るりるり

主人公の本田透に少しずつ近づきつつある草摩家当主慊人。

その恐怖を感じながらも周りのことを第一に考える透に暖かさを感じる由希だった。

「フルーツバスケット」アニメ第13話のあらすじと感想をお届けします。

高校2年に進学した本田透とその友人たち。

新しい学園生活には草摩家の紅葉や潑春も加わった。

 

この記事では「フルーツバスケット|アニメ13話の感想とネタバレ!由希の兄、綾女」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第13話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ13話のあらすじネタバレ

第12話では草摩の当主慊人と遭遇し、恐怖を感じた透だったが、自分が嫌われていることより怯える由希の心を何とかしようとしたのだった

第13話「元気でいたかな?我が弟よっ」のあらすじ

裏庭の畑で5月には何が収穫できるのか由希に尋ねる透。

野菜の話をした後、先に自宅に戻ろうとした透は足元に脱ぎ捨てられたかのような洋服を発見。

もしやこれは十二支の・・・・・と思っていた矢先、何かが透の洋服の中に入ってきた。

それはへびだった。

由紀の兄

自宅に戻った由希は蛇をつかんで

「こいつの皮をはいで丸焼きにしろ」

と紫呉に何度も言う。

 

草摩綾女(そうまあやめ)は由希の兄で寒さに弱いためすぐに蛇になってしまうのだった。

紫呉が言うには、羽鳥と綾女と自分は小・中・高と同じでマブダチトリオなのだそうだ。

綾女は端正な顔立ちではあったが、性格はかなり破天荒なようだ。

綾女は透を引っ張ってラーメン屋さんに。

綾女と透

自分と由希は年も離れているし仲がいいわけではないという。

綾女は由希のことを話す。

慊人に会った由希が落ち込んでいるのを心配してきたのだという。

 

由紀に対する自分の態度を懺悔したいという綾女。

 

透は自分の母親が母親になって初めて分かったことがあるという話をした。

そしてそれ以上に大切なことは子供の頃の自分の気持ちだという。

子供の頃に感じた気持ちを忘れずにいれば大人になっても理解しあえるという。

兄が苦手な由希

家に帰ると、兄に何もされなかったか?と尋ねる由希にギョーザ定食をおごってもらっただけだという透。

透は由希に綾女のことをどう思っているのか尋ねてみた。

 

嫌いというよりも苦手だと答える。

そのとき綾女の声がして透の服の中から現れた。

怒り狂う由希をなだめようとする透。

綾女がお兄さんの顔をして話していたことを思い出していた。

 

翌朝目を覚ますと自分の布団に一緒にいていきなり抱きついてきた綾女に夾が叫ぶ。

由紀はカギをかけて入れてくれなかったからという綾女。

今夜は透くんの布団に・・・と言いかけた綾女に由希と夾は「帰れ!」と怒鳴った。

綾女の学生時代

翌日学校から帰るとまだ綾女がいた。

学生時代のアルバムをながめながら、紫呉と話していたのだ。

 

透や由希、夾にも聞かせるように学生時代の伝説を話す綾女。

その話にあきれながらも徐々に耳を傾ける由希を見ながら透は綾女に挽回のチャンスですよと心の中で応援していた。

 

長髪でも許された理由や生徒会長だった話。

紫呉と一緒に楽しそうに話す。

 

修学旅行のときに歓楽街に出向いた生徒が退学になりそうになったときに、健全なことなのだからと言って、解決策に今後は自分に欲情すればいいと演説したのだという。

アホ丸出しだという夾。

笑顔で出ていけという由希。

 

紫呉に何とかしてくれという夾だが、紫呉は自分の言葉では綾女は言うことを聞かないという。

羽鳥の言うことを聞く綾女

綾女にとっては羽鳥があこがれで羽鳥の言うことしかきかないのだと。

そこへ出迎えにきた羽鳥。

潑春が連絡したらしい。

 

帰り道、綾女は羽鳥にこう言った。

「透くんて君に少し似ていたよ。

人のことばかり一生懸命になったり・・・・・

僕はそういうのに・・・・・弱いな。」

(どうして言ってほしい言葉を言ってくれるんだろう)

 

由紀は綾女のことをどうしようもない人だと言いつつ、凄いと思う部分はきちんと認めるのだった。

 

翌日学校で由希は潑春に対して

「心配してくれてありがとう」

とお礼を言った。

笑顔になる潑春だった。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ13話の感想

由紀のお兄さんはかなりの美形だが性格が破天荒だ。

凄いけど何だか甘えん坊のような気がした。

 

由紀も綾女が嫌いというわけではなく、ただ苦手だと言うだけなら今後は仲良くなれるかもと安心した。

まとめ

今回は「フルーツバスケット|アニメ13話の感想とネタバレ!由希の兄、綾女」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第13話の感想とネタバレについてお届けしました。

兄弟で十二支に変身するという衝撃の事実と、紫呉や羽鳥と同年代という関係が判明した由希の兄。

少しも呪いを受けているような暗さがないという印象だった。

今後どういう形で由希に関わってくるのか楽しみです。

 

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

フルーツバスケットの他の話も読む

フルーツバスケット アニメ ネタバレ 感想

Sponsored Links