お歳暮 由来 意味

12月になると、何だか慌ただしくなりますよね。

 

一年の終わりでもあるのでやり忘れたことがないか見直してみましょう。

 

そういえば、お歳暮も12月に忘れてはいけない習慣ですよね。

 

あなたはお歳暮をどんな方にお届けしていますか?

 

お歳暮の由来についてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

お歳暮の由来と意味、しっかり知識を詰め込もう

何となく・・・・・。

みんながやってるから・・・・・。

世間一般の習慣なんでしょう???

 

なーんて適当な感じでお歳暮を贈ってはいませんか?

 

かくいう私もお歳暮の由来や意味なんてちっとも知りませんでした。

 

でもせっかく毎年の恒例の習慣なのですから、その意味や由来を知ることも大事ですよね。

 

スポンサーリンク

お歳暮の意味について

「お歳暮」

という言葉の意味だけを考えると一年の終わりのことを指します。

 

現代では年末に、お世話になった方へ物を贈る行為やその品物自体を指すようになりました。

 

お歳暮の歴史や由来について

お歳暮の歴史のもともとのルーツは中国にあります。

 

中国では神様のお祭りで季節に応じて供える物を贈る風習があったそうです。

 

これに日本のお盆という先祖の霊を供養する習慣が合わさってお中元やお歳暮になったと言われています。

 

日本でお歳暮が始まったのは室町時代です。

 

ではお歳暮の由来についてはどうかと言いますと、

 

お正月に先祖の霊を迎える「御霊祭(みたままつり)」という風習があってそのときのお供え物として贈られていたようです。

 

新しい年を迎えるときに福を呼び込むためにお供えされていたのです。

 

その時に贈られていたのは、

  • 塩鮭
  • するめ
  • 数の子
  • 塩ぶり
  • 魚の干物

など日持ちのする物を贈ることが多かったのです。

嫁いだ娘や分家の人が本家にこれらの品物を贈ったそうです。

 

これがやがて

日頃お世話になっている親類や上司、取引先

にも贈られるようになって今現在のお歳暮の習慣があるのです。

 

お歳暮の由来について思ったこと

お歳暮はもともと新年に神様を迎えるためのお祭りの中のお供え物というものだったので、これからのことを呼び込む・・・・・未来のことについてお供えする品物だったのですね。

 

どうにも、歳の暮れ、師走も押し迫った頃に一年の感謝とお礼を兼ねてお世話になった人に贈り物を贈るというのとは、逆の意味にも思えます。

 

 

もともとの由来はこれからの福を願って・・・・・なので未来ですね。

そして現在の由来はこれまでの感謝を込めて・・・・・なので過去ですね。

 

由来を知っておかないとどういうものかもわかりませんでした。

 

しかし、昔からの習慣や考えを取り入れつつそれでいて新しい考え方にも協調していくことも大事なんだなあと感じました。

 

そして、今現在は現在の考え方を取り入れて生活を送っていく事も大事なのでしょうね。

 

お歳暮に関する記事はこちらもあります
↓  ↓  ↓
お歳暮を贈るマナーってある?知らないと失礼に?

 

のしの書き方って迷いますよね
↓  ↓  ↓
お歳暮ののしは「お歳暮」以外にもあるの?正しい熨斗の書き方とは?

 

お歳暮の贈る相手や時期ってどうなの?
↓  ↓  ↓
お歳暮の期間っていつからいつまでに贈るものなの?

お歳暮って誰に贈るものなの?本来の意味をきちんと知ってますか?

 

会社や上司に贈るのは気を遣いますよね。
↓  ↓  ↓
お歳暮を上司に贈るときに大切な事は〇〇〇に気をつける事

お歳暮の会社宛への贈り方!知っておきたい大切なポイントとは?

 

親へ贈るなら何がいいのかな?
↓  ↓  ↓
お歳暮は両親に贈る?気になるおすすめ商品とは?

 

お歳暮の人気商品は何があるの?
↓  ↓  ↓
お歳暮でおすすめ商品のランキングとは?

お歳暮で人気のお菓子って何?喜んでほしい気持ちで贈る品物とは?

お歳暮といえば定番の商品はやっぱり保存が効くハム?

お歳暮で迷ったら何でも選べるカタログギフト!メリットとデメリットは?

お歳暮でお肉や魚介類を贈られるとかなり嬉しい理由と、おすすめの肉とは?

 

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク