七五三 男の子 着物 袴

最近では七五三は子供でもドレスやスーツなどでお祝いすることも増えましたが、まだまだ着物や羽織り袴姿が根強い人気です。

 

普段着ない和装は小さい子供にとっては大変かもしれませんが、一生に一度の男の子の晴れ姿ですし、和装で七五三をと思う場合も多いでしょう。

 

今回は七五三で悩まない、男の子の着物や袴選びについてお話しします。

 

スポンサーリンク

七五三では男の子は5歳が中心のわけと着物や袴を着る理由

七五三では男の子のお祝いをするのは3歳と5歳と言う地域が多いようです。

 

しかし、もともとは3歳は女の子のお祝いで「髪置きの儀」というものです。

↓  ↓  ↓
七五三の内容と意味について

 

そして5歳のときに男の子のお祝いをするわけは5歳のお祝い

「袴儀」

と呼ばれるもので、袴を着る習慣があったからなのです。

 

スポンサーリンク

3歳、5歳の男の子の特徴と着物や袴姿について

3歳、5歳くらいの男の子と言えば

  • 動きが活発
  • やんちゃ盛り
  • じっとしていない
  • 親の言うことがまだまだ聞けない

などの特徴があります。

中にはききわけのいい男の子もいるでしょう。

 

しかしこの年ごろの男の子なら元気に動き回りたい頃だと思います。

 

そんなときに普段着なれない

着物

を着付けしてもらうだけでも大変ですが、いざ着てからも動き回るのには色々と不便かもしれませんね。

 

写真を撮るスタジオなどでは室内ですのでさほど問題はありませんが、神社の境内を歩いたり、外を歩く場合にはどうしても袴の裾は汚れてしまうでしょう。

 

一生に一度のお祝いで正絹で作った高価な着物や袴も素晴らしいですが、洗濯しやすい物だとパパもママもあまりイライラせずにすみますね。

 

ポリエステル製のもので探してみてもいいかもしれません。

 

またそんなに何回も着ない服装ですので、レンタルもおすすめです。

 

1回きりだからレンタルでもいいわという方におすすめ
↓  ↓  ↓

購入するよりも1/3~1/4の値段ですみますね。

 

今ネット上でも10点セットなどと七五三の装いに必要な小物なども含めてセットで販売されているものが多いですので

何がいるんだろう?

と心配しなくても大丈夫ですよ。

 

こちらは10点セットになっています。
↓  ↓  ↓

 

スーツなどは着回しがききますが、それでも3歳や5歳の年齢であれば成長が早いためほんの1~2年で小さくなって着れなくなることもあります。

 

せっかくのお祝いですので、もし七五三本来の意味を考えたり、習慣を重んじるようであれば

男の子には着物(羽織)袴

をおすすめします。

 

大きくなってから写真を見返すととても思い出になって素敵です。

 

我が家の場合は

長男にはお宮参りで着せた着物を仕立て直して袴だけ用意して着せました。

ですので、それほど料金などはかかっていません。

 

和装って写真映えしますよね~。

 

下の長女も着物姿でした。

 

もし、兄弟で一緒に七五三をする場合は洋装、和装はそろえてあげたほうがいいですね。

 

和装の場合に必要なのが草履ですが、私は小さい頃草履の何がいやって、鼻緒が食い込んでとても足の指の間が痛かったのがイヤでした。

 

よく動き回る子供にとっても鼻緒の食い込みはつらいものです。

 

近くに呉服店などあれば相談してもいいですが、自分で判断するときは子供さんの足よりも3~4センチ大きめのサイズを選んであげればさほど食い込みません。

 

草履は靴に比べて小さめにできているので、3~4センチ上のサイズをはかせてもそれほど大き過ぎないですよ。

 

その他にも足の甲が高いと鼻緒が締め付けるので痛いです。

 

試着できるのが一番ですが、ネット上などで選ぶときはサイズギリギリでなく余裕をもったサイズで選んであげてくださいね。

 

七五三の記事はこちらも参考に
↓  ↓  ↓

七五三をやる年齢は数え年?早生まれだったらどうすればいいの?

七五三の時期はいつ?12月でもいいの?

七五三は男の子と女の子はいつやるの?何歳がおすすめ?

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク