るりるり

動物に変身してしまうことで幼い頃から挫折や辛い思いを経験してきた草摩家の人々。

呪いの呪縛から解放されたいと願いつつ、自分との戦いを繰り返してきたでしょう。

「フルーツバスケット」アニメの第25話のあらすじと感想をお届けします。

本田透が一緒に暮らしている草摩由希と草摩夾。

それぞれに抱える悩みと戦いながら頑なだった心が少しずつ溶けていくのだった。

 

この記事では「フルーツバスケット|アニメ25 話の感想とネタバレ!呪いを解くには?」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第25話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ25話のあらすじネタバレ

第24話では夾の隠していた真実の姿が透の目に触れ、夾は絶望を感じます。

しかしその心を助けたのは透でした。

第25話「もうすぐ夏がやってきます」のあらすじ

夾は自分がひきとられていたときのことを思い出していた。

父親が見放したと言っても過言ではない、夾の世界を広げてくれたのが藉真だった。

 

夾はテレビで言ってたからと藉真のことを師匠と呼ぶようになった。

 

師匠が父さんだったらよかったのに・・・と言ったらどんな顔をするのだろうと夾はいつも思っていた。

 

学校で問題を起こした夾は育ての父親ということで藉真が呼ばれるのを待っていた。

育ての親だというがいったいどんな育て方をしたのやら・・・という教師の心ない言葉に顔を曇らせる夾だった。

 

藉真の悪口を言われるのがいやであいつは父親なんかじゃないと強がって口にしていた。

ハッと飛び起きて夢だったことを知ると夾は階下へ降りていった。

 

紫呉が師匠はお帰りになったよと教えてくれた。

透が送っていったという。

 

後を追う夾。

透の見送り

ある程度まで見送りについてきた透に、この辺で大丈夫ですと藉真は言う。

透は藉真に向かって「やはり夾くんにお声をかけたほうが・・・」と話しかける。

 

わからないんです。

夾を引き取ったのはつぐないのつもりでした。

 

藉真は自分の祖父のことを話し始める。

一族で阻害し、中傷し、ひどい扱いをしていた。

藉真はそんなネコ付きの祖父と一度だけ会ったという。

 

お菓子をくれようとしたが呪われるからいらないと断った。

祖父はそれでも優しく笑って許してくれた。

 

夾を見たときに、周囲の人間の残酷さを思い知らされたという。

そして自分の罪悪感を消すために夾を引き取ったのかもしれないという。

 

でも夾と一緒にいるうちに、愛しさが生まれ、父親になった気持ちになったという。

 

数珠を一方的に取り払って、自分の気持ちを押し付けたから、なんといえばいいのかわからないと藉真がつぶやく。

エゴを押し付けたのに、良かったというのはどうなのか?と悩んでいた。

 

きっかけは自分だったかもしれないが、夾を救ってくれたのはあなただと透に言う。

透は藉真に向かってそれはエゴなんですか?と尋ねる。

自分は何だかあったかい気持ちなんです。と打ち明ける。

 

透は今、師匠さんがお父さんに見えるです。

 

そういったときに夾が現れた。

 

世話ばかりかけてごめん。

師匠を逃げ場所みたいにしてごめん。

おれはまだこんなだけど、いつかは一人で歩いていけるような奴になるよ!

 

師匠が俺のおやじなんだって言えるように・・・と拳を伸ばし、藉真がそれを受け止めた。

長いすれ違いがあったが、遠回りをしてようやく触れ合うことができたのかもしれないねと思う藉真。

 

そのまま夾をふきとばして笑う。

まだまだ世話のやける息子だよ、夾。

 

夾は、「透、今の見てたか?」と透の方を向いて

「俺の師匠は強いんだっていっただろ」と誇らしげに笑う。

 

何度もうなずいて透は笑う。

日常

紫呉と夾と朝ごはんを食べる透。

夾は藉真の道場にまた通うことを話す。

 

そこへ由希がやってきて朝食を食べる。

いつものように箸がぶつかってバトルが始まる。

夾はおれはもうこんなことで騒がないと言いつつ、平静を装う。

 

しかしその後の由紀の「バ・カ・ネ・コ」の一言で豹変するのだった。

学校で

由紀が登校する様子を見ていた潑春。

廊下を歩いている透を呼び止めた。

 

透は夾の姿を見た日から姿を消した楽羅やその日から沈んだ様子の由紀のことを考えていた。

 

由紀はいる?

 

さっきみかけたときどことなく・・・といいかけて潑春は言葉を止めた。

 

潑春は一人でいる由希を見つけて声をかけた。

由紀は夾の姿のことも、その後のみんなの対応のことも今は言わないと自分に誓った。

 

それでも本田さんを安心させるようにした方がいいと言う潑春。

そんなに周囲の言ばかり心配する潑春が心配だという由希。

透と由希

本田さんと声をかける由希。

自分が以前よりできることが増えてきたことを話し始める。

 

でもまだまだだね。

本田さんに心配させちゃって。

まだまだかっこ悪いけど、本田さんに言えないことがあるけど、少しずつ言える勇気が持てるように・・・

 

はいと笑顔になる透。

今年は外に出て行こうと思うという由希。

 

本田さんとの想い出を作るんだという由希。

嫌ならさらっていくからと真顔で由希がせまってドギマギする透だった。

そのあわてぶりに笑いだす由希だった。

 

潑春も一緒に帰る道すがら、楽羅も加わった。

 

紫呉が一緒にご飯を食べようとみんなを呼んだらしかった。

 

帰宅すると綾女がいて、カニを持参していた。

紅葉と杞紗も羽鳥と一緒に尋ねてきた。

あとで燈路くんも来ると言う杞紗。

 

紫呉は草摩の家に急用ができたという。

 

草摩燈路が病院に誰かの見舞いに来ていた。

良かったね退院できるんだってねと声をかけるとその女性は依鈴(りん)と呼ばれていた。

 

もうぐれ兄しかいないって、生易しくないけど・・・

燈路はあきらめていないんだねと尋ねる。

誰があきらめるもんか。

 

絶対に呪いを・・・

 

予感がする。

由紀も夾も何かを感じていた。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ25話の感想

抽象的な最終話。

でも、十二支の呪いをこのままにしては置けないと思う草摩家の人々。

 

この後、それぞれの勇気と頑張りで草摩家の呪いを解いていけるのか・・・

続きがたのしみです。

 

完全に透と夾だと思っていたのに、由希もまだあきらめていないようで、楽羅も元気になっているし、まだまだ先はどうなるかわからない物語です。

まとめ

今回は「フルーツバスケット|アニメ25 話の感想とネタバレ!呪いを解くには?」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第25話の感想とネタバレについてお届けしました。

フルーツバスケット1st.season が終わってしまいましたが、今後につながる展開でした。

草摩家の呪いに立ち向かう人々と本田透との物語はまだまだ続くでしょう。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

フルーツバスケットの他の話も読む

フルーツバスケット アニメ ネタバレ 感想

Sponsored Links