るりるり

十二支の呪いを受けた草摩(そうま)家にいそうろうの身となった本田透(ほんだとおる)と草摩家の人々とのふれ合いを描いています。

「フルーツバスケット」アニメ第10話のあらすじと感想をお届けします。

本田透は両親を亡くして草摩紫呉の家に居候しています。

健気な性格、明るくて芯の強いところが草摩家の人々に影響を与えていくのです。

 

この記事では「フルーツバスケット|アニメ10話の感想とネタバレ!紫呉の欲しい物」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第10話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ10話のあらすじネタバレ

うなされて飛び起きた草摩夾(きょう)は透の朝ごはんを食べずに登校する。

第10話「だって、バレンタインだもん」のあらすじ

バレンタインが土曜日なので、前日の金曜日にチョコの話をする透の友人たち。

女子にチョコをもらって今日がバレンタインだと悟った夾は学校から逃げ出そうとしたが楽羅につかまってしまった。

楽羅のお願い

楽羅がデートしたいというが夾は思いっきり拒否する。

それならと由希と透も含めてダブルデートしようということになった。

 

夾は紫呉に対して由希が大嫌いと言い放つ。

それをからかう紫呉の言葉に家を飛び出した夾。

後を追いかけた透に夾はさっきのことは忘れろと言う。

 

透は夾の抱えるものに対してなんとか理解しようとしていた。

紫呉の欲しいもの

紫呉が大好きな人の夢を見て感傷にふけっていた。

それをぶち壊したのは原稿の締め切りの電話。

編集者からの電話で逃げないでくださいと念押しされてニンマリする紫呉だった。

 

透からのバレンタインチョコを預かって草摩本家を訪れていた紫呉は羽鳥と話をする。

透は由希と夾の精神安定剤のようだとにこにこして話す紫呉に

「満足そうだな、思惑通りに事が進んで」

と皮肉を言う羽鳥。

 

3人で夢をみたときのことを覚えているか?と紫呉は羽鳥に問う。

自分はそれを強く手に入れたいのだと、その結果誰かを傷つけることになったとしてもと鋭い目線で言い切る紫呉だった。

 

そういうときに透を目の前にすると思い知らされる自分が汚いと!!!

慊人と紫呉

羽鳥の代わりに検診と称して紫呉は慊人に会う。

慊人に会った紫呉は

「慊人さんが一番大切ですから・・・・・」

と声をかける。

紫呉の家の前

ダブルデートを楽しんだ4人が家の前に帰り着くと一人の女性が。

紫呉の原稿を取りに来た編集者だった。

 

担当のみっちゃんは紫呉の横で号泣する。

紫呉の横でわめきちらすのだった。

Sponsored Links

フルーツバスケット|アニメ10話の感想

紫呉の怖いというか冷ややかな一面を見たお話しだった。

バレンタインについての盛り上がりがあるのかと思っていたら、そっちは大したことなくて、紫呉の本性めいたものを見た気がした。

 

いつもにこやかに笑っていたが、もしかして一番腹黒いのかも・・・・・。

う~怖いよ~。

まとめ

今回は「フルーツバスケット|アニメ10話の感想とネタバレ!紫呉の欲しい物」と題して「フルーツバスケット」のアニメ第10話の感想とネタバレについてお届けしました。

いつも中立で、お笑い担当のような草摩紫呉が感情的になってみたり、自分を卑下したりといったちょっと変わった雰囲気のお話しだった。

草摩家の呪いとも大きく関係しているのだと思う。

 

紫呉がどんな手を使っても手に入れたいものって何だろう・・・・・???

この先が楽しみです。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

フルーツバスケットの他の話も読む

フルーツバスケット アニメ ネタバレ 感想

Sponsored Links