るりるり

アイドルを目指す少女たちの成長と葛藤を描いた物語。

ひとりひとりの心に秘めた思いが花開くとき・・・・・。

「22/7」アニメ第5話のあらすじと感想をお届けします。

主人公の滝川みうは引っ込み思案な女の子。

しかし一枚の招待状がきっかけでアイドルの道に進むことになります。

 

最初はすべてに消極的だったのですが、仲間とのふれ合いの中、自分の殻を破ろうとしていきます。

 

この記事では「22/7|アニメ5話の感想とネタバレ!都がアイドルになった理由」と題して「22/7」のアニメ第5話の感想とネタバレについてご紹介していきます。

Sponsored Links

22/7|アニメ5話のあらすじネタバレ

第4話ではみうの一番の仲良しである藤間桜(ふじまさくら)が祖母との想い出で桜の花に対する想いを描いたものでした。

さて、今回はどんなお話しでしょう?

第5話「ひっくり返せばええねんで!」のあらすじ

ため息をついている河野都(こうのみやこ)と遭遇しへnたみう。

そのときカベから指令が排出された。

「ITF」への参加

一週間後にアイドルの登竜門ともいえる「ITF(アイドル東京フェスティバル)」への参加を告げるカベからの指令にゴウダは手配をすると淡々と答えて部屋をでていった。

フェスティバル前日。

参加できるようになったことにカベの力はすごいと思ってしまうメンバー。

いきなり司会者からふられてうまく答えられなかったメンバーたちはそれぞれにお互いの愚痴を言いあっていた。

そこへ都が一言「あか~ん」と叫ぶ。

都の一年前

都は7人弟妹(きょうだい)の長女だった。

母親がバツ4で父親はバラバラ。

 

ケンカする弟や妹たちの面倒をみながら家の火事などをやっていた。

都の提案

ナナニジは結束力が足りんからお好み焼きパーティーをしようと都が言う。

乗り気ではないメンバーに半強制的に参加させようとする。

そして寮の中でお好み焼きパーティーを始める。

都の進路

東京に出てファッションデザイナーになりたいと思った都に「GIP」と書かれた招待状が届いた。

母親が都の父親のことを忘れられなくて泣いていると思った都。

都は父親を探そうとしてみた。

しかしなかなか見つからない。

 

母親は都がアイドルになりたいと思って悩んでいると勘違いしていた。

そして都に投資や!と言ってお金を渡す。

都の格言

お好み焼きの材料に例えて、それぞれの材料の産地は違う。

だけど全部混ぜて焼いてひっくり返せば何とかなる。

 

メンバーも生まれも育ちも個性もバラバラ。

最初は息も合わないしケンカしたりうまくいかなくてもなんとかなるという。

 

フェス当日。

舞台の中でのメンバーエピソードではお好み焼きパーティーのことで大盛り上がりできて大成功。

メンバーでの掛け声を作ろうと都が言ってお好み焼きの具材をそれぞれが声掛けする。

最後に「ひっくり返して~ナナブンノニジュウニ」と叫ぶのだった。

上京

弟妹たちが母親と一緒に見送りに来てくれた。

みんなに手を振られて新幹線に乗り込んだ都は父親を探してみんなを幸せにすると誓うのだった。

 

フェスがすべて終了してバスに乗り込むメンバーを見ながらみうは思い起こしていた。

「あなたがたは選ばれた8人です」

というゴウダの言葉を。

Sponsored Links

22/7|アニメ5話の感想

 

今回は都ちゃんのエピソード!

弟妹多い長女で、みんなが仲良くできるようにいつも心配りをしているいいお姉ちゃんだった。

 

メンバーもその明るさにいつしかまとまっていく。

やっぱりナナブンノニジュウニは8人そろってのアイドルグループなんだから仲良くやってほしいと思うのは当然。

でもみんな個性的だから必ずぶつかってくるときもあると思う。

 

一つ一つのイベントごと、指令ごとに絆が深まっていくグループだと思う。

まとめ

今回は「22/7|アニメ5話の感想とネタバレ!都がアイドルになった理由」と題して「22/7」のアニメ第5話の感想とネタバレについてお届けしました。

ナナブンノニジュウニとしての活動が少しずつ積み重なっています。

その中でメンバーの性格や想いがあきらかになっていくことと、一つずつ自分たちのカベを乗り越えて前に進んでいく姿がとても楽しみです。

 

相変わらずの引っ込み思案で声小さいみうですが、少しずつ打ち解けてきた感があります。

1話のときの自信のなさが現れた声も演技だったのかな?と思うほどで、最近はあまり気にならなくなってきました。

 

他のメンバーのナナブンノニジュウニに対する想いやエピソードについても今後が楽しみです。

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます

↓2020年冬アニメまとめに戻る↓

2020 冬アニメ おすすめ

Sponsored Links