眩しい陽射しや青い空、白い雲、果てしなく広がる海を見ていると

(夏って最高!)

なんて感じませんか?

 

梅雨時のジメジメとした季節がカラっとあけると待ちに待った海の季節です。

 

比較的新しい「海の日」ですが、7月にぴったりの祝日だと思いませんか?

 

この海の日はどうやって祝日になり、どういう意味があるのかを知っていますか?

 

海の日由来意味を知ったらたまには自分へのご褒美で水着や夏のアイテムを贈り物として海に出かけてみませんか?

 

スポンサーリンク

海の日の由来と意味を調べる

毎年何気なく過ごしていた

海の日

も、今年は由来と意味をしっかり調べて心の底から海を楽しんでみましょう。

 

もちろん海にでかけるためには便利なグッズもたくさんあります。

 

そんな自分へのご褒美もたまにはいいですね。

 

スポンサーリンク

まずは海の日の由来から

海の日というのは

「海の記念日」

という記念日の一つです。

 

明治天皇が1876年(明治9年)に東北地方を回られたときに

明治丸

という船に乗船して東北を後にし、7月20日に横浜港に無事に帰り着かれたことが由来となっています。

 

天皇が軍艦以外の船に乗船されたのがこの時初めてだったそうです。

 

当時はまだ船での旅行などがあまり盛んではなかったそうです。

 

しかし、明治天皇の無事なご帰還が海を行き来する船旅を民間人にとってさらに身近なものにしてくれたのです。

 

海に囲まれていてまだなお海運の盛んでなかった日本にとっては歴史的意味を持つ出来事だったわけです。

 

そして1941年(昭和16年)にこの日を記念して

「海の記念日」

としたそうです。

 

後に海の仕事に携わる人たちによってこの「海の記念日」を国民の祝日にしようという運動が広がり、

 

1996年(平成8年)に

海の日

として国民の祝日に制定されました。

次に海の日の意味を知る

海の日の意味は

「海の恩恵に感謝し、海洋国家日本の繁栄を祝う」

というものです。

 

歴史的背景や由来から考えればうなずけますね。

 

私個人としてはもっと軽い

「海をきれいにして、海と親しもう」

というものだと思っていましたのでちょっと反省です。

 

でもこの海の日の意味ってほとんどの人が知らないかもしれませんね。

 

現在は7月20日が祝日ではなく、

ハッピーマンデー

という祭日を月曜日に持ってくる法律のせいで

 

7月の第3月曜日

 

が海の日になっています。

 

しかし、もともとの由来を考えると

7月20日

という日にちは外せない気がするのですが・・・・・

 

それって私だけでしょうか?

 

ハッピーマンデーもいいですが、きちんと祝日はこの日だと日にちが動かないほうが私は好きです。

 

学生時代や社会人になってからも連休になるかならないか、また週のど真ん中にお休みが来たりというワクワク感もあったりして個人的には楽しかったのですけどね。

 

海へ出かけるときにあると便利なグッズ

海の日の由来や意味を知ったうえでその日を思い切り楽しむのもまた格別だとは思いませんか?

 

人に聞かれても、

「え?どういう日?」

と悩むよりもきちんと知ったうえで説明もできたほうがいいですね。

 

さて海の日にちなんで

海へでかけるぞ~

という人も多いかと思います。

 

そんな時にあると便利なグッズを紹介しますね。

 

海水浴に必要な物は数あると思いますが、あまり思いつかない物の中に便利なものがあります。

ジプロック

海に行くと、どうしても一つ一つの持ち物がバラバラになりがちですし、バッグなどに入れておいても探すのも大変です。

 

おまけに濡れてしまうこともあるので、小銭、ハンカチ、鍵、携帯など一つ一つの小物を小さめのジップロックに入れて保管すると便利です。

 

砂浜に落としてもジップロック入りだと砂まみれにならずに済みますし見つかりやすいですね。

 

小銭なども残りがわかりますし、バラバラにならずにすみます。

保冷バッグ

100均にあるちょっと大きめの保冷バッグで十分です。

 

クーラーボックスはいくら小さめのものでも場所をとりますし、荷物です。

 

保冷バッグなら氷や保冷剤を入れておけば十分使えますし、中身がなくなれば折りたたんで片付けられます。

 

ジップロックに入れた携帯などを入れておけばアツアツにならずにすみます。

パーカー

海は昼間はよくても夕方など、水で濡れた身体には意外と冷えるものです。

 

ましてや濡れた状態でクーラーの効いたお店や車の中に入るのも体を冷やすことになります。

 

こちらも参考にどうぞ
↓  ↓  ↓

淡い色彩が女性らしい優しさを感じさせてくれます。

紫外線対策にもなるUVパーカーで、
UPF50+
なのが嬉しいところ。

おしりまですっぽり隠れるロングタイプと袖口には親指が通せるフィンガーホール仕様になっています。

日焼け対策と水にぬれた身体が冷えるのを予防してくれ、一石二鳥ですね。

見た目も愛らしいので一着もっておくと便利です。

 

小銭(紙幣以外)

紙幣は使いづらい上に水で濡れた手ではよれたり破れたりします。

 

500円玉を10枚くらいジップロックに入れておくといいですね。

 

保冷バッグに小分けにして入れておくといいですね。

 

飲み物を冷やすのには当たり前につかえますが、それ以外にも焼けて熱をもった皮膚を冷やしたり、帰りがけには溶けてしまうので砂のついた手足を洗い流す水代わりになります。

 

冷えピタシート

とにかく冷たくて気持ちいいです。

 

おでこだけでなく首の裏側などにも貼っておくとひんやりして過ごしやすいです。

 

ただ日焼けに気をつけないと痕が残ってしまいますね。

私の地元は海水浴場だらけ

生まれ育った九州の故郷は

海水浴場

だらけという恵まれた場所です。

 

当たり前ですが、春先には潮干狩りができたり、釣りだって可能です。

 

ただの岸壁ではなく、サラサラとした砂浜が続いている、泳ぐのに適した「海水浴場」でした。

 

もちろん、夏場は海の家もにぎやかに開かれていて通っていた高校の運動部はほとんどこの砂浜を走っていたのではないでしょうか?

 

まず主要道路沿いには林があります。

 

木々の奥にかすかに砂浜が見え隠れしていて、その林をしばらく奥へ歩いて抜けるとそこに一面の砂浜と白い波が漂う海辺が開けるというわけです。

 

車の運転をしながらは海水客の姿は見えませんが、ちょっとだけ奥に入ると海・海・海の世界です。

 

う~ん、懐かしい!

 

また海水浴に行きたくなってしまいました。

 

夏といえば海です。

 

天候が良くて波が穏やかな日には海水浴を楽しみましょう。

 

くれぐれも悪天候のときや海の波の状況、自分の体調次第では勇気を持って海のイベントはとりやめましょう。

 

自然の雄大さを物語る海の素晴らしさは言葉では表せませんが、自然を甘くみてはいけません。

 

水の事故だけには気をつけてくださいね。

 

夏に嬉しい「海の日」を海で過ごすためには羽目を外し過ぎないことと、当たり前ですが体調や準備運動なども大切ですよ。

 

素敵な海の日になるといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

 

スポンサーリンク