敬老の日っていつだかご存知ですか?

 

以前は9月15日でした。

 

日にちが決まっていたんです。

 

しかし、今現在は

9月の第3月曜日

となっています。

 

そう、ハッピーマンデーを取り入れてあるんです。

 

この「敬老の日」という国民の祝日についてどんな意味があってどういう由来があるのかをお話しします。

 

スポンサーリンク

敬老の日の意味について

敬老の日の意味は

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」

というものです。

 

長い年月、社会の中で働いて様々なことを成し遂げて、年齢を重ねた高齢の方々を尊敬し感謝して、長く生きてこられたことをお祝いし、これからの健康を願うという意味があります。

 

おじいちゃん、おばあちゃんは、大きな愛情で地域の子供やそして自分の子供、孫に至るまで様々なところで愛情をかけてきてくれました。

 

自分より下の世代へ知識や技術、生活の知恵、社会のマナーを教えてきてくれたわけです。

 

それって目に見えない部分もありますが、私達はそれに対してもっと感謝をして労わっていくことも大切なのです。

スポンサーリンク

敬老の日の由来について

最初に敬老の日のもとになったのは兵庫県多可郡野間谷村で行われていた

「としよりの日」

だと言われています。

 

その日は

「お年寄りを大事にして、お年寄りの知恵を借りて村を活性化させよう」

というものでした。

 

農業が比較的ひまな時期で気候も穏やかな9月の15日に敬老会などを開いていた習慣が兵庫県全域に広まってさらには全国へと拡大していったわけです。

 

「としよりの日」

 

という響きって何だか嬉しくないですよね。

 

それで表現を変えることになり

1964年に

「老人の日」

になりました。

 

この老人の日が生まれたもとになる兵庫県野間谷村では、国民の祝日の中に

成人になったことを祝う「成人の日」

子供の成長を祝う「こどもの日」

があるのにご老人を敬ったり、感謝する日がないのはおかしいと国に訴えました。

 

その結果

1965年にやっと国民の祝日として

「敬老の日」

が制定されたのです。

 

その時に日付は

9月15日となりました。

 

9月15日から9月の第3月曜日になったのはどうして?

1965年に制定された

「敬老の日」

は2001年に行われた「祝日法改正」のために

ハッピーマンデー

という制度が導入されて、その対象となりました。

 

このハッピーマンデーと言う制度には誰でも賛成したわけではありません。

 

最初にこの祝日を作ろうと考えた人たちや高齢者の団体からは反対意見も出ました。

 

国はその意見を聞いたうえで、2001年に老人福祉法を見直しました。

 

9月15日という日にちは「老人の日」となっていて、それから1週間を

「老人週間」

としています。

 

現在は

9月15日には「老人の日」という記念日があり、そこから1週間を「老人週間」と呼びます。

 

国民の祝日としては

9月の第3月曜日を

「敬老の日」

と定めている。

 

というわけなのです。

 

敬老の日は祝日、お祝いの日です。

 

身近にいるご老人に感謝して、これからも長生きしてほしいと願う日にしたいものですね。

 

 

余談ですが・・・・・

私にとっての実の祖父・祖母はそれぞれ二人ずついます。

 

しかし、4人とも早いうちに他界してしまい、思い出に残っているのは小学生の頃に母の実家にお泊りしておばあちゃんのお布団に一緒に寝た記憶ぐらいです。

 

とても優しいおばあちゃんで、いつもよく来たねと頭をなでてくれたことが思い出されます。

 

亡くなる少し前には母とよく入院している祖母のお見舞いに言った記憶があります。

 

いつも白い病室のお布団の中で母についていった私にお菓子を出してくれていたのを覚えています。

 

この祖母に叱られた記憶がないです。

 

本当に優しい人だったと思います。

 

私にとっての敬老の日はあまりこれをした、あれをした、という思い出が薄いのですが、お年寄りと言われる年代がどんどん上に上がってきて、以前は50代くらいですでにおじいちゃん、おばあちゃんの世代だった気がしますが、今では70代、80代くらいを高齢と思うイメージです。

 

今、自分の親が高齢になっていて何だかあんなに強くて逞しかった父が小さく見え、いつもテキパキ動いて私達子供一人一人に愛情を注いでくれていた母が小さく見えるとちょっぴり悲しい気持ちがします。

もちろん、年齢を重ねた方をお祝いしたり、感謝の気持ちを伝えるのは

「敬老の日」

だけに限る必要はありませんが、この日はまた特に感謝や気持ちをこめたお祝いの日にしたいなと強く思ったりします。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク