ぴよぴよ

影森みちるって、タヌキ獣人だけど以前は女子高生で人間だったって言ってたね?

るりるり

そうなの。

人間社会は獣人たちに冷たいからアニマシティに逃げ込んできたんだけどね。

今回は「BNA」アニメ第2話のあらすじと感想をお届けします。

この記事では「BNA|アニメ2話の感想とネタバレ!みちるの姿は獣人心は人間!」と題して「BNA」のアニメ第2話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

BNA|アニメ2話のあらすじネタバレ

引用)https://bna-anime.com/

第2話「Rabbit Town」のあらすじ

オオカミ獣人に連れられてみちるが行きついた街はみな人間の姿をしていた。

これが普通だとオオカミ獣人は言う。

祭りだったから特別だったことを知るみちる。

獣人判定

みちるは検査を受けて獣人だと判定された。

一年前は人間だったと主張するがオオカミ獣人はありえないと言う。

獣人は獣人、人間は人間だとはじめから決まっているものなのだ。

 

途中で変わるなんて聞いたことはないというジェムはニワトリ獣人で、獣人生活協同組合(通称、獣協)の組合長なのだという。

それを教えてくれたのは妻のメリッサで副組合長、ウォンバット獣人。

メリッサがみちるに渡したのは獣民登録申請の紙だった。

 

みちるは学生証には人間だという証明になる血液型が書かれていると主張するが、その学生証を入れた財布をスリにすられていた。

ジェムもメリッサもあきらめるように諭す。

 

とりあえずはここに泊まるようにとベッドを用意してくれた。

何かあったらシロウに言って!というメリッサ。

隣の扉を開けると先ほどのオオカミ獣人がいた。

 

オオカミ獣人の名前は「大神士郎(オオガミ シロウ)」で、ぶっきらぼうだけどいい人だとメリッサは言う。

アニマシティでの生活

役所では長い列。

順番を競って若い獣人たちが争っている。

ここでは強い者が優先というシロウ。

 

列に並んでいたときに自分の財布をすったやつを発見。

みちるは後を付いて行く。

_______________

その頃シロウはアニマシティの市長にねぎらわれていた。

爆弾犯がテロリストだったのだ。

 

そして新たなお願いをする。

_______________

みちるはスリを捕まえた。

しかしその時顔見知りがきてみちるに話しかける。

ミンク獣人のマリー伊丹だった。

 

マリーと話しているうちにスリが逃げてしまい、みちるはやっぱりスリとマリーがグルだったんだと疑う。

信用が第一だからサービスで教えてあげると答えたマリー。

 

失くし物はラビットタウンで見つかるというのだ。

そこでグラン・グランマを訪ねるように言う。

ラビットタウン

ラビットタウンでみちるがグラン・グランマの名前を出すと、いっせいにみなが色めき立ってきた。

女性ばかりだったが、グラン・グランマのところに連れていかれた。

 

ここでは獣人化して乗り込むというのはケンカの合図だという。

みちるは獣人の姿のまま自分でコントロールできないと必死に言い訳をする。

頼まれごと

みちるの探していた財布を持っていたグラン。

返す代わりに子供たちに読み書きを教えてほしいと言う。

 

男たちに裏切られて流れ着いた女の獣人がいるのがこのラビットタウンなのだという。

 

みちるは子供たちに読み書きを教えると返事する。

みちるが名前の書き方を教えていると絵を描いている子供。

それが獣人の神様、銀狼だという。

マフィア

ラビットタウンにフリップというマフィアがやってきた。

フリップはグランを脅して帰っていった。

 

みちると子供たちは檻に入れられた。

売り飛ばされるのだという。

そのために少しは読み書きができたほうが高い値がついたが、時間がないから仕方ないとグランが口にする。

 

子供たちは、このアニマシティに来る途中に親とはぐれた者なのだという。

弱い者に対する扱いをひどいというみちるに、弱い者はさらに弱い者をふみにじって生きていくしかないとグランが答える。

 

みちるは泣き出す子供たちに自分の身は自分で守ると教える。

そしてケーブルに吊り下げられた檻の中で暴れまわる。

みちるの反抗

みちると子供は檻から脱出できたが、すぐにつかまる。

そこへ現れたのがシロウだった。

 

みちるはグランに心は人間じゃないの?と詰め寄る。

それを聞いたグランはやっぱりあんたは獣人じゃないねと答え、獣人の女が一人で生きていくのがどんなに大変なのかをわかっていないと言いながら、財布を投げてよこした。

 

その後みちるはシロウに向かってもっと早くに捕まったことを知っていながらなぜ助けてくれなかったのか?と問いつめる。

シロウの女子供はおれが守るという考えにどれだけオスが偉いのか?といきまくみちる。

自分の間違いを認めなさいよと学生証を見せる。

 

そこには人間種と書かれていたみちるの人間の姿があった。

Sponsored Links

BNA|アニメ2話の感想


るりるり

みちるは人間だったと証明されたね。

ぴよぴよ

そうだけど、どうして途中から獣人になったのだろう・・・。

るりるり

まだまだ謎だらけだね。

ぴよぴよ

オオカミ獣人のシロウはいい人だと思っていたのに、すぐに助けてくれなかったのが残念だね。

るりるり

きっとシロウにも何かわけがあるのかもしれないよ?

ぴよぴよ

そうだね。それとみちるはこれからここでどうやって生活していくんだろうね。

るりるり

人間と獣人の関係もわからないことだらけだし、今後が気になるね。

まとめ

今回は「BNA|アニメ2話の感想とネタバレ!みちるの姿は獣人心は人間!」と題して「BNA」のアニメ第2話の感想とネタバレについてお届けしました。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links