入学祝いを贈る場合、入学する本人との
関係によって対応も変わってきます。

 

例えばそれは現金を贈る場合の相場など
にもいえることですね。

 

その送る相手が自分の兄弟や姉妹だった
場合はどうすればいいのでしょうか?

 

今回は入学祝いを贈る相手が自分の兄弟
姉妹である場合の相場やマナーなどに
ついてお話しします。

 

スポンサーリンク

入学祝いを兄弟や姉妹に贈る!その時に考えることとは?

まず、入学祝いを自分の兄弟や姉妹に
贈るというのはどういうシチュエー
ションでしょうか?

 

普通考えられるのが自分と年齢の離れた
妹や弟が小学校、中学校、高校、大学
などへ入学する場合になりますね。

 

早ければ中学卒、高校卒ですでに社会人
になる可能性もあるのですから、自分が
社会人になってお給料をいただいている
のであれば入学祝いは贈ることになって
もおかしくないですね。

 

それに兄弟・姉妹の年齢はまず自分より
も下であることが一般的ですので贈る相
手は弟か妹であるが普通です。

 

もともと入学祝いというものは親しい人
にしか贈りませんので兄弟・姉妹には是
非お祝いをあげると喜ばれること間違い
ないですね。

 

スポンサーリンク

お祝いの金額の相場

弟や妹へ現金を贈るのであれば

5千円~1万円

が相場だと言われています。

 

しかし、自分が社会人ならばいいですが
アルバイトくらいならほんの気持ち程度
でもいいと思います。

 

現金以外に贈るならば

 

  • 小学生なら文房具
  • 中学生なら図書カードやカタログ
    ギフト
  • 高校生になると図書カードや携帯
    電話、カタログギフト

 

などもいいですね。

 

 

そうはいってもお祝いは気持ちです。

 

もし、部活や特定のスポーツ、趣味など
があればそれに関した品物も喜ばれると
思います。

 

例えば

  • ハンカチ
  • 靴下
  • スポーツタオル

などですね。

渡し方はどうする?

本人に直接渡してあげるのが一番喜ばれ
ると思います。

 

もし、現金以外を贈る場合は一緒に新学
期の買い物についていって選んであげる
のもいいですね。

 

自分も入学祝いをもらった先輩として
一番近い存在ですし、弟や妹の年代で
何が喜ばれるか、人気があるかが把握
しやすいと思います。

 

余談ですが・・・・・

私は12歳離れた弟がいるのですが、よく
考えたら、中学・高校・大学などすべて
の入学に際してお祝いというお祝いをし
ていない気がします。

 

(ごめんね、弟!)

 

というより、私が22で結婚したときに
弟はまだ小学生でした。

 

逆に私のお祝いに来てくれた感じですね。

でも今、弟の子供のお祝いは楽しんで
させてもらってます。

 

やっぱり甥っ子や姪っ子へのお祝いは
当たり前に思いつきますものね。

その他の注意点やマナーについて

自分の弟や妹に入学祝いを渡すのは素晴
らしいことです。

 

お祝いをもらった本人もとても嬉しいと
思います。

 

一つ気にしてほしいのが入学祝いの対象
となった本人以外にも弟や妹がいる場合
です。

 

入学ではないかもしれませんが、学年が
一つ上になって進級しますよね。

 

そんな場合はちょっとした進級祝いを
あげると寂しい思いをさせずにすみま
すね。

 

だって、自分だけ何ももらえないって
イヤですものね。

 

今回は自分の兄弟や姉妹の入学祝いに
ついてお話ししましたが、これも義務
などではなく気持ちですし、気持ちが
あっても自分の生活が苦しいのに無理
してお金やプレゼントを贈るのもどう
かと思います。

 

年の離れた妹や弟が大学生くらいで自分
がまだ独身だったりすればちょっと高額
なお祝いをしてもいいでしょう。

 

逆に何かお祝いしてあげたくてもそれほ
ど経済的に余裕がなければ一緒にご飯で
も食べに行っておごってあげたりするの
でもいいのではないでしょうか?

 

きまりがない、自分次第、相手次第で
色々考えられるのが

「贈り物」

のよいところです。

 

兄弟や姉妹の喜ぶ顔をみたいものですね。

 

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

 

スポンサーリンク