お中元はお世話になった方への感謝の気持ちを表現する場です。

 

贈り物をするときに気になる事って贈る相手の側が喪中である場合や自分の側が喪中の場合です。

 

不幸があったときって贈り物には気を使いますよね。

 

今回は喪中の場合にお中元をどうすればいいのかについてお話しします。

 

スポンサーリンク

お中元は喪中の場合には贈ってもいいのか?

結論から言います。

 

お中元は喪中のときでも贈っていいです。

 

大丈夫なんです。

 

お中元と喪中との関係について

喪中のときに気を遣わなくてはならないのは

お祝いに関する行事

です。

 

しかしお中元というのは

お世話になった人に感謝の気持ちを伝える

のが目的です。

 

ですのでお祝い事とは性質が異なるんですね。

 

いつも贈っているのに急に贈らないことのほうが失礼になったりします。

 

相手側が喪中、贈るこちら側が喪中の場合

どちらが喪中の場合でも

大丈夫です。

 

どちらが喪中であってもお中元には関係ないです。

 

ですが・・・・・

 

それでもマナーとしては、相手側が喪中の場合にはせめて四十九日が過ぎてから贈るようにしましょう。

 

喪中に贈るのは大丈夫だとは言っても、相手側は気持ちが沈んでいる時だと思いますし贈り物は相手の気持ちを思いやって行うものです。

 

自分の都合だけでなくて相手のことを思うことで失礼にならないような行動がとれると思います。

 

ですが一応最低限度知っておきたいマナーを上げておきますね。

 

熨斗のついた掛け紙を使わず、無地の短冊や包装紙を使うようにします。

 

紅白の水引も控えたほうがいいですね。

 

デパートや贈答品を扱っているお店であれば喪中であることを言えばきちんと対応してくれます。

 

熨斗がついているのはお祝い事だからです。

 

その部分を注意しましょう。

 

四十九日を過ぎて贈るときに通常のお中元の時期を過ぎた場合は?

喪中で四十九日を過ぎてから贈ろうと思ったのはいいけど、通常お中元を贈ると言われる時期を過ぎてしまった場合はどうすればいいのでしょうか?

 

その場合は表書きの部分を

「お中元」

ではない言葉に代えます。

 

暑中お見舞い(暑中御見舞)

残暑お見舞い(残暑御見舞)

 

などの言葉に代えて贈りましょう。

 

贈る相手が目上の方の場合は

 

見舞という言葉を使いません。

 

暑中お伺い(暑中御伺)

残暑お伺い(残暑御伺)

 

という表書きで贈りましょう。

 

暑中お見舞いと残暑お見舞いの時期について

ハガキなどで近況報告をする暑中お見舞いや残暑お見舞いの場合は立秋を境に梅雨明けから立秋までを暑中見舞い立秋から8月いっぱいまでを残暑見舞いとして扱います。

 

ですが、お中元の場合は地方によって時期が違ってきます。

 

 

東日本などでは7月15日までに贈る場合は「御中元」

7月16日から8月15日までに贈る場合は「暑中御見舞」

8月16日以降に贈る場合は「残暑御見舞」

となることが多いようです。

↓  ↓  ↓

 

基本を知っておいて、確実なのはデパートやギフトショップの店員さんに尋ねるのが一番確実ですね。

 

お中元はお祝い事とは違います。

 

もし、間違えて贈っても喪中のことを知らなかったとお詫びすれば何の問題もありません。

 

こちらの記事も参考に
↓  ↓  ↓

お中元の意味って知ってますか?そもそも誰に贈るもの?

お中元の時期はいつからいつまで?九州と東北では違うの?

お中元で悩むのしの名前の書き方!のし紙の種類を調べてみた

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

 

スポンサーリンク