クリスマス 由来 起源 歴史

 

クリスマスは今や知らない人はいないほどポピュラーな行事です。

12月25日にクリスマスツリーを飾って、パーティーを開き、サンタクロースがトナカイのひくソリにのって子供たちにプレゼントを持ってくる。

誰もが思い描くクリスマスですが、その起源や由来、歴史についてどれだけ知っていますか?

今回はクリスマスの起源や由来、歴史についてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

クリスマスの由来、起源、歴史について

クリスマスという言葉とその習慣や行事というものは誰もがすぐに思いつくものだと思いますが、その起源や由来、歴史についてはスラスラと説明できるほど知っている人ってあまりいないのではないでしょうか?

 

どんな起源や由来、歴史があるのでしょう?

スポンサーリンク

クリスマスの起源とは?

イエス・キリストの降誕(誕生)をお祝いする日です。

 

12月25日がイエス・キリストの誕生日というわけではありません。

 

キリスト教ではこの日を

キリストの誕生を記念する日

として位置付けています。

 

クリスマスの由来とは?

Christ(キリスト)+mas(ミサ=礼拝)が語源と言われています。

 

クリスマスの歴史とは?

イエス・キリストの誕生日ではないのにこの日がクリスマスとしてキリストの生誕をお祝いする日となった理由の一つに

「冬至の祭り」

が関係しています。

 

この当時の祭りというのは古い昔から行われていて、ローマ帝国では太陽を神様だとあがめる太陽信仰を行っていました。

 

そして日照時間が短くなると死が近づくと怖がられていたのです。

 

そして冬至は日照時間が一番短い日でその日を境にだんだんと日が長くなることから太陽の復活としてお祝いをしていた祭りだったのです。

 

そしてイエス・キリストを「世の光」と呼んで太陽の復活と重ね合わせていたことから12月25日をクリスマスとしてお祝いするようになったのです。

 

古代ローマの冬のお祝い事Saturnalia

 

これって宗教上のお祝い事とは少し違う意味で、

農作や収穫の神様に関連付けられたお祭りです。

 

通常の雇い主と使用人の立場が逆になってもだれからも文句を言われない

 

過去にはクリスマスが禁止されていた時代もあったようです。

 

それは17世紀中ごろから18世紀はじめまでで、それが復活したのが19世紀中ごろです。

 

それから現在に至るまでに現在のお祭り色の強いクリスマスの行事になっていったといわれます。

 

現在ではみんなで楽しくお祭り騒ぎ、はしゃいで笑って浮かれて・・・・・。

 

とても明るいイメージのクリスマスです。

今の時代に生まれてよかったな・・・・・とおもったりします。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク

 

というお祭りでした。

 

日にちは12月17日に定められていたようですが、それから1週間ほどの期間があったといわれています。

 

 

天使のララセラム