七五三 男の子 女の子 おすすめ

子供が元気で成長してくれているお祝いとその土地の神様への感謝をする行事として有名な

七五三

ですが、最近では親や祖父母との二世代、三世代同居も少なく、若いパパやママだけで準備したり予定を立てたり・・・・・。

 

わからないことや困ったことも出てくるでしょう。

 

でも大丈夫です。

 

わからないことは一つずつ解決していけばいいのです。

 

それに一番は子供のお祝いをする気持ちです。

 

せっかくのお祝いの行事なので楽しんでできるといいですね。

 

今回は七五三の男の子と女の子、それぞれの年齢と何歳でやるのがおすすめなのかを考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

七五三、男の子は何歳?女の子は何歳?

男の子 女の子
3歳
5歳
7歳

 

一般的には七五三の年齢は

 

男の子・・・3歳・5歳

女の子・・・3歳・7歳

となっています。

 

その土地によって男の子は5歳だけという土地もあるようです。

 

子供が生まれたときの一番近くの神社や、今現在住んでいる土地の神社などで七五三を行う人が多いと思います。

 

神社に問い合わせてみると確実ですね。

 

言い方を変えると、違う神社や大きな神社に行けば男の子は3歳と5歳でもいいという場合もあります。

 

現代は数え年や満年齢などの決まりもあまり細かく考えることは少なくなってきました。

 

ですので、今の年齢(満年齢)が

 

男の子・・・2歳、3歳、4歳、5歳

女の子・・・2歳、3歳、6歳、7歳

ならば七五三の対象になるということになります。

↓  ↓  ↓
七五三をやる年齢は数え年?早生まれだったらどうすればいいの?

 

おまけに七五三をやるのは

11月15日

だけだと決まっていません。

 

前後の日にちにずらしたり、10月~12月の間で都合のよい日にちを選んでわざと混雑を避ける人もいます。

↓  ↓  ↓
七五三の時期はいつ?12月でもいいの?

 

中には、

  • 海外への赴任が決まっている
  • 子供の病気の関係で体調がいい日に

などの理由で季節はずれの春や夏に七五三をする方もいらっしゃいます。

 

時期がずれてしまう場合は訪れる予定の神社へ

「七五三のお祝いをしたい」

ということをしっかり告げて、それでも祈祷してもらったりお参りしてもいいのかを尋ねてみるといいですね。

それでも日本の古くから伝わった行事ですのでやはり

11月15日にこだわりたい

という場合もありますよね。

↓  ↓  ↓
七五三の由来は何?何をする日なのか知ってますか?

 

スポンサーリンク

七五三は何歳でやったほうがいいの?おすすめは?

では一般的に七五三は何歳で行うのがおすすめなのか、考えてみました。

まず、2歳(数えで3歳)や3歳などで行う場合と、もう一段階成長した年齢(男の子なら5歳、女の子なら7歳)で行う場合の違いは何があるでしょう。

 

3歳で行う場合

 

メリット

  • 愛らしさが残るので可愛い時期に写真に残せる
  • 最初の子供なのでかかりっきりでお祝いしてあげられる
  • 祖父母に早くお祝いをみせてあげたい
  • 上の子供がちょうど七五三で重なるので一緒にすませてしまいたい

 

デメリット

  • 子供がぐずって長時間じっとしていられない
  • 写真撮影のときにいいショットがとれない
  • 混雑の中を連れまわすと疲れてしまいグダグダになってしまう

 

5歳や7歳で行う場合

 

メリット

  • 言ったことを理解できるのでぐずることが少ない
  • 着付けや写真撮影など小さい子供より辛抱強く待てる
  • お兄ちゃんらしさやお姉ちゃんらしさが見れる
  • 親の精神的負担は軽くなる

 

デメリット

  • 小さい頃の晴れ着姿が残せない
  • レンタル衣装など、小物なども本人が納得しないとなかなか決まらない
  • 下に兄弟姉妹がいれば自分が主役となれない気がする

 

などなどです。

 

でもメリットもデメリットもどちらかというと親の都合で考えることがほとんどです。

もし子供にとっての祖父母もいらっしゃるようでしたら、意見を聞きながら何歳で七五三を行うか選択していくといいでしょう。

 

一番困るのは、自分や周囲や本人が納得していないのに無理にスケジュールを決めて強行突破することです。

 

後々、楽しかった思い出よりも、イヤな気持ちのほうが残ってしまってはせっかくのお祝いが台無しです。

 

みんなの意見をすべて取り入れてみんなが満足できるようにもっていくのはなかなか簡単ではありません。

 

そんな時は子供の体調や気持ちを優先してあげられるといいですね。

 

 

我が家は年子でしたのでお兄ちゃん4歳(数えで5歳)妹は3歳(満年齢の3歳)で同時に七五三をやりました。

それぞれの子供のお祝いも楽しいですが、一度に二人の晴れ姿と笑顔が残っているのもまたステキです。

 

何より、親もスーツなどきておしゃれをするわけですので、一度で済んだのはありがたかったです。

 

家庭ごとの状況や環境、兄弟姉妹の有無、祖父母との意見のやりとり、パパやママの仕事の都合などたくさんの要素を考えながら、思い出に残るお祝いにしてあげられるといいですね。

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク