るりるり

新しくスタートしたイベントでは宝石を探す?

いや、結局プレイヤー同士の殺し合いじゃん!

ということで「ダーウィンズゲーム」アニメの第3話のあらすじと感想をお届けします。

2話で親しくなったシュカと引き離されたカナメは新しくスタートしたイベントに一人で立ち向かう。

閉じ込められたビル内での秘策とは?

思わぬ人物との遭遇で話の展開がますます楽しみになりました。

 

この記事では「ダーウィンズゲーム|アニメ3話の感想とネタバレ!情報屋レインとの共闘」と題して「ダーウィンズゲーム」のアニメ第3話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

ダーウィンズゲーム|アニメ3話のあらすじネタバレ


仲間になったシュカとも引き離された新しいイベント。

ただの宝石探しなのかと思いきやゲームの内容はやはり殺し合い???

第3話「引き金(イグニッション)」のあらすじ

渋谷の街には死人がでたときの人型が現れていた。

通りすがりの人々は最初うわさをしていたが、突然いっせいにその場から離れていってしまう。

ゲームのしくみで一般人を除外するための操作が働いたのだろう。

その場からカナメのいる場所に向かうシュカだった。

カナメ動き始める

ホテルの一室内でゲームの概要をチェックしていたカナメ。

スマホの機能を確認しゲームの始め方を確認する。

 

部屋に落ちていた腕輪をゲットして部屋を出ようとした。

廊下にはすでにいくつもの人型があった。

 

エレベーターと非常階段とどちらを使うか迷っているうちに一人カナメを狙いに来たプレイヤーがいた。

いきなりマシンガンを連写してきた相手。

非常階段を使おうとするがどちらも植物で封じられて降りられない。

 

追いつめられたカナメは宝石のついたリングを手渡す。

それでもカナメを殺そうとする相手。

しかしマシンガンがうまく作動せずカナメはすきをついて銃を相手に向けた。

引き金は最後まで引けなかった。

 

相手はそんな臆病なやつは殺す価値もないとエレベーターで去っていった。

いきどおるカナメ。

レインとの共闘

エレベーターを使おうとしたカナメに声をかけた人物がいた。

情報屋のレインだ。

エレベーターに乗るということは命を落とすということだとレインは言う。

 

一台のエレベーターがカナメの階に到着して、カナメが乗ろうとしたら先程のマシンガンをもったやつがエレベーターの中で植物にからまれて動けなくなっていた。

どうやら一人のプレイヤーのシギルしわざらしかった。

このホテルの中に24人いたはずのプレイヤーも自分たちをのぞいてほぼ全滅している可能性があるとレインは言う。

 

そこでレインはホテル脱出まで一緒に戦わないかと共闘を申し込んできた。

ゲームをながめて楽しむ人

ある大きな会場ではゲームをながめて楽しむ人たちが集まっていた。

富裕層の人物が多いようだ。

大きなスクリーンではプレイヤーの動きを解説していた。

 

一人の年配の男性に声をかけていた若い女性はトリニティの支配人「テミス」だと名乗った。

その時スクリーンではシュカ対4名のプレイヤーでのバトルを映し出していた。

結果はシュカの圧倒的勝利。

 

「見事だ。この国の上位ランカーはあなどれない」と感嘆する年配の男性にテミスはあの子は私のお気に入りだと笑う。

年配の男性との会話で現代の人々は他人を見下すことに飢えているからこそこのゲームを楽しんでいるのだという。

男性の話によれば、テミスはカジノの運営権を任されているという。

カナメの答え

レインはカナメのことを詳しく言い当てる。

それに驚きながらも、レインの説明を聞きながらカナメはこのゲームの仕組みを理解する。

今回のバトルでは終了時まで生き残ることが一番で、それは覚悟の決まらない俺向きのゲームだと自虐的につぶやく。

 

そんなカナメを不思議そうに見てレインはつぶやく、それの何がいけないのかと。

自分は逃げ回って生き残ってきたのだと話す。

カナメはレインと手を組むことを申し出た。

 

レインは戦うことよりも逃げることのほうが戦略的に一般的なのだと説明する。

逃げ続けたことで今のカナメの勝利もあるのだと。

運をつかんだのも自分の行動の結果なのだとカナメに教える。

 

非常階段の植物を調べた後2人はホテル内にある死体を見て他のプレイヤーのことに話が及ぶ。

レインは植物を操るやつが「花屋」だという名前だとカナメに教える。

 

ふと違和感を感じたカナメ。

死体に疑問を抱く。

なぜエレベーターに乗っていた死体だけは人型になっていなかったのか?

 

そして植物にやられた奴はまだ生きていると結論付けた。

その時に先程エレベーターで植物にやられていたプレイヤーが数人の塊となってカナメとレインを襲ってきた。

 

とっさに目くらましでその場を逃げたレイン。

花屋が操っているのではと推測する。

 

こちらの動きがバレているのを防犯カメラのせいだと結論づけたカナメは廊下の防犯カメラを銃で撃ちぬいた。

 

カメラの監視室では花屋が独り言を言う。

「君が手ごわい敵であってくれて嬉しいよ少年。

少しだけ罪悪感が薄れる。」と。

Sponsored Links

ダーウィンズゲーム|アニメ3話の感想


新しいキャラの登場!!!

レインがカナメと手を組むなんて何だか嬉しいというか、負ける気がしないというか。

ここまで冷静沈着なレインが負けるわけがないと勝手に想っちゃいますね。

 

今回シュカはまだ合流できなかったけど、新たなシギルの持ち主の登場やカジノ運営のテミスという女性の登場で、このダーウィンズゲームが組織的なものなのか?と思わせる描写が出てきました。

 

ただの人殺しゲームではなく、このゲームを眺めている側の人間たちもいること。ダーウィンズゲームはすべてのプレイヤーが人殺しを楽しんでいるわけではないことが明らかになりました。

次の展開でどう花屋と対決するのか楽しみです。

まとめ

今回は「ダーウィンズゲーム|アニメ3話の感想とネタバレ!情報屋レインとの共闘」と題して「ダーウィンズゲーム」のアニメ第3話の感想とネタバレについてお届けしました。

ただのバトルでなかったせいでレインとの共闘が実現したカナメ。

やっぱり一人で戦って勝つのもすごいけれど、仲間がいたほうが安心感もあるし、どんなことが起こるのか、どういうやりとりになるのかが想像するだけでワクワクします。

 

ゲームを観戦する側がどういう組織のもとで成り立っているのかはわかりませんが、今後の展開はゲームだけに限らずこの社会のしくみみたいな複雑な要素も入ってくるに違いないと思われます。

4話めが楽しみですね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

Sponsored Links