父の日は何かプレゼントしたい。

 

だけどまだ学生だし、高校生だからそんなに高価なものは渡せない。

 

そんな時にいいアイデアってないでしょうか?

 

高校生父の日に贈るプレゼントとして多いものや参考になるものをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

父の日のプレゼントを高校生が選ぶなら?

まず、高校生がお父さんにプレゼントを贈る

 

そのこと自体がすでにお父さんにとってはプレゼントです。

 

だって、高校生くらいになると友達とのお付き合いばかりが優先され、お父さんと話す機会もほぼなくなりますよね。

 

無口な男の子は普段からあまり話さないでしょう。

 

よくおしゃべりする女の子でさえ、高校生の頃はお父さんとの会話がぐんと少なくなります。

 

お母さんとはちょこちょこ話をするのにね。

 

ですので、基本、何を贈っても喜ばれます。

 

そんな中で考えていくとしたら

 

  • 低予算
  • お父さんの好きなもの
  • 手作り

 

などです。

 

スポンサーリンク

 

低予算で父の日のプレゼントを選ぶ

低予算(1000円前後)でプレゼントを選ぶなら以下のものはどうでしょう?

  • ハンカチ
  • タオル
  • 靴下
  • マグカップ
  • ひざかけ
  • クッション
  • サンダル
  • 灰皿

 

ハンカチは、お父さんがお勤めなら何枚あっても困らない物です。

 

タオルはフェイスタオルというよりスポーツタオルのようなものがプレゼントにはいいですね。

運動やスポーツだけでなく何かの作業をするときにもお父さんがお気に入りのタオルがあるとお父さんも嬉しいですよね。

 

靴下はピンからキリまで、それでいて需要があって、種類も豊富、私のおすすめです。

普段は履かないようなデザインの物も息子や娘からのプレゼントとなるとこっそり履いていそうですね。

 

マグカップ、これはコーヒーを飲んだり家でお茶を飲んだりするのに最適です。

何より値段が手頃なのに種類も多いので選びやすいですね。

 

100円ショップにもとても素敵なデザインがあって驚きました。

 

お父さんに贈るものですので可愛いものやキャラクターものよりも、ちょっと渋めのデザインがいいかもしれません。

 

6月にひざかけ?と思われそうですが、贈るのが6月というだけで一年中使えます。

夏は冷房で寒いときにちょっとかけるといいですし、ソファでうたた寝のときもひざかけは重宝します。

 

何より我が家で息子が高校生の頃父の日に贈って今だに大切に使われています。

 

クッションはソファや車の運転席用の物があるといいですね。

お父さんは自分専用のものって割と好きだと思います。

 

ちなみにクッションは娘が高校生の頃に父の日に贈ってこれもいまだに大切に使われています。

 

色が褪せても、ボロボロになっても自分で選んだものよりも息子や娘が選んだもののほうを大切に使っています。

 

サンダルというのは、ちょっと庭先へとかちょっとコンビニまでという場合にわざわざ靴を履いて出かけるのが面倒だというお父さんにおすすめのものです。

これだとサイズにもあまりこだわらなくてもいいし、毎日つかえるものです。

 

灰皿はタバコを吸うお父さんの場合ですが、低予算でプレゼントできますね。

お父さんの好きなものをプレゼントする

  • ビールやお酒(大人と買いもに行けばOK)
  • おつまみ
  • お菓子
  • 趣味のもの

ビールやお酒って未成年は買えないじゃない!

と思われそうですが、大人(母親)と一緒に買いにいけば何の問題もないですよね。

 

だからといって、母親に買ってきてもらうというのはあまりにも手抜きですのでせめて一緒についていきましょう。

 

おつまみは取り寄せもありますし、普通にスーパーなどであるものをプレゼントとして渡してもいいんじゃないでしょうか?

できればきちんと包みなおしたほうが贈り物らしくていいです。

 

お父さんにお菓子って意外ですか?

甘党だというお父さんは意外と多いものです。

 

私の父は昔っから「栗まんじゅう」が大好きでよくプレゼントしました。

 

ありがとうと言ってみんなで分けて食べたかと言うと、一人で少しずつ食べていました。

子供みたいですね。(笑)

 

趣味の物はお父さんによりますが、何か熱中しているものや集めているものがあればそれに関わるものをプレゼントするのもいいですね。

 

手作りのもので父の日のプレゼントを考える

  • 手紙(メッセージカード)
  • 手作りの料理

 

手紙やメッセージカードは記憶だけでなく、形としても残ります。

子供がその時の思いを文字に残したものですから本当に嬉しいし宝物になります。

 

料理というのはそれほど凝ったものを作らなくてもおつまみ程度のものを一品だけでもお父さんのために作ったとなるとお父さんは大喜びです。

お昼にパスタなどゆでてあげればソースは市販のものだって大丈夫です。

 

本当はすべて手作りがいいでしょう。

 

だけど大切なのは何かをお父さんのためにしてあげたいという気持ちです。

 

何気ない料理がグレードアップすること間違いないです。

 

どうでしょう?

 

何かいいヒントになれば嬉しいです。

 

高校生だとお小遣いも少し額が増えてプレゼントに割ける金額も上がると思います。

 

中にはバイトをして収入がある場合もあるでしょう。

 

高校生はまだ親元で生活していたり、親の働きで生活している場合がほとんどでしょう。

ですのであまり高額なものはかえって心配をかけます。

 

何もプレゼントが思い浮かばない場合は

一緒に過ごす

だけでも十分プレゼントになりますよ。

 

何も二人っきり出なくてもいい訳です。

 

家族ででかける際に一緒に会話をしたり、楽しくご飯を食べるだけでもお父さんには嬉しいことです。

 

いつもがそうした生活ならば父の日には

「お父さん、いつもありがとう。これからも健康に気をつけて頑張ってね」

と感謝の言葉を伝えるだけでもいいと思います。

 

親は子供から何かをほしいと思いません。

 

だからこそ思いがけないプレゼントは言葉の一言でも高価な物でなくても嬉しいのです。

 

なかなか伝わらないかもしれませんが、親から見て一番嬉しいのは子供が元気で明るく過ごしている姿だと思います。

 

でもそれだけではなかなか実感できないときもあります。

 

親だって仕事や家庭のことで頭がいっぱいで余裕がないときもあります。

 

ですので、何もなくてもその日だけは是非とも感謝の言葉を伝えてほしいなと思います。

余談ですが・・・・・

 

息子は高校生のときに主人にひざかけをプレゼントしました。

 

それは1000円以内のもので、近所で買ったものです。

 

でも主人は大喜び!

 

自分専用のひざかけだからとしばらくは誰にも使わせてくれませんでしたよ(笑)

 

娘からはサイン色紙に色とりどりに折り紙などで飾り付けたりメッセージを書き込んで贈っていました。

 

それは主人のお気に入りの場所に何年も飾られています。

 

やはり残るものは特に嬉しいのでしょうね。

高校生が父の日のプレゼントを選ぶならということでご紹介しましたが、私が一番いいなあと思うのは一緒に笑い合いながら過ごす時間です。

 

子供っぽいと嫌がられるかもしれませんが、その日は一緒にゲームやトランプをして騒いだり、家族そろって食事をするというそれだけで素敵な父の日になります。

 

参考になれば幸いです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク