お中元というのは日ごろお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるための行事です。

 

ですので贈る側から送り先の相手を見た場合、ほとんどが目上の方になります。

 

贈る側はお世話になっているのでその気持ちを伝えるために気持ちをこめた商品を贈ればいいわけですが、贈られた側というのはどうすればいいのでしょうか?

 

お返しは必要なのでしょうか?

 

今回はお中元を頂いた場合のお返しが必要かどうかと大切なマナーについてお話しします。

 

スポンサーリンク

お中元にお返しは必要かどうか?またマナーってあるの?

まずお中元をもらったときのお返しは

必要ありません。

 

ですが、そこは気持ちの問題です。

 

基本的にはお中元を贈られたからといってもそれに対してお返しをする必要はまったくないんです。

 

しかし、最近ではお中元の持つ意味合いが広がってきています。

 

目上の方にだけお中元を贈るのではなくて、同僚や息子夫婦など自分よりも目下の人にもお中元を贈るという人が増えてきました。

 

そんな場合はお中元をもらったほうとしては気持ち的に

何もせず放っておく

ことが心苦しくて恐縮してしまいます。

 

ですので必ずしもお返しはしない、ということではなく、相手との関係性や年齢や立場に応じてお返しをするのもありだということです。

 

通常はお返しは必要なし

 

しかし年齢や立場によっては

頂いた品物と同等

の物をお返ししても問題ありません。

 

その場合の表書きは

「お中元」

「御礼」

などでいいでしょう。

スポンサーリンク

お返しの際に大切なマナーとは?

お中元のお返しには

頂いた品物と同額程度

が基本です。

 

もし頂いた品物よりも高額なものをお返しとして贈ってしまうとかえって失礼になります。

 

場合によっては

次からはお中元いらないです

という意味にとられかねません。

 

金額の相場には気をつけましょう。

 

大切なことはお礼状を贈るということ

 

最近ではお中元を頂いても電話などでの御礼だけで済んでしまうことが多いです。

 

贈った先が目上の方であれば

「わざわざありがとうね」

でいいかもしれませんが、同等や目下の人が電話だけというのはちょっとマナーとしてはおすすめできませんね。

 

一番いいのは頂いた品物に対するお礼状をすぐにお返しすることです。

 

次にいいのはお礼状が遅くなっても先にお電話などでお礼を言ってその後遅れてもいいのでお礼状をおくることです。

 

お中元に限らず、贈った側というのは

(届いたかな?)

(喜んでもらえたかな?)

と気になっています。

 

その気持ちを汲み取るとすれば、贈った側が目上の人であろうと目下の人であろうと頂いたことをすぐにお伝えすることは大事なことです。

 

マナーというものは相手のことを思って、失礼にならないことが基本です。

 

相手のことを思ってこその贈り物です。

 

マナーとして大切なことはきちんと知ったうえでお中元を贈り合えるといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

 

スポンサーリンク