母の日はカーネーションっていうじゃないですか。

 

確かにカーネーションを贈れば間違いはないと思います。

 

母の日の象徴だし、とてもきれいで持ちもよくて・・・・・

 

でもね、でもありきたりだと思うんですよ。

 

たまには違うお花を贈っちゃダメでしょうか?

 

母の日にカーネーション以外のおを贈る場合におすすめは何なのか考えてみました。

 

スポンサーリンク

母の日に贈るならやっぱりお花

お母さんのイメージって産み育ててくれた感謝もありますが、やはり女性としてのあこがれや尊敬もあると思うんです。

 

私は自分の母をとても尊敬していますしあんな母親になりたいというあこがれもあります。

 

そして女性としてふさわしいのってやっぱり

お花

なんですよね。

 

母もお花好きですし・・・・・

 

そもそも花が嫌いな女性っているんでしょうか?

 

まあ、

花より団子

が好きって人もいるかもしれませんが、それでも花が嫌いではないと思うんです。

 

ということでそれならさっさとカーネーションを贈ればいいじゃないのっていう話なんですが、それだとありきたりだし全国のお母さんが全部カーネーションのイメージかというと、自分の母親のイメージなんかもあったりして、こだわりたい場合も出てきますよね。

 

ということで一番いいのはお母さんが好きな花を贈ることですがそれ以外におすすめの花はどんなものか考えてみました。

 

スポンサーリンク

母の日に花を贈る場合のおすすめは?

カーネーション以外に人気の花はたくさんあります。

 

花言葉と一緒に見てみましょう。

バラ

「赤」愛情、美、情熱

「青」夢かなう、奇跡

「白」純潔、深い尊敬

「黄」友情、愛情の薄らぎ

「ピンク」上品、しとやか

ユリ

「白」純潔、威厳

「赤・ピンク」虚栄心

「黄」陽気、偽り

「オレンジ」華麗、愉快

「カサブランカ」威厳、純潔、高貴

「ヤマユリ」荘厳

ガーベラ

「ピンク」崇高美

「白」希望、律儀

「赤」神秘

「黄」究極美、親しみやすい

「オレンジ」我慢強さ

ラン

「胡蝶蘭(こちょうらん)」

(清純)ピンク(あなたを愛しています)

「カトレア」魅惑的、優美な貴婦人

「デンドロビウム」わがままな美人

「デンファレ」わがままな美人、有能

「シンビジウム」飾らない心、素朴

「紫蘭(しらん)」変わらぬ愛、あなたを忘れない

「オンシジューム」可憐

アジサイ

「青」冷淡、無情、辛抱強い愛情

「ピンク・赤紫」元気な女性

「白」寛容

ひまわり

愛慕、崇拝

 シクラメン

「赤」嫉妬

「白」清純

「ピンク」憧れ、内気

などが一般的です。

 

でもこの花っていう特定の希望がなければメインの花を選んで後はおまかせで花束を作ってもらったりできますし、カタログの中から選ぶこともできます。

 

私がよくやるのは好きな色を決めてその色をメインにした花を適当にアレンジしてもらうというものです。

 

また予算を告げて

「この範囲でお願いします」

というのでもいいですね。

 

花は一凛でもいいのです。

 

気持ちを伝えることが一番です。

 

カーネーション以外を贈るメリット

  • 気分が変わる
  • オリジナリティがある
  • 経済的にもお得
    (カーネーションは季節がら高騰するから)

 

カーネーション以外だと「母の日」のプレゼントというよりも一女性へのプレゼントって感じですね。

 

どちらにしても母の喜ぶ顔を想像しながら花を選ぶのって楽しいですね。

 

カーネーションは母の日のプレゼントの定番です。

 

しかし、違ったお花を贈ることで頭を悩ませるのも、また相手を思えばこそです。

 

昨年とちょっと変わった贈り物にしてみるのもいいですね。

 

お花は素敵だけどお花以外では何がおすすめなの?
↓  ↓  ↓
母の日のプレゼントでほっぺたも落ちちゃう極上スイーツは?

母の日のプレゼントに食べ物を贈ろうと思う

母の日のプレゼントで実用的なものって何?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

スポンサーリンク