母の日は5月にありますよね。

 

何となくは覚えていると思いますが、正確な日にちは毎年変わってしまうのでなかなか覚えづらいですね。

 

母の日は

5月の第2日曜日

です。

 

母の日とはどんな日なのか、由来や歴史はどうなのかを見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

母の日とは?

母の日とは、日ごろのお母さんの苦労を労わって、感謝を表す日です。

 

日本とアメリカは5月の第2日曜日となっていますが、世界各国で少しずつ違うようです。

母の日の由来

もともと母の日はアメリカの南北戦争が発端です。

 

一人の女性が主人公です。

 

その人の名前は

アン・ジャービス

と言います。

 

アン・ジャービスは夫や子供が戦場に向かうのを送ることを今後絶対に拒否しようと立ち上がって

「母の日宣言」

をしたそうです。

 

しかし、悲しいことにこの活動は普及されず最初に宣言したアンの娘が亡き母親を思って日曜学校の教師をしていた教会で記念会を行い白いカーネーションを贈ったことがもとになっています。

 

娘の名前はアンナ・ジャービスと言います。

 

この時に白いカーネーションが母の日のシンボルとなりました。

 

1914年にアメリカの記念日に5月の第2日曜日が「母の日」だとウエストバージニア州の知事が定めたことが由来となっています。

 

スポンサーリンク

母の日の歴史

1913年に、アメリカで母の日に白いカーネーションを亡き母に贈った女性から青山学院にメッセージが届きました。

 

そして当時青山学院にいた女性教師たちの働きにより日本でも「母の日」が定着していくことになります。

 

その後も「母の日」に関する制定があったものの普及には至らないことが多かったようです。

 

1931年(昭和6年)には大日本連合婦人会が結成され、3月6日を「母の日」としたが普及には至らず。

 

1937年(昭和12年)の5月8日に

「森永母の日大会」

が豊島園で開催されました。

 

1949年(昭和24年)ころからようやく5月の第2日曜日を母の日とするようになってきました。

余談ですが・・・・・

ゴールデンウイークでバタバタしているとあっという間に母の日になってしまうことが多く、いつも贈り物が間に合わなくなりそうでアタフタしていることが多かった私です。

 

5月の第2日曜日というのはくせもので早い場合は8日、遅い場合は15日と開きがあります。

 

遅いときはまだいいのですが、いつもゴールデンウイークに贈り物を選んでいたので8日が母の日になった年はゴールデンウイークに決めていては遠方の母には間にうように届かなくて困っていました。

 

それならもう少し早くから考えて手配すればいいのに・・・・・

 

という話ですよね。

 

はい、その通りです。

 

いつも間際でバタバタしてしまうと心のこもった贈り物ができないので、今年こそは早くから計画しようと思っています。

 

母も高齢になってきましたので一回一回の母の日を大切に考えていきたいと思います。

 

ちなみに母はもともと物欲のない人でしたが年をとってからはさらに何もいらないようです。

 

一番嬉しいのは私達こどもに元気で会えること。その次が電話などで声を聴けることだそうです。

 

遠方なので毎年正月に帰るくらいです。

 

自分の子供が巣立った今、もっと母に何度も会えるようにしたいなと心の底から思います。

みなさんは母の日はどんな計画がありますか?

 

自分も母として子供からお祝いしてもらうのはとても嬉しいです。

 

私も一番嬉しいのは

「お母さん、いつもありがとう」

という言葉です。

 

贈り物も嬉しいですが、やはり言葉や実際に会えるのは最高ですね。

 

こちらの記事も参考にしてくださいね。

 

母の日ってやっぱりお花かな?
↓  ↓  ↓

母の日に贈るカーネーションのおすすめは?種類や色、形について

義母への母の日のプレゼントで花以外には何がおすすめ?

母の日に花を贈るとするなら何がいいの?

 

お花以外のプレゼントも人気です。
↓  ↓  ↓

母の日のプレゼントでおすすめのスイーツはなに?

母の日のプレゼントに食べ物を贈ろうと思う

母の日のプレゼントで実用的なものって何?

 

贈る私は社会人、そんなあなたにおすすめは?
↓  ↓  ↓

母の日のプレゼントで50代、60代で喜ばれる物を社会人として考えてみた

 

お母さんがとっても喜ぶよ!小学生でもできる折り紙にお父さんと一緒にチャレンジ
↓  ↓  ↓

母の日のカーネーションを折り紙で作ってみた

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク