを散歩していた由希は紅野に会う。

紅野の視線の先には慊人がいた。

 

はとりは紫呉にもう少し由希や夾、本田くんのことを考えてやるようにと言う。

無理やりかき乱してゆがみを生んでしまうと忠告するが紫呉はこれ以上ぼくらはゆがみようがないと答える。

そしてそれならいっそかき乱してもらわないと望む結果は得られないという。

 

慊人が由希に相変わらずひとりぼっちで寂しい子だねと話しかけてくる。

草摩家当主への挨拶

紫呉が慊人が別荘に来ているから挨拶をしにみんなで行ってくると透に伝える。

夾と透は留守番。

今日は慊人のことを昔っから人をあざ笑って楽しんでいるやつだと言う。

 

しばし沈み込んだ透だったが、急に元気にふるまいだす。

そしてみんなが帰ってくる頃には小腹が空いているだろうからと料理をしようとする。

夾に食べたいものを聞くとパンケーキと答える。

 

燈路は杞紗を気遣う。

杞紗は自分が暴力を振るわれたときのことを思い出して透に何かしないかと不安になる。

 

沈んだ表情の杞紗と燈路を見ながら紅葉が春に話しかける。

由希は大丈夫かな?と口にする紅葉に自分の心配をしろという春。

お前、慊人に好かれちゃいないんだから・・・と言われ、僕は平気と明るく答える。

 

でも、早く終わらせて帰りたいなと切ない声でつぶやくのだった。

慊人のいる別荘

一人だけ、裏の玄関から入ってはとりに声をかける紫呉。

紫呉は慊人が紅野を連れてきたことに対して嫌味を言う。

側に置いておかないと不安なのかもしれないとはとりが答える。

 

慊人と紅野がいる部屋に紫呉とはとりが入る。

着いたら真っ先にぼくのところに来いといっただろうと話し始める慊人。

バカはバカなりにもっと俊敏に動けと冷たく言い放つ。

 

慊人は側に黙ってたたずんでいた紅野にお前は下がれ、誰とも会わなくていいと部屋から追い出す。

紅野はだまって部屋から出ていく。

慊人の笑い

はとりは慊人にたまには紅野もみんなと合わせてやればと言うがその必要はないときっぱり却下される。

 

慊人は由希に会ったこと、勘違いするのもいい加減にしたらと優しく諭してあげたと楽しそうに話す。

酷くショックを受けた顔をしていたから今頃どこかでシクシク泣いているんじゃないかと言う。

突然笑い出し、あいつってバカと愉快げにけなす。

 

あんなつまんないやつをせっかく必要としてやってるのに・・・と笑い続ける。

紫呉がそろそろみんなのところにも言ってあげた方が・・・というと慊人は従う。

 

部屋を出る際に紫呉に勝手に帰るなと言い残して。

 

慊人が部屋から出た後はとりに怒っているか?と尋ねる紫呉。

 

しかしはとりは、いや・・・と答える。

何もできずにいる俺よりはやり方はどうであれ、変えようとしているお前のほうがましかもしれないと続ける。

その反応に調子が狂うし、堪えるという紫呉。

はーさんは優しいだけで自分は腹黒いだけ。

由希はいつまでも閉じ込められていた子供じゃないと言う。

 

一番勘違いしたままのおばかさんは、誰だろうね

 

慊人はみんなが待っている部屋に出向くとよくきてくれたね、みんな大好きとゆがんだ笑顔を向ける。

透の散歩

別荘で夾とふたりで待っている透は、みんなの帰りが遅いと心配していた。

電話をかけてみようとするが電話番号を知らないことに気付いた。

 

せめて外を見てくると出ていく透。

海岸のほうに歩いていく。

 

歩きながら4月に学校へ慊人が来た時の由希の怯えた顔を思い出していた。

波打ち際で由希のことを心配していたら由希が透に声をかけてきた。

 

散歩していたという由希。

 

暗い表情ではない由紀を見てまだ慊人には会っていないのかな?と疑問に思う透。

その時流れた流れ星。

透は由希に流れ星のことを嬉しそうに話す。

 

由希は自分の決意を透に話す。

ふたを開けたのだと言う。

慊人のおかげだという。

 

由希は透にお礼を言う。

ありがとう、いつも俺の話を聞いてくれて。

ありがとう、俺の弱さをいつも受け止めてくれて。

遠い、遠い日の想い出を忘れないでいてくれてありがとう。

迷子の君を救えたこととても嬉しかった。

 

透に帽子をかぶせてあげたそのときだけは自分を必要としてもらえた。

それがどれほど嬉しかったかなんてわからないだろう・・・。

 

いつだって救われていたのはおれのほうだった。

いつだって優しさを・ぬくもりを・うれしさを分けてくれた。

惜しむことなく降り続ける。

 

だからおれは負けない、進んでいく。

前へ。信じていけるきっと。

 

けれど・・・と言葉をとめる由希。

透が、けれどどうしてそんな悲しそうになさるのですか?

 

それは君が・・・あの空の様だから・・・哀しいくらい・・・君が愛しいから。

そう言って由希は透の額に口づけ、そして涙を流す。

Sponsored Links

フルーツバスケット2|アニメ7話の感想


イカスミイカスミ

今回はちょっと暗めのお話でしたね。テーマはずばり、「おかあさん」かな?

初っ端からヒロ母の妊娠が判明。もう十二支は産まれてこないから、というハルの台詞が切ないですね。ハルと母親の関係ははっきりわかりませんが、紅葉の母は紅葉を忘れ、ユキの母は無関心、夾母は自殺してしまっています。うまくはいっていないでしょう。

暗さを忘れさせてくれるスイカ割大会は、見てるぶんには楽しかったですね!参加したくはありませんが…素手では割れないよー!

そしてついに来たアキトさん!
ユキを揺さぶったつもり、でしたがユキはアキトの言葉よりも、透と夾の姿に動揺していたように思います。
寝ている子どもたちを見守るシーンは親子みたいでしたもんね。ちゃんと透のフォローをしてあげられる夾も素敵でした。

次回は別荘編の続きかな?
意味深な発言をしたユキと透の行方が気になります!

ききうさききうさ

とにかく最後が切なかったです!それまでの内容が飛んでしまうぐらい印象的でした。愛しいって言葉は温かいはずなのにすごく苦しく感じました。

最初はとても明るく始まって、しぐれが透をデートに誘うシーンでのゆきときょうの顔にわらってしまいました。

スイカ割りではひろの素早いツッコミでテンポよく進む話に見入ってしまいました。

そしてきょうと透が話すシーンはとても温かくて、きょうの楽しかった?と透に聞いた表情が最高でした。きょうの透に対する愛情が溢れていました。

しぐれがあきととの関係をどう動かそうとしているのか、しぐれは優しいのか酷い人なのかますますわからなくなりました。

次回からゆきと透の関係がどうなるのか、またそのことできょうとの関係がどうなるのか楽しみです。

ももすけももすけ

本日も海編からスタートです。

初っ端からひろちゃんのお母さん妊娠おめでとう!ひろちゃんが生まれた時、羊に変身しても受け入れる驚異の懐の持ち主ひろの母。どんな子がうまれるのかなぁ?見てみたいなぁ…。

夾くんと由希くんがいないすきに透くんへセクハラする紫呉。タイミングよく帰ってきた怒りを買う(笑)

由希くんは透くんになにかの面影でも探しているのかな?その穴を埋めてくれる誰かに早く出会うと良いね。
十二支の過去は大抵暗い辛い話が多いから、しれっと話されると心に大きな穴を開けていくので辛い。

ひろちゃんの言われた事を気にして母親の話を控えていた透くんを察してくれる夾くんは本当正義。
そして夾くんが透くんに向ける微笑みは特別で愛おしい。とてもキュンキュンする。

あきとが登場すると大抵由希の心をかき乱しにくるから恐ろしい…これが由希くんへの戦いの試練なのだろうか…。

あきとが来たことによって十二支持ちがあきとの元へ集合してしまうのに、猫憑きの夾くんは置いてけぼり…かわいそう…気にしない夾くんを逆に気にしてしまって食べたいものを作ってくれる透くん尊い。
パンケーキは笑った。

ほとんどの子が透くんの心配をしててさらに尊い。

そしてあきとがいる離れではまた不穏な雰囲気を醸し出している…紫呉の動きは吉とでるのか凶と出るのか…。
離れに呼ばれた皆が心配な透くん。
途中で由希くんに出会い、海辺を歩いていく…途中流れ星とてもたくさん降っている。流星群かな?

そんな中由希くんが悟った様な顔をしている。
透くんのお母さん味によって救われていく由希くんはとても大人な顔つきをしていた様に思う。

最後がとても鳥肌が立つぐらい尊かった…次週もとても楽しみ!早くみたいです!

ひらなつひらなつ

うわぁーゆきくん。。。
第7話、見終わった後の余韻がやばすぎ回ですね〜。

まずスイカ割り楽しそう!というかとおるくん(笑)手で割ったら痛いよ(笑)
楽しそうでなにより!

十二支の皆さんはなんとなく両親との関係がよろしくないイメージがあったけど、ひろくんのお母さん素敵すぎです。「羊大好き」は笑う(笑)

からのあきとさんとゆきくんの対面があって大丈夫かな?って思ってたら、ゆきくんととおるくんの海岸シーン。

流れ星が流れる背景の中、ゆきくんの言葉、伝え方に震えました。ほんとに綺麗。
「君が愛しいから」って!はい、ありがとうございます。
ゆきくんの気持ちを考えると思わず一緒に泣いちゃいました〜。

今後の展開が気になりつつ、次の話が配信されるまで何回も観て浸らせていただきます(笑)

あやあや

今回はヒロのお母さんのおめでたからの
少し切ない回でした。

ヒロのお母さんからの妊娠の報告。
おめでたいと喜ぶ透。
元気な子が産まれるといいな〜。
ちょっとほっこりしたら
普通の子供が産まれるというお話。
少し皆の様子が切なそうでした。
ヒロのお母さんは十二支の子供を受け入れてて
でも他の皆は複雑で…

それからスイカ割り!それは楽しそうでした。
ハルはやっぱりぶっとんでますね(笑)
透がお母さんの事を気にしすぎてハルの真似て素手スイカ割り!…
割れないよね…(笑)

その後の透と夾を見る由希が悲しそうでした、、、
透と夾のシーンは素敵でした。
透のお母さんの話の時微笑みながら聞く夾。
最初の夾からは考えられない表情でした。

アキトが到着してからは
少しハラハラ。。
シグレさんは何を考えてるのだろう…
パンケーキが食べたいという夾は可愛い!(笑)

最後の由希と透シーン!
由希はやっぱり王子様キャラですね。
伝え方が綺麗。
由希の想いが切ない…
今後の展開はどうなっていくのでしょうか。
次回が待ち遠しいです。

まとめ

今回は「フルーツバスケット2|アニメ7話の感想とネタバレ!こぼれ落ちた由希の想い」と題して「フルーツバスケット2」のアニメ第7話の感想とネタバレについてお届けしました。

ほぼほぼ、メインキャストが勢ぞろいし、凄い回になりましたね。

それぞれの想いや前に進んでいく気持ちが描かれていてどのシーンも目が離せませんでした。

 

重大な告白にも似た由希くんの行動・・・次回どうなるのか?

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links