敬老の日は9月の第3月曜日です。

 

2018年は

9月17日

になります。

 

おじいちゃんやおばあちゃんに何かプレゼントを考えていますか?

 

食べ物や健康グッズなど色々な品物がありますが、敬老の日に花を贈ってみませんか?

 

お花って身近過ぎて意外と思いつかないプレゼントです。

 

でもギフトなどにお花はよく選ばれること多いんですよ。

 

スポンサーリンク

敬老の日のギフトに花を贈るなら何がおすすめ?

母の日にはカーネーション、父の日にはバラなど、季節に応じたギフトとしてお花が活用されます。

 

でも敬老の日にはこれといったお花が決まっているわけではありません。

 

では、何がおすすめなのでしょう?

 

そしてそのお花はどんな花言葉があるのでしょうか?

スポンサーリンク

敬老の日に贈るのならこの花がおすすめ

親愛や感謝、愛情などの意味を持つお花が贈り物に最適だと思いませんか?

 

花言葉から逆に考えて9月に贈るのにぴったりのお花を見てみましょう。

 

サルビア

「尊敬」

「家族愛」

などの花言葉を持ちます。

 

家族関係が良好な場合には特にマッチしていてすてきですね。

カスミソウ

「感謝」

「幸福」

などの花言葉を持ちます。

 

誰もがよく知っている白い可愛い花です。

 

花束によく使われていますよね。

 

主張の強い花の周りを盛り立ててくれて、メインとなるお花の美しさをひときわ強調してくれるそんなお花です。

 

わき役と思われがちなお花ですが、私はカスミソウが大好きです。

 

カスミソウだけの花束も素敵ですよ。

 

リンドウ

「誠実」

「愛情」

などの花言葉を持ちます。

 

紫の鮮やかなお花です。

 

最近ではこの紫色という高貴さを象徴するりんどうの花が敬老の日の定番になりつつあります。

 

敬老の日にお花を贈る場合は通常であれば花キューピッドなどでおまかせでアレンジしてくれますので、基本の色とどうしても入れたいお花だけを告げると素敵に見繕ってくれますよ。

 

もし私がお願いするとすれば

 

中心になる花には黄色いお花を入れてもらってカスミソウをあしらってもらいます。

 

基本の色彩はあなたの好みでもいいですし、おじいちゃんやおばあちゃんが好きな色や好きなお花を入れてもいいと思います。

 

感謝や家族愛、親愛、愛情、などの花言葉を持つお花でもいいですし、自分が大好きなお花や色を選んでもいいですね。

 

お花のプレゼントはもらった人は誰もが笑顔になれるようなプレゼントです。

 

今はお花屋さんにいかなくてもネット上で手軽に注文ができるので手間もかかりませんし、助かりますね。

 

お花を贈る手配をする
↓  ↓  ↓

送料無料のフラワーファーム

 

お花って今では季節に関係なく色とりどりのきれいな花を選ぶことができます。

 

あらかじめ予算を告げておくことで、希望のプレゼントを用意することができます。

 

お花のプレゼントは贈られる方も気持ちが和やかになります。

 

敬老の日に向けてお花を選んでみませんか?

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク