七五三 由来 意味

七五三は

3歳、5歳、7歳になった子供の成長をお祝いする行事です。

基本的には

11月15日

に行われます。

 

でも、なぜ3歳と5歳と7歳なのか、どうして11月15日なのか意外と知らないってことありませんか?

 

今回は七五三の由来について見てみたいと思います。

 

スポンサーリンク

七五三の由来や意味、その日付になったわけとは?

「子供の成長をお祝いする行事」

ということは何となくわかっていても、

  • どれくらい昔からある行事なのか?
  • どういう理由で始まった行事なのか?
  • 行事にこめられた意味や願いとは?
  • 日付が11月15日になった理由とは?

などいざとなるとしっかり説明できないことに気づきました。

 

なので一度どういうことなのかしっかり調べてみたいと思います。

スポンサーリンク

七五三の由来や歴史

古くは室町時代にまでさかのぼります。

 

昔は幼い子供の死亡率がとても高くて生まれてから3~4年経ってからやっと氏子大腸(今でいう戸籍のようなもの)に登録されていたそうです。

 

子供が幼いうちに亡くなることなく、無事に成長したお祝いをその生まれた土地の神様に感謝する意味で始まったようです。

 

これが行事として定着したのが江戸時代です。

 

江戸幕府5代将軍「徳川綱吉」が長男徳松(とくまつ)の健康を祈ったことがもとになっている

と言う説が伝わっています。

 

最初は武家や公家中心の行事だったのが明治時代になって子供の成長と幸せを願うお祝いとして一般家庭にも普及して今現在に至るようです。

七五三の意味

七五三としての行事の大きな意味と各年齢ごとの意味は次のようになっています。

 

 

七五三とは

「子供の成長を感謝し、健康を願い、お祝いする日」

 

 

各年齢ごとの意味

  • 3歳「髪置きの儀」・・・江戸時代には3歳まで髪を剃る習慣があったのでそれを終了する儀
  • 5歳「袴儀」・・・男児が袴を着用し始める儀
  • 7歳「帯解きの儀」・・・女児が大人と同じような広い帯を結び始める儀

 

 

なぜ11月15日なの?

主に2つの説があるようです。

 

その1

江戸時代に五代将軍「徳川綱吉」が自分の子供「徳松(とくまつ)」のお祝いをした日だから

その2

11月15日が二十八宿の

鬼宿日(きしゅくにち)

にあたることで、婚礼以外のお祝い事ならすべてに吉とされていた日だから

 

また、旧暦11月は秋の収穫を神様に感謝する月で、その日の満月である15日に一緒に子供の成長も感謝したから

現代の七五三

家族や子供の都合に合わせて日付も11月15日前後で特に決まりなく行われることが増えてきました。

 

  • お父さんの仕事の都合で休みがとれない
  • 11月15日は神社が混み合う
  • 子供が体調を崩した
  • 天候が悪かった

 

などなど、今は七五三も適度にばらけて行われることが多いようです。

 

もともとの趣旨は

「子供の成長を祝う」

ものですから、なるべく家族が揃って、それも気持ちにも余裕があるときにお祝いしてあげられる環境がベストだと思います。

 

全国の子供が必ず11月15日に七五三のお祝いをしなくてはいけない

 

わけではありません。

 

ですので家族や子供の都合優先でまったく構わないと思います。

ただ、さすがに11月前後ならわかりますが、春や夏などまったく違う季節に「七五三」を行うのはあまり見かけませんね。

お参りする神社でも11月15日を基本に考えてあると思います。

 

ですのでその前後でお参りしたり、ご祈祷の予約をしたりするのがおすすめです。

 

七五三って、子供の成長を写真に収められる特別な行事です。

 

大きくなってから見返すと、親から愛情をもらっていたんだと感じることもありますし、小さいのに精いっぱいおしゃれしている姿は家族の歴史にも残ります。

 

今回七五三の由来や意味をせっかく知ってみて、なお一層子供への愛情ある行事にしてあげたいなと感じます。

 

お祝い事って基本というものがあります。

 

しかし、それを我が家流に少しずつ変化させていくのが現代の特徴のような気もします。

 

形だけにとらわれずに、家族がみな笑顔になれるようなお祝いの場になっていくのが望ましいですね。

 

あ、そうそう、最低限度の常識やマナーは大切です。

周囲に迷惑をかけたり、誰かがイヤな想いをするのは違いますからね。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク