こどもの日だし・・・・・祝日だし・・・・・

 

たまには外食したいよね。

 

そんな気持ちもあってかどうかはさてお
いて、特別な日は家でごちそうを作ると
いうご家庭と特別な日は外食するよとい
うご家庭、様々ですね。

 

現代では外食なんてそれほど珍しくなく
なっています。

 

昔はファミレスなんてものも普及してい
ませんでしたから家族そろって外食とい
う思い出もあまりないんですが、それで
も特別な感覚で楽しかったのを覚えてい
ます。

 

さてさて、こどもの日はこどもが主役です。

 

こどもが主役の場合のごちそうとなると
こどもの好きなメニューを選ぶもので
しょうか?

 

こどもの日夕食事情はどうなのか見て
みたいと思います。

 

スポンサーリンク

こどもの日の夕食は家庭でごちそう?それとも外食?

こどもの日には夕食はどうしてますか?

 

そこそこの家庭で違うのは当たり前です
が、その日にどういう行動をとるのか一
日のスケジュールはどうなのかでも変わ
ってきますよね。

 

こどもの日だからと遠出したり、外出す
る場合はどうしても外食が多くなるで
しょうし、逆にこどもの日のお祝いを
家などやる場合は家でごちそうを作る
ことも多いでしょう。

 

ではその割合ってどうなっているで
しょう?

 

こーんな感じです。

 

意外と家で手作りが多いことにびっくり
と同時に感心してしまいました。

 

だって世のお母さんたちは忙しいです。

 

子育てで時間も取れない中、しっかり自
宅で料理してごちそうを作るというのが
素晴らしいと思いました。

 

私はどうだったかな?

 

お子様ランチを作ってあげたような気が
するようなしないような・・・・・

 

どちらにしてもこどもの日だけはこども
の好きなメニューが優先でした。

 

表を見てみると

  1. ちらし寿司
  2. 手巻き寿司
  3. カレー
  4. ハンバーグ

などはやはり人気メニューのようですね。

 

スポンサーリンク

こどもの日は手作りのごちそうよ!という場合

ここでおすすめしたいのは、子供の年齢
にもよりますが、いっそのこと夕食づく
りにこどもも参加して楽しめるといいで
すね。

 

私は仕事を持って忙しい母と一緒に作る
ハンバーグが大好きでした。

 

だってその間は兄弟が多くても母を独り
占めできましたし、母も手伝うと喜んで
くれましたから。

 

ハンバーグのタネを丸めるだけだった気
がしますが、それでもその時の光景は今
でも覚えているほど私にとってはいい思
い出なんです。

 

味や見栄えも大切ですが、こどもが一緒
に参加するという場があるのも素敵です
よね。

 

また子供が小さいと食べこぼしたりしっ
かり食べなかったりで親もイライラしな
がら食事するのってよくないですよね。

 

この日だけはこぼしてもいいような敷物
を用意したり

(我が家は新聞紙です(笑))

手づかみや一口で食べられるものなどを
大量に作るのもありですね。

 

個人的にはたこやきパーティーもありか
な?なんて思っています。

 

他にも世のお母さん方はとても可愛く、
おいしそうな料理を工夫されていて凄い
なと思います。

 

こどもの笑顔がみれれば作った苦労も報
われますよね。

 

まあ、私みたいな料理オンチでなければ
苦労なんて思わないで楽しんで作ること
が多いのかもしれませんが・・・・・。

こどもの日に外食を考えている場合

こどもの日ですので何度も言いますが主
役はこどもです。

 

一般的にこどもを外食させる場合は周囲
への気配りや最低限度のマナーを忘れな
いようにしてほしいものです。

 

こども連れ可能のお店かどうか?

いかにも大人の人が入る静かで落ち着い
た雰囲気のお店はよほど子供が大きくて
しっかりした年齢でないと周囲の人にも
迷惑をかけてしまいがちです。

 

この日はこどもの日ですのでこどもが気
兼ねなく入れるようなお店やファミレス
のほうがいいかもしれませんね。

こどもはじっと大人しく食べることができる年齢なのか?

こどもがじっとして食べるというのはよ
ほど大きいこどもか、逆に自分で走り回
れないくらい幼いこどもかのどちらかで
すね。

 

いぜん、ファミレスでみかけた光景です
が、こどもが店内を走り回ったり食べ物
で遊んだりしていたのに、その親どころ
かその祖父母まで何も注意せずおしゃべ
りに夢中になっていたときがあり、愕然
としました。

 

いまどきの若いママさんは・・・・・

 

と言われることが多いのも一部のママさ
んのしつけのせいです。

 

きちんとしているママさんも多いのです
から、最低限度のマナーを教えたり、ま
だ言うことが聴けないようなら外食させ
ないくらいの心構えが大切かもしれませ
んね。

 

若いママさんはともかく祖父母の年代で
注意をしないなんてそれこそ常識からは
ずれていると思います。

 

親が親なら子も子だと言われても当然です。

 

さらにそういう祖父母や親のもとで育っ
た子供はさらにマナーを守れない人間に
なってしまわないとも限りません。

 

見本は上の世代の人が率先して見せてあ
げましょう。

 

もし、自分たちで子供を見ていてあげら
れない場合はまだ外食は早いと考えたほ
うがいいですね。

こども自身が喜ぶような外食か?

小さい子供を連れて外食していらっしゃ
る家庭の中ではあきらかに親自身が外食
したくて連れてきているということも多
いです。

 

こどもは特に食べたいものがあるわけで
もないのに親に付き合わされて叱られて
怒鳴られて泣きながら食事をする。

 

これではこどもの日の意味がないですよね。

あまりにこどもが小さい場合はメニューに食べられるものがあるのかどうか?

こどもの日だからとまだ離乳食ぐらいしか
食べられない赤ちゃんを連れての外食も時々
見受けられます。

 

お店側にあらかじめ許可をとって、なおか
つ個室などの周囲から見えない場所での外
食ならいいと思いますが、基本的には飲食
店に持ち込みはあまりいいことだとは思え
ません。

 

マナーもですが、万が一食中毒などを起こ
したりすると持ち込んだ食材のせいであっ
てもお店側に迷惑をかけてしまうからです。

 

親戚などを呼んで大人数で貸し切りの状態
での外食はやむを得ないと思いますが、お
店のメニューを食べられないくらい小さい
こどもであれば先に食事をすませておいた
りすることも必要かもしれませんね。

 

こどもの日だとは言え、すべてがこどもの
ためにある日というわけではありません。

 

守るべきマナーを守って、この日にこそ親
がこどもに教えてあげられることはきちん
と教えてあげることもこどもの成長につな
がります。

 

親も子も笑顔で楽しく過ごせるような夕食
の場にしたいものですね。

 

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

 

スポンサーリンク