るりるり

22/7(ナナブンノニジュウニ)とみれば分数だと思いきやなんとアイドルグループのグループ名。それも声優さんたちで構成されているグループなんです。

今回は「22/7」という実在する声優グループの成長を描いたアニメについてご紹介します。

まずどういった内容なのかというと年齢も環境も違う少女たちが集まり一つのグループで活動していく物語です。

「22/7」はナナブンノニジュウニという読み方をしていて、公式サイトでは略称としてナナニジと呼んでいるようです。

成長物語的なアニメということになります。

 

この記事では「22/7|アニメ1話の感想とネタバレ!実在声優グループの成長物語」と題して22/7(ナナブンノニジュウニ)のアニメ第1話のあらすじをネタバレありでお届けします。同時に私の感想についても見てくださいね。

Sponsored Links

22/7の意味は?

引用:https://227anime.com/(公式サイトより)

22/7」という数字は、円周率の近似値であり、割り切ることができない数字。 … 割り切ることができず無限に続いていくことから、グループとメンバーの未来には無限の可能性が秘められている、といった意味が込められている。引用:https://moto-neta.com/japanese-music-band/22-7/

秋元康プロデュースのもとオーディションで選ばれた11人のデジタル声優アイドルグループのことなんです。

 

実在するグループのアニメ化となればキャラにもそれぞれの声や個性が振り分けられて、ファンにはたまらない作品になることでしょう。

それではアニメ放送の第1話の内容をみていきましょう。

Sponsored Links

22/7|アニメ1話のあらすじネタバレ


主人公滝川みうは平凡な少女でした。

どこにでもいる・・・・・というよりはどちらかというと引っ込み思案で人とコミュニケーションをとるのが苦手で、アイドルという環境とはまったくかけ離れた日常を送っていました。

 

それがなぜ、アイドル?

 

やっていけるの?どうしてやろうと思ったの?様々な「???」が第1話であきらかになってきます。

第1話「さよなら、私のささやかな世界」のあらすじ

主人公滝川みうはコンビニバイトで病弱な母や幼い妹の生活を支えていた。

ただ人とのコミュニケーションをとるのが苦手で物静かな性格だった。

 

そんなある日芸能プロダクションから謎のメッセージが届き、招待状に沿って出かけていく。

プロジェクトの名前は「GIP」待ち合わせ場所は動物園。そこには次々と少女たちが集まってきた。

 

時間になって黒いスーツの男性が現れ、動物園の地下に案内される。

そこは大きな事務所になっていて、ジムやスタジオレコーディングするところなどなどすべての施設が完備されていた。

 

スーツの男に最後に連れられていったところは一つの大きな部屋。

そこには「カベ」というものがあって、そこから指令が吐き出されるシステムで絶対に従う必要があるという。

 

みうはあまりの世界観の違いにそこを抜けてしまうが、スーツの男は「あなたは必ずここに来る」と言い放つ。

 

日常に戻ったみうを待ち構えていたのはバイト先から言い渡された突然のクビ。

 

店長から接客態度として笑顔やコミュニケーションを求められたが「苦手なんです」と答えるみう。そんなみうに店長は「やりたくないこともやるから仕事なんだよ」と言葉をかぶせる。

 

自宅で妹とお風呂に入っているシーンで、妹から「最近お歌、作ってないの?」と聞かれる。

「はる、ねえねのコンサートにいくのが夢なの」と無邪気に話す妹に「その話は二度としないで!」とぶつける。

心配する母親にもなんでもないと答える。

 

ずっと使っていたキーボードを売りにいった帰り道、母親と妹の笑顔の画像を見ながら河原を歩きながらひとり泣くみう

 

GIPメンバーの活動が始動する日、みうは事務所に戻ってきた。

「自分が一番やりたくないことを、アイドルをやる!!!」スーツの男に答えたそのとき、カベから最初の指令が吐き出されたのでした。

22/7|アニメ1話の感想


なりたくてなるわけでないアイドル。それも一番苦手でやりたくないことと認識してそこへ挑戦していく主人公がこれからどう成長していくのかが楽しみなアニメです。

 

どこが一番のおすすめポイントかというと、通常は

アイドルを目指す少女が夢に向かう物語

という感じだと思うけど

アイドルがきらいな少女がアイドルとして活躍していく

というギャップが今までにない新しいシチュエーションかな?と思います。

 

ただ、キャラと声質が少し合ってないのが私的には残念。

映画の吹替なんかもそうだけど、キャラと声に違和感があると私の場合は感情移入がしづらくなることがある。

 

ただ、物語としては主人公がどう成長していくかを1話1話見ていくストーリーだと思うので楽しみに見たいと思います。

 

他のキャラについても様々な過去や環境があると思うのでそれも少しずつあきらかになっていくのかな???

2話めもこうご期待!!!

まとめ

今回は「22/7|アニメ1話の感想とネタバレ!実在声優グループの成長物語」と題して22/7(ナナニジ)のアニメ版第1話のあらすじと感想についてご紹介してきました。

アイドルグループというのは私の年齢からしたら、娘みたいなもの。

自分にかぶせてみることはないけど、自分の娘が夢を追っているときにいいことばかりじゃなくて、つらいことや、人との関りの中で成長していく姿がかぶってくるので私的には「22/7(ナナニジ)」は注目作品です。

主人公だけじゃなく、他のキャラにも注目してみていきたいなと思っています。

 

るりるり

最後までお読みいただきありがとう ございます。