るりるり

謎めいたリアルゲーム「ダーウィンズゲーム」の初めての戦いに勝利した主人公カナメはシュカという心強い味方を得て少しずつゲームの仕組みを理解していく

今回は「ダーウィンズゲーム」アニメ第2話のあらすじと感想をご紹介。

「ダーウィンズゲーム」2話では、ゲーム内でのしくみやプレイヤーの力関係などが少しずつあきらかになってきます。

 

謎ばかりのストーリーもワクワクしますが、一つずつわかっていくことが増えることでより楽しめるとも言えます。

今回は「ダーウィンズゲーム|アニメ2話の感想とネタバレ!ゲームのしくみが明らかに」と題して「ダーウィンズゲーム」アニメの2話めのネタバレありのあらすじと感想をお届けしてまいります。

Sponsored Links

ダーウィンズゲーム|アニメ2話のあらすじネタバレ

「ダーウィンズゲーム」アニメの2話は1話ほどのハラハラ感はありませんが、謎の登場人物が増えてきて、少しずつゲームのしくみがわかってきました。

第1話「渋谷(ジェムストーンマイン)」のあらすじ

はだかのシュカと同じベッドで目を覚ます場面からスタート。

シュカにせがまれ、カナメは仲間になることを約束します。

 

ゲームに勝ったポイントを換金すると現金として凄い額に。
これが命のやりとりをするゲームならではの代価なのか?とやりきれないカナメでした。

建物の屋上で狐のお面をつけた人物とガタイのいい金髪の男が手合わせしている風景。

12人殺しが誰なのか、初心者狩りのバンダくんがやられた話でこの「ダーウィンズゲーム」にも大きな変化がおとずれるとつぶやく男。

シュカとの待ち合わせ

「ダーウィンズゲーム」の新しいイベント告知が始まった。
新しいイベントについて話し合って対策を練ろうとカナメとシュカはイベント会場となる予定の渋谷で待ち合わせする。

それからのひとときはまるでカナメとシュカのデート。

2人は街や公園を歩き、ショッピングして過ごす。

カナメに近づくイヌカイ

カナメがシュカの買い物につきあって洋服の試着をしているときにイヌカイという人物から携帯を奪われ戦いをいどまれることに・・・・・。

 

あっけなくやられたかに思えたカナメはシギルで武器を取り寄せ逆転劇を演じる。

と同時に助けに現れたシュカ。

2人を相手にすることになったイヌカイは携帯をとりあげられていたためバトル続行をあきらめ降参する。

宝探しイベント開始

そのタイミングで「宝探し」というイベントがスタート。

スタートと同時に転送されバラバラの場所に送られたカナメとシュカ。

 

ここで場面が変わり、登場したのが渋谷をテリトリーとしている凶悪なエイスのリーダーワン。

そこへバトルをしかけたのは炎を操る少女。しかしあっけなくビルの屋上から落下させられ死亡。

 

イベント参加者300人と表示されたカウントが1つ減って299になった。

Sponsored Links

ダーウィンズゲーム|アニメ2話の感想

 

まとめ

「ダーウィンズゲーム|アニメ2話の感想とネタバレ!ゲームのしくみが明らかに」と題してお届けしてきました。

 

1話めにくらべると多少穏やかに時が流れて言った印象ですが、それでもゲームの内容はまったく常識外れの規格外で、結局は死人が出てしまうのは避けられないようです。

 

ゲームの内容も敵・味方もわからなかった1話に比べて少し安心してみることができた内容です。

今度はゲーム内で新しいイベントがスタートしました。

多くの主要人物がゲーム内に顔を出すはずです。

 

1話のドキドキハラハラ感と2話のゆったり感が正反対で緩急つけられているところが凄いなあと思います。

 

次回第3話はますます目まぐるしい展開が待っていそうです。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます。