るりるり

今回は「BNA」アニメ第5話のあらすじと感想をご紹介します。

ぴよぴよ

第4話はアニマシティから人間の世界へと海を渡っていってきたけど、またアニマシティに戻って来たお話しだったね。

この記事では「BNA|アニメ5話の感想とネタバレ!野球にかけるみちるとベアーズ」と題してご紹介してます。

Sponsored Links

BNA|アニメ5話のあらすじネタバレ

引用)https://bna-anime.com/

第5話「Greedy Bears」のあらすじ

野球の試合のニュースで死人が出たという話を耳にするみちる。

 

町中に設置されているバスケットボールのゴールポストにシュートを決めながらシロウと話す。

人間の体よりタヌキ獣人の身体が動くのに楽だと話すみちる。

 

洗濯物を干しているメリッサにバスケをやるようなサークルがないかを尋ねる。

あるよ!と教えてくれたのはバスケではなく野球の試合だった。

ピンクフラミンゴとベアーズ

獣人の姿で野球をしている。

観客席に富んできたボールを投げ返すみちるは力を使ったため魔球になった。

 

試合を見ているとミンク獣人のマリーが声をかけてきた。

試合はすべて賭博だという。

勝負はすべて命がけなのだという。

 

ベアーズのピッチャーが負傷して退場。

キャッチャーのジャッキーがみちるを指名してみちるがにわかピッチャーになる。

 

最初はとまどっていたみちるだが、バッターボックスに立ったフラミンゴの女の罵倒にメラメラと怒りが沸き上がったみちるは魔球を投げた。

次々とストライクでアウトをとっていく。

 

そして九回裏はみちるのホームランで逆転サヨナラ勝利となった。

 

アニマシティの市長バルバレイシロウに野球賭博の話を始める。

野球で絶滅してしまった獣人の話をしながら、賭博の証拠をつかんでほしいという

シロウはマフィアのフリップがかげにいるのは暗黙の了解になっていると示唆する。

みちるの歓迎

ベアーズは勝利して大盛り上がり。

みちるを自分たちの家に招待したジャッキーがベアーズのピッチャーになってほしいと頼み込む。

 

みちるはそもそもくまじゃないからと断るが、そこはあらいぐまで大丈夫と変に納得される。

 

しかし自分には無理だと断り部屋を出ていこうとする。

しかしその後ろで憐れみを誘うようなメンバーの懇願に負けて引き受けてしまう。

 

条件として人殺しも、けがさせるのも絶対やらないことを誓わせる。

試合への勝利

バファローズ vs ベアーズの試合はまたしもベアーズがギリギリ勝利した。

 

その後マフィアたちに頭を下げるベアーズの監督の姿が・・・。

八百長で負ける約束なのだという。

 

今度負けなかったら海に沈めるとたたき出される。

 

ボロボロになって歩き始めた監督に声をかけたのはシロウ。

野球賭博の証言をするよう提案するシロウだが、監督はザ・ファミリーに逆らって生きていけるわけがないという。

あいつらに従っても食い物にされるだけだというシロウに、監督は獣人が野球をやって食っていくにはこの道しかないんだと吐き捨てるように言って去っていった。

負けたい試合

監督はみちるをライトに変更する。

 

監督は獣人初の野球選手として人間の世界でプレーをしようとデビューしたが、差別に会い、とうとう人間を傷つけてしまったのだ。

 

ベアーズの相手はタイガース。

またもやみちるの活躍で勝利してしまった。

 

シロウがその試合を見ていてみちるに助言する。

力を使っているとそのうち、このアニマシティにいられなくなると。

 

みちるは野球好きでバカな仲間のことを話しながら、それでも獣人病になって今初めて楽しいと思えるとシロウに答える。

決勝戦

港のふ頭でクレーンで宙づりにされ、海に沈められながらファミリーの幹部に再度おどされる監督。

今度負ければすべて見ずに流そうといい、ぐったりした監督を残して去っていった。

 

監督はふ頭にこしかけて「どうせ死ぬんだ・・・」とつぶやくのだった。

 

決勝戦の相手はキラーアニマルズ。

ものすごい殺人的な攻撃でベアーズメンバーはボロボロに負傷していく。

監督に指示を求めようとみちるが振り向くとベンチに監督の姿はなかった。

 

黙り込むメンバーを問いつめると負けたらお金をもらえるということになっていた。

目先のお金に目がくらんで夢をあきらめるなんてどこまでバカなの?と怒鳴るみちるにどうせバカだよ!と涙を流すジャッキー。

 

生まれたときから貧乏でこの先も貧乏なのに金に目がくらんで何が悪い?という言葉にみちるは黙り込んでしまう。

 

その頃監督のダンテは観客がかけていたお金を持ち逃げして姿を消していた。

 

その情報が観客席でみていたファミリーの幹部に伝わり、ソバにいた観客が一斉に掛け金がなくなったことを拡散し始めた。

試合場には次々と物が投げ込まれて、試合は中断。

みちると仲間の意地

みちるはひとりでマウンド上で外壁に向かって怒りながら叫び、ボールを投げていた。

そのときにその球を受けたのはジャッキー。

 

歌を歌って奮い立たせていた。

それにつられて仲間たちもベンチから出てきて一緒になって歌う。

 

相手チームも参戦し、試合再開となった。

 

ダンテが逃げようとした先で待ち構えていたのはシロウだった。

シロウは持っていたラジオでベアーズの試合ぶりを聞かせた。

 

みちるが気が付くと監督がベンチに戻っていた。

監督のサインは「お前の持っている力を全部出せ」というもの。

 

ザ・ファミリーは怒り心頭でダンテの行方を追っていた。

そこへシロウが現れてお金の入ったカバンを投げてよこす。

 

シロウは拾ったものとして警察に届けるか?大人しく受け取るかと尋ねる。

ファミリーの幹部はなぜ持ってきた?と問う。

 

シロウは俺も野球が好きで賭けていると答えた。

試合結果

試合会場のかたすみでみちるを観察していたのはシルヴァスタ製薬のCEOであるアランだった。

みちるの獣人化が普通ではないことに興味を持ち始めていた。

 

試合はベアーズが負けてしまった。

しかし観客からは拍手が起こった。

 

ダンテはファミリーの前に引き出されていた。

幹部はまた指示に従うようにとダンテに言う。

 

しかしダンテは賭博ではなく野球をしたいと断りお金を受け取らなかった。

 

シロウは市長に野球賭博の証拠はつかめなかったと報告する。

市長はアニマシティを変えていくのは時間がかかると答える。

Sponsored Links

BNA|アニメ5話の感想

ぴよぴよ

みちるの野球センス凄い!!!パワーはわかるけど、コントロールもいいなんて!

るりるり

本当だね、弱小ベアーズが決勝戦までいったのは絶対みちるのおかげだよね。

ぴよぴよ

弱いチームが夢を見れたのもよかったし、監督に野球を純粋に楽しみたいと思う心が出てよかった~。

るりるり

みちるの真剣さがそうさせたんだよね?

まとめ

今回は「BNA|アニメ5話の感想とネタバレ!野球にかけるみちるとベアーズ」と題して「BNA」のアニメ第5話の感想とネタバレについてお届けしました。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links