ハロウィンはもともと日本のお祭りでも行事でもありません。

 

外国で行われたことが由来となっています。

 

日本でお祭りのように騒がれるようになったのはつい最近のことです。

 

ハロウィンの由来や歴史について見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

ハロウィンの由来や起源、歴史について

ハロウィンというのはヨーロッパの

古代ケルト人

が由来のもとになります。

 

現代では仮装して大騒ぎするので何だかお祭りのようなものだと思われがちですが、宗教に基づいた神聖な行事です。

 

「万聖節」

というキリスト教の前夜祭も関係があるようです。

スポンサーリンク

ハロウィンの日付について

10月31日です。

 

その起源は何でしょう?

 

ケルト民族の暦によると

 

11月1日が新年の始まりとなっていました。

 

ということは10月31日は日本でいう

「大晦日」

のようなものですね。

 

1年の終わりには作物の収穫をお祝いする祭りを行っていました。

 

その他にも死者の魂が家族に会いに来ると考えられていて、その時に悪魔も一緒に来るということを信じられていたのです。

 

ですのでハロウィンの「10月31日」と言う日付は

  • キリスト今日の万聖節の前夜祭
  • ケルト人の大晦日

が合わさったようなものです。

 

この日付はヨーロッパでもアメリカでも日本でも曜日には関係なく

 

10月31日

 

なのです。

 

ハロウィンという言葉の語源は?

キリスト教では11月1日には

  • 全ての聖人
  • 殉教者

を記念する祝日です。

 

そしてその前夜の10月31日は

「All Hallpw’s Even」(諸聖者の日の前夜)

と呼ばれ、それが

「Halloween」

「Hallowe’en」

と略されたのがハロウィンの語源となっています。

 

ハロウィンはいつから日本に?

日本でハロウィンに関係する出来事といえば、

 

1970年代にキデイランド原宿店がハロウィンに関連した商品を売り出したことが一番の起源です。

 

そして1983年に原宿表参道で行われたパレードには100人の人が仮装して参加したそうです。

 

この頃はハロウィンの認知度はまだ低くて参加者には外国人が多かったようです。

 

ハロウィンは日本ではまだ歴史の浅い行事ですが、若い人を中心に楽しむ人が増えています。

 

どうせ楽しむのであれば由来や起源などをしっかり把握しておくといいですよね。

 

友達に教えてびっくりされるのも面白いかもしれません。

 

こちらの記事も参考に
↓  ↓  ↓
ハロウィンって何?ハッピーハロウィンってどういう意味?

ハロウィンは日本ではどういうことをするの?いつから伝わったの?

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク