ぴよぴよ

「BNA」ってタイトルだけじゃどんなアニメなのかわかんないね

 

るりるり

「BNA」は獣人と呼ばれる女の子の物語みたいね。

アニメのあらすじと感想をお届けしていきます。

 

この記事では「BNA|アニメ1話の感想とネタバレ!獣人対人間の対立する世の中」と題して「BNA」のアニメ第1話の感想とネタバレについてご紹介してます。

Sponsored Links

BNA|アニメ1話のあらすじネタバレ

引用)https://bna-anime.com

第1話「Runaway Raccoon」のあらすじ

獣人に対する差別のある社会。

主人公「影森みちる」は女子高生のタヌキ獣人。

襲われるみちる

獣人差別のないアニマシティへと向かっていた。

人間の乗るバスの屋根に乗っていたら、後ろから人間が襲ってきた。

 

バイクと車に乗り込んだ男たちがミチルを襲ってくる。

道路わきの崖から下に滑り落ちたみちるは森の中を必死に走る。

 

アニマシティに逃げ込む獣人を捕まえては殺そうとしていた人間。

取り囲まれてあわやというときに助けが入った。

獣人仲間

獣人が数人助けてくれた。

その中の一人はマリー伊丹と名乗った。

ミンク獣人で、ボランティアだと口にするがみちるは怪しむ。

 

自分の命の値段なのだからと言われてみちるは結局有り金全部もっていかれた。

 

アニマシティに向かう船を降りて、マリー伊丹はここを降りたら後は赤の他人だと言う。

お礼を言って船をおりたみちる。

アニマシティ

アニマシティの中は静寂に包まれていた。

建物のあちこちで獣が吠える声。

夜の真っ暗な闇の中獣人たちが出てきてみちるを取り囲む。

 

怯えていたみちるだったが、獣人たちの記念日だったのだ。

とたんににぎやかな祭りの雰囲気になる。

 

アニマシティの市長がモニターで挨拶をする。

人間との溝はまだ消えないが、獣人の安息の地としてアニバーサリーを祝いましょうと話しをする。

 

歓喜にわきあがる街の中でみちるはもう逃げ回らなくていいのだと喜ぶ。

様々な姿の獣人たちがいた。

 

はしゃいで走っていたら一人の獣人にぶつかってしまった。

白いオオカミ獣人だった。

アニマシティ10年

アニマシティの市長ハダカデバネズミ獣人の「バルバレイ・ロゼ」に人間の総理から10周年の祝いの言葉が贈られる。

しかしそれは脅しともとれるような内容。

 

市長はため息をつくものの、アニマシティのこれからの10年に乾杯をするのだった。

 

みちるは街の中でまたマリー伊丹と再会する。

イタチの人と話しかけてミンクだとキレられる。

スリに会ったみちる

マリー伊丹と話している最中にチンパンジーのようなやつにお金をすられる。

追いかけるミチルだが、見失う。

 

その付近からひとりの獣人が立ち去るところだった。

 

ミチルが鉄骨を叩いたときに、何か爆発音がして巨大モニターを支えていた土台が倒れてきた。

その下敷きになりそうなおじいさんを助けようとしつつも間に合わず、あわやと思った瞬間素早い動きでおじいさんもろとも助けられた。

 

先程の白オオカミ獣人だった。

オオカミ獣人

みちるは白オオカミ獣人に祭りを壊したと叱られる。

自分のせいではないと必死で話すみちる。

 

白オオカミはミチルのにおいを嗅ぎ取って、直前に起こった出来事を透視でもするかのように観察して、納得がいったようだった。

「誤解してすまない」と言葉を残してその場から一瞬で消えた。

爆弾犯

白オオカミ獣人が追いかけたのはさっきミチルがみたという怪しい男。

追いついたときにまた爆発。

 

キツネの獣人は「あいにくニオイのない爆弾だ」とあざ笑う。

しかし白オオカミ獣人は死んでいなかった。

立ち上がってなぜこんなことをしたのか?と問いつめる。

 

キツネ獣人は逃げて、仲間と合流。

ライオンとしかの獣人が銃をぶっ放すがオオカミ獣人はよけて無事。

 

白オオカミ獣人は銃を使っている獣人たちの背後に人間がいたとつきとめる。

人間に飼われたのか?と怒りをあらわにする。

 

請け負った仕事をこなしただけだと言う。

その結果祭りを壊したことは死に値すると激怒する白オオカミ。

白オオカミの怒り

完膚なきまでに叩きのめす。

そこへ現れたみちる。

キツネ獣人がみちるを人質にしようとしたが白オオカミの攻撃の前には無駄だった。

 

抵抗する気力もない3匹をいつまでもなぐり、蹴り続ける白オオカミにみちるはやめてと叫ぶ。

 

それでもやめようとしない白オオカミに感情を爆発させたミチルはものすごいパワーを発揮して白オオカミを吹き飛ばした。

白オオカミが人間を目の仇にする言葉にみちるは声を限りに叫んだ。

「私は人間だったの!」と。

Sponsored Links

BNA|アニメ1話の感想

ぴよぴよ

いきなり獣人というキャラが出てきたね。

るりるり

そうね、びっくり。

ぴよぴよ

人間が獣人を狩ったり、追いやったりしてたけど、獣人は何か悪いことをしたのかな?

るりるり

今の時点ではわからないけど、見た感じでは獣人は悪い人ばかりではない気がする。

ぴよぴよ

それなら人間の差別かな

るりるり

まだわからないけど、主人公のタヌキ獣人みちるは昔人間だったということが判明したから過去のいきさつが気になるところ。

ぴよぴよ

次が楽しみだね。

まとめ

今回は「BNA|アニメ1話の感想とネタバレ!獣人対人間の対立する世の中」と題して「BNA」のアニメ第1話の感想とネタバレについてお届けしました。

主人公影森みちるは人間に追われてアニマシティの中に逃げ込んだ獣人でした。

しかしその過去には何か複雑な事情がありそうです。

今後の展開が気になりますね。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年春アニメまとめに戻る↓

2020春アニメ おすすめ

 

Sponsored Links