5月5日は「こどもの日」誰もが知って
いる国民の祝日です。

 

ではどうして「こどもの日」として制
定されるようになったのでしょう?

 

こどもの日の由来について解説してみ
ました。

 

スポンサーリンク

こどもの日の由来をこども向けに簡単に

こどもの日は1948年(昭和23年)
国民の祝日として制定されました。

 

ふつうは男の子の節句として知られて
いますが、今では男の子も女の子も関
係なくお祝いをする日になっています。

5月5日は

「こどもの日」

とも言いますが、

「端午(たんご)の節句」

という言い方もします。

 

端午の端(たん)という字は

「はし、始まり、初め」

という意味を持っています。

 

端午の午(ご)という字は

「うま、旧暦(昔の暦)5月」

という意味があります。

 

午(ご)という読み方と

午(うま)の月

午(うま)の日

という語呂合わせの2つのことから

 

5月5日が端午の節句となりました。

スポンサーリンク

こどもの日はどういう日でしょう?

  ↓  ↓  ↓

「こどもの人格(じんかく)を重んじ
こどもの幸福をはかるとともに母に感
謝する」

  ↓  ↓  ↓

こどものひとがらを大切にして、こど
ものしあわせを願うことと、お母さん
にありがとうという気持ちを持つ

 

こどものお祝いをするだけでなく産み
そだててくれた母に感謝する日でもあ
ります。

 

どこの国から伝わった行事なの?

日本では5月5日は「端午の節句」
として男の子の成長や健康を願う
ために色々な行事があっていました。

 

これはもともとは中国から伝わっ
「厄払い(やくばらい)」
意味があります。

 

厄払いというのは神様や仏様に
お祈りをして、悪いことがふり
かかってくるのをふせぐこと、
災難がこないように追い払うこ
とです。

「端午の節句」に菖蒲(しょうぶ)という植物が関係するわけは?

端午の節句には菖蒲(しょうぶ)という
植物が使われます。

この菖蒲(しょうぶ)ですが、葉っぱの
先がとがっていますよね。

 

これが剣に似ているので男らしく勇まし
く育ってほしいとの思いで飾ったそうです。

 

また、武道や武勇を大切にしていくこと
「尚武(しょうぶ)」と言います。

 

日本では植物の「菖蒲(しょうぶ)」と
武道に関する「尚武(しょうぶ)」が
同じ読み方をしていました。

 

ですので元気に育ってほしいということ
で菖蒲(しょうぶ)の葉を飾られたよう
です。

 

男の子も女の子も元気でいることが
お父さんもお母さんも嬉しいことに
なりますね。

 

最後までお読みいただきありがとう
ございます。

 

スポンサーリンク