千歳あめ 七五三 

七五三は子供の成長をお祝いし健康であることをその土地の神様に感謝してお参りする日です。

 

毎年11月15日となっています。

 

最近では、お父さんの仕事の都合や家族の集合できる日にちに合わせて神社へのお参り日をずらしたり、子供の体調に合わせて別の日に変えたりして日にちもバラバラになってきました。

 

今回は七五三の知っているようで知らないマナーと必ずもらえる千歳あめについてみてみましょう。

 

スポンサーリンク

七五三でのマナーってあるの?千歳あめはどうして七五三につきものなの?

七五三で神社にお参りするのには、神前でお賽銭を入れてお参りする方法と、神主さんにお祓いをしてもらうために祝詞(のりと)をあげてもらう方法の二種類があります。

 

ただ参拝だけなら何も予約なしでかまいませんが、きちんとお祓いしてもらうためには予約が必要なことが多いです。

 

事前に連絡をして問い合わせたほうが確実です。

 

当日は謝礼として初穂料(はつほりょう)をお渡しすることになります。

 

神社に着いたらどうする?

神社の入り口には鳥居があります。

 

神社によっては鳥居がいくつもあるところも・・・・・。

 

鳥居をくぐる度に一礼しましょう。

 

また鳥居をくぐって進む参道は「神様の通り道」と言われています。

 

歩くときは端のほうをあるきましょう。

 

手や身体を清める

神社には参拝する前に必ず手水舎(てみずや)があります。

 

清め方の順番

  1. 右手で柄杓(ひしゃく)をとって水をくみ、左手にかけて左手を清めます。
  2. 左手に持ち替えて右手を清めます。
  3. もう一度右手に持ち替えて左手に水をためその水を口に入れてすすぎます。
  4. その後もう一度左手に水をかけて清めます。
  5. 使った柄杓を立てて柄の部分に水を伝わせるように清めて柄杓を元の場所に戻します。

1~5番目までの動作は一回すくった水で行い、何度もくみなおしません。

 

 

賽銭箱の前に着いたら一礼

↓  ↓  ↓

鈴があれば強く鳴らす(神様に自分が来たことを伝える行為)

↓  ↓  ↓

二礼二拍手一礼

神社に行くときに準備すること

神社に行くときに準備しておくことを確認しておきましょう。

 

初穂料(はつほりょう)

神主さんに祝詞(のりと)をあげてもらうためにのし袋にお金を入れて持参します。

 

水引は紅白の蝶結び

表書きの上段には

「御初穂料」

「御礼」

「御神饌料」

「御玉串料」

と書いて、下段には子供の名前を書きます。

子供のトイレ

洋服ならまだしも、着物などの和装の場合は一度着つけてもらった後にトイレに行くのが大変です。

 

子供もトイレに行きたくなったらそんなに我慢できません。

 

洋服を着替えさせる前にしっかりトイレを済ませてあげておきましょう。

 

子供の靴

子供は草履に慣れていません。

 

鼻緒が痛くてぐずってしまうこともあるでしょう。

 

普段履き慣れた靴を持参しておいて、お参りや写真撮影が済んだら履き慣れた靴に替えてあげるといいでしょう。

 

当日履く予定の草履なども可能であれば何日も前から履きなれさせておけるといいですね。

 

その他には?

子供はいつ服を汚すかわかりません。

そして晴れ着であったり、レンタル衣装であったりですし、お参りや写真撮影が済んだのであれば着替えさせてのびのび動けたほうが親子ともども気が楽ですし、イライラ、ハラハラすることもありません。

 

子供の簡単な着替えを持って行くといいですね。

 

神社のお参りが済んでそのまま帰宅する場合は必要ありませんが、その後に家族でおでかけしたり、食事にいくようであれば着替えがあると便利です。

 

千歳あめについて、なんで千歳あめがあるの?

千歳あめというのは、白くてぐ~んと伸びる甘い飴のことです。

 

神社のお参りの際にもらえることもありますし、神社内で売られている場合もあります。

 

千歳あめは江戸時代に浅草の浅草寺が発祥地だといわれています。

 

最初は「千年」の名前で売り出されたようで、

 

長寿やめでたさを感じさせてくれます。

 

今よりももっと甘い物が貴重な時代でしたので、子供たちにとって嬉しいあめだったようです。

 

千歳あめを売り出した由来については

  • 千年飴という演技のいい名前で売り始めたという説と
  • 長い長い千歳あめを食べると千年もの長寿になるという意味で売り始めた説

があります。

 

子供にいつまでも健康で長生きしてほしい

 

との思いから七五三に配られる意味があるようです。

 

千歳あめには寸法が決められていて、

直径15㎜くらい、長さ1m以内となっています。

 

千歳あめを手に入れる方法とは?

七五三の時期には神社に行けば購入できます。

 

祈祷前や祈祷後にもらえることも多いですよ。

 

でも一緒に七五三に行った兄弟姉妹が欲しがった場合はきっと取り扱っていると思うので購入できますよ。

 

ただ、七五三に訪れた子供のための千歳あめはきちんとお祓いされたものだということです。

特別な意味があるのですね。

 

他にも七五三の時期であればスーパーやデパート、コンビニでも売られているようです。

お菓子屋さんでも取り扱っていると思いますので問い合わせてみましょう。

 

こちらの記事もどうぞ

↓  ↓  ↓

 

 

最後までお読みいただきありがとう ございます。

スポンサーリンク