9月の国民の祝日である

「敬老の日」

以前は日にちが決まっていて

 

9月15日

 

でした。

 

しかし昨今

ハッピーマンデー

という制度が導入されたために、祝日も毎年日にちが変わってくるということが起こります。

 

「敬老の日」

 

もその一つです。

 

2018年の敬老の日は何日で、なにをする日なのでしょう?

 

スポンサーリンク

敬老の日はいつ?ハッピーマンデーの影響で毎年変わる祝日

 

2018年は  9月17日(月)

2019年は  9月16日(月)

2020年は  9月21日(月)

 

以上のようになっています。

 

毎年変わるのもどうなんでしょうね?

 

スポンサーリンク

敬老の日ってそもそもなにをするの?

敬老の日って

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日」

となっています。

 

由来や意味についてはこちらをどうぞ
↓  ↓  ↓

敬老の日の意味と由来は知ってる?敬老ってどんな意味なの?

でもわかってはいるけど具体的には何をすればいいのでしょう?

敬老の日にお祝いしてますか?

2017年のアンケート調査によると

敬老の日に何かお祝いをした人は

全体の2割強

でした。

 

どう思いますか?

 

意外と少ない気がします。

 

誕生日や父の日、母の日、こどもの日などには色々するけど

「敬老の日」

には割と何もしない人が多いようです。

 

その理由としては

  • 日頃から接しているので特に何もしない
  • 季節の行事のお祝い事はしない
  • 敬老の日以外でお祝いしている

というものです。

確かに父の日や母の日にもお祝いしますし、お誕生日などでお祝いをする場合もあるでしょう。

 

また実家で暮らしていない人はお中元やお歳暮などを贈っているかもしれません。

 

そういえば私も

「敬老の日」

に特に何かした記憶がありません。

 

今思えば子供が幼いときに、もっとおじいちゃんやおばあちゃんにお手紙をかかせたり、電話をさせたりしておくべきだったと反省です。

 

お祝いをする人は何をしているの?

では「お祝いをした」という人は具体的に何をしたのでしょう?

 

  • プレゼントを渡した
  • プレゼントを贈った
  • 一緒に外食した
  • ごちそうを作って家で食べてお祝いした
  • 手紙やカードを贈った
  • 電話をした
  • 一緒に外出した
  • メール・LINEを送った
  • 一緒に旅行に行った

 

などの回答がありました。

 

一番多かったのがプレゼントを渡したというものです。

お祝いするとはいってもこんな問題が・・・・・

せっかくの敬老の日なのにお祝いをしていない

 

そう聞くとちょっと薄情じゃないの?と思ってしまう場合もあると思います。

 

でも理由を聞けば納得です。

 

  • いつも感謝しているので改めてその日だけお祝いするのはおかしい
  • 相手を年寄り扱いすると却って失礼な気がする
  • お祝いをしたい相手(祖父・祖母など)がすでにいない

 

などがありました。

 

そうですね、私も小学生の頃に祖父母がみないなくなっていますので大人になってからは「敬老の日」としてお祝いする相手がいませんでした。

 

だって父母はまだ若いし、おじいちゃん、おばあちゃんという感覚がなかったからです。

 

自分に子供ができてからは、子供からみれば自分や主人の父母はおじいちゃん、おばあちゃんになるのでもっと

「敬老の日」

の意義をきちんと伝えておくべきだったなあと思います。

 

老人福祉法では老人の定義がある?!

日本の法律で老人福祉法というのがあります。

 

この法律で定められている内容によれば「老人」とされるのは

65歳以上

だとなっています。

 

でもこんな法律誰も知らないことのほうが多いですよね。

 

ですので地域の集まりなどで「敬老の日」に何かするとすると、

60歳以上限定、70歳以上限定、など年齢を限定している催しが多いですね。

 

また、小さな孫からすればたとえ40代でも「おじいちゃん」「おばあちゃん」であり、例えば20代や30代からみれば60代以降では老人だと思ってしまう人が多いです。

 

しかし60代の人に尋ねれば70歳以上が老人だと考えるでしょう。

 

ですので法律では65歳以上が老人とされていますが、実際には65歳以上の多くの人が「70歳以上が老人」と考えているわけです。

 

不思議ですね。

 

なにを基準にするのか?

このように老人というくくりをどこで線引きするかはとても難しいものです。

 

ですので何か参考にするとしたら

  • まだ現役バリバリで仕事をしているかどうか
  • 本人が若くあろうと努力しているかどうか
  • 孫がいるかどうか

などを参考にするといいですよね。

 

でもいくら若くても孫からのお祝いなら誰も嫌がらないと思います。

 

だって可愛いし、孫からお祝いしてもらえるなんて最高に嬉しいですからね。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク