お中元の季節って、地域によっては贈るべき時期が決まっていたりして悩むものです。

 

そして相手が喪中であったりすると、また時期には気を遣います。

 

そんなこんなでついついお中元を贈る時期が過ぎてしまったときに利用するのが

  • 暑中お見舞い(暑中お伺い)
  • 残暑お見舞い(残暑お伺い)

などです。

 

今回は暑中お見舞い残暑お見舞いお中元との明確な違いやどういう贈り方がいいのかをお伝えします。

 

スポンサーリンク

暑中お見舞いと残暑お見舞い、お中元の贈る時期とマナーについて

まず、地域によってお中元の時期が異なることを知っておいてください。

↓  ↓  ↓

お中元の時期はいつからいつまで?九州と東北では違うの?

 

一般的に東北関東地方は6月くらいからお中元が始まり、7月15日までになります。

 

7月16日から8月15日までの時期に贈る場合は

暑中お見舞い(暑中お伺い)

となります。

 

そして8月16日以降になってしまったら

残暑お見舞い(残暑お伺い)

となるんです。

 

逆に西日本特に九州)などでは8月15日までお中元の時期で大丈夫なんです。

 

そうなると、九州に住んでいる人が通常の感覚で関東地方や東北地方に住んでいる人にお中元を贈った場合、お中元の時期をとっくに過ぎている場合があるというわけです。

 

ですので地域的なものによりますが、7月15日以降に品物が届くような場合は

暑中御見舞(暑中御伺)

ののしを使ったほうが確実です。

 

お盆(8月15日)を完全に過ぎてから品物がつくような場合は

残暑御見舞(残暑御伺)

ののしにしましょう。

 

とはいえ、基本的にお世話になっている方への感謝の気持ちを表すものですので、よほどの理由がない限りは

遅いよりは早い

ほうがいいですね。

 

また、のしには内のし、外のしがあります。

 

内のしというのは品物にのしをかけてから包装するもので、主に宅配などで贈る場合に使います。(のしが配送途中で敗れたり濡れたり汚れないように)

 

ですが、御中元は一般的にお世話になった感謝を表すものですから、外のしがほとんどの場合使われることになります。

 

これは品物を包装したその一番上にのしをかけることです。

スポンサーリンク

御中元とハガキでのあいさつは?

基本的にお中元を贈るのとハガキなどで暑中お見舞いや残暑お見舞いを出すのは少し意味合いが違っています。

 

御中元はお世話になった方への感謝の気持ちに品物を贈ります。

 

ハガキは近況報告や家族などの健康について内容を知らせることが多いです。

 

なので、どちらも贈って問題ありませんし、お中元のやり取りの中で届いたお礼を述べたりする機会に最近の近況を話したりする場合はわざわざ暑中お見舞いのハガキや残暑お見舞いのハガキを出さなくてもいいのです。

 

とはいえ、個人的に丁寧に色々出してくださるのって素敵だなとは思います。

 

ただもらった側も返事を書くのが大変だとなったりで、最近は電話だけですませることも多くなりました。

 

昔からのよき風習として少しでも挨拶状や季節のハガキを出す人がいてほしいものです。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

 

スポンサーリンク